タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

LIVゴルフとの共催試合を制したのはタイのティポン選手!

2022年08月17日 | 海外ツアーあれこれ

 14日 最終日だったLIVゴルフとの共催試合のアジアンツアー「インターナショナル

シリーズ 第三戦」は、タイ国出身のニティソーン・ティポン選手(25歳)が、優勝

しています。彼はアジアンツアー通算2勝目ですが、ダークフォースの存在でしたネ。

 

会場はシンガポールのタナメラCCでしたが、ティポン選手は通算16アンダーで廻り、

最終組の結果を待つことになりました。良くてもプレーオフを覚悟していたようです。

 

 <ティポン選手は タイ中部のパトゥムターニー県出身>

最終組は、マレーシアのギャビン・グリーン、台北のチャン・シチャン、タイ国のパチャラ・

コンワットマイ選手(23歳)からなるグループで、同選手権をリードしてきた三人でした。

 

 <惜しかったパチャラ・コンワットマイ選手>

ところが、ゴルフの神様が最終組にいたずらをします。18番ホールで雷のため40分間

中断され、彼らにとって予想以上に長い待ち時間となったようです。再開後、チャン選手は

 

ティショットを池ポチャしてダブルボギー、グリーン選手は15フィートのバーディパットを

わずかに外してしまいました。終わってみれば、最終組の三人は揃って15アンダーとなり、

ティポン選手の劇的な勝利となり、270,000ドル(約3,624万円)の優勝賞金をゲットしました。

 

“スコアのことは考えず、プロセスだけを考えてプレーしたのが良かった。世界のトップ

選手も出場しているインターナショナルシリーズで、優勝することを夢みていたので嬉しい。

今の気持ちは言葉では言い表せない” と コメントしています。 さぞ 嬉しかったでしょう。

 

ティポン選手は2015年、プロに転向し、タイ国のローカルツアーでプレーしていましたが、

18年からアジアンツアーの下部・デベロップメントツアーに的を絞り、上を目指しました。

 

同年初優勝を飾り、4回のトップ10入りを果たし、下部の賞金ランク2位となって、

アジアンツアーのシード権を獲得し、19年からレギュラーに出場できるようになりました。

 

 <ザ DGC オープンで初優勝>

20年・21年とコロナ禍で多くの試合に出場できませんでしたが、練習だけは人一倍やった

といいます。その甲斐あって、今年3月にインドで開催された「ザ DGC オープン」で、

 

見事に初優勝を遂げています。そして今回の優勝で、今年のアジアの賞金ランクトップの

キム・シファン(米国)に次ぐ、今シーズン二人目の2勝目プレーヤーとなりました。

 

 <世界ランクも371位から 今日現在では 275位に>

賞金ランキングも2位(約420,000ドル = 約5,600万円)に躍進し、8月8日では

371位だった世界ランクも15日には275位なり、目標の200位以内に近づいて来ました。

 

日本勢では、木下稜介・久常涼プロが通算12アンダー7位タイが最高位でした。トップと

4打差は、まずまずかな? 今年のタイ国は、25歳前後の選手の活躍が目立ちます。  


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 馬場咲希さんの可能性は無限... | トップ | 7月のタイ人の訪日人数は 4,... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

海外ツアーあれこれ」カテゴリの最新記事