タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ガン選手の心強い大きな味方は奥さんでした!

2019年09月08日 | タイのプロゴルファー
 
 「フジサンケイ クラシック 」3日目を終わって、チェ・ホソン、チャン・キム選手がトップ、
パク サンヒョン(韓国)、ガン・チャルングン選手が4打差の3位、5位にA・キュー選手
(フィリピン)と、上位陣がすべて外国勢では、日本のゴルフファンも興味がないでしょうねぇ~

6アンダーで6位タイにようやく、今平周吾・岩田寛・香妻陣一朗プロが入り、今季2勝の石川遼
プロは4アンダーの12位。これでは人気において、益々 女子プロに水を空けられてしまいます。

 
 <興味の的は石川遼プロだけになってしまった>

私らはタイ選手が頑張っていますので、救われます。また観戦応援のし甲斐はありますけどネ。
そのガンちゃん「68」「66」「70」とパー71を何とかアンダーで回っており、トップとの差は

4打差です。ゴルフも何が起きるか分りません。どんでん返しを期待したいところです。
さて昨日からの続きます。ガン・チャルングン選手の一人の味方とは奥さんのことでした。

 
 <ガン・チャルングン選手とコイさん>

その奥さんとは、5年前に先輩プロの紹介で交際を始め、今年3月18日に入籍した六つ
年上の姉さん女房のコイさんです。ガン選手もタイの私立大学の名門・バンコク大学出身で
米国にもゴルフ留学し、英語は問題ありません。が、コイさんは その上を行っています。


タイで卒業後、東京国際大学で学び、東京・渋谷の旅行会社に就職。 のちにタイへ戻ると
日本有数のメガバンク・タイ支社で2年勤め、英語はもちろん、日本には8年間在住していた

 
 <ゴルフも二人三脚で>

こともあって流暢な日本語も話すエリートでした。 日本に憧れて高校時代は日本語を
勉強したガン・チャルングン選手とは、日本と日本語が結びつけた縁かも知れませんネ。

今では結婚を機にガン選手をサポートするため昨年に退職。仕事を辞めるとキャディも務め、
マネージャーとして、飛行機・ホテルの予約も通訳もこなします。料理・洗濯 等々、主婦業も兼ね
手広く彼をサポート、大変な献身ぶりです。やはり、通訳が奥さんというのは心強いでしょうネ。

 
 <今年、全英出場を果たしたガンちゃん(右)>

「コイさんが担ぐと必ず活躍する」と、交際中から恐れられていた噂を実証したのが、今年
6月の「~全英への道~ ミズノオープン」でした。この時、コイさんがバックを担ぎ、今年

自己ベスト・3位タイに入って、初の「全英オープン」の出場権をもぎ取っています。コイさんも
「私がバッグを担ぐと成績がいい」と 彼を見つめる目も優しく、一緒の写真でも嬉しそうです。

 

ゴルフは未経験のコイさんですが、ガンちゃんも、“プロキャディよりもリラックスしてできる。より
プレッシャーも少なく感じる” と、キャディ兼マネージャー兼奥さんが支えになっているといいます。

しかし今回、キャディは奥さんではありませんネ。 “今日はあなたの力で頑張ってきなさい”
なんて、言われているんでしょうか? いや違いました、来年2月に女の子が生まれるそうです。 
それでは、キャディは無理です。 でも、なんとも微笑ましい二人で 応援したくなりますよネ。  


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  



  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト


コメント   この記事についてブログを書く
« 3位に入ったタイのガン・チ... | トップ | 強くて優しいマークセン選手... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのプロゴルファー」カテゴリの最新記事