タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ジャンボ尾崎、米国シニアツアーに出場してほしい!

2018年10月11日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 これがきっかけで、ジャンボ尾崎はシニアに参戦するようになるかも知れませんヨ ・・・

2019年度の米国シニアツアー(チャンピオンズツアー)の第一戦「マスターカード
日本選手権(6月7日開幕)」が、2年ぶりに日本で開催されることになりました。

そこで、主催のマスターカード社でゴルフアンバサダーを務めるトム・ワトソン氏(69)が来日。
記者会見で71歳の現在もシニア未出場のジャンボ尾崎(71)にラブコールを送ったといいます。

 

出場選手は、同ツアープレーヤー60人に招待選手を加えた68人を予定しているとのことで、
8人の内訳は、現時点で「国内シニアツアーの直近大会優勝者」の1枠が確定しているものの、

日本人選手が何人招待されるのかは未定だといいます。そこで「ジャンボさんにも参加して
もらえるようお願いして頂きたい」と、会見に同席したJPAGの倉本昌弘会長に依頼したとか。

海外メジャー8勝、米国で38勝、日本でも2勝、他 27勝しているトム・ワトソンさんに懇願され、
しかも試合が、50歳以上の往年の名プレーヤーが参戦する 米国のシニアツアーの日本開催ですからネ。

 

尾崎将司プロのシニアには出場しない、という断固たるプライドも許すんじゃないですかネ。
これは格好の舞台ですよネ。 怒られるかも知れませんが 正直言って、もう これ以上
レギュラーツアーでの、ジャンボ尾崎の予選落ちや棄権する姿は見たくありませんもの。

先月末に「トップ杯東海クラシック」に4カ月ぶりに出場しましたが、今季は4試合目
(予選落ちと途中棄権が2回ずつ)の出場でした。同大会では過去2度の優勝をしています。
が、トータル17オーバーの最下位(105位)で、やはり 予選落ちでした。

 

その時のコメントがいつもと違い、意味深な言葉を残してゴルフ場を後にしています。

体調が良かったにもかかわらず「久しぶりの三好GCだったが、こんなにコースが長いと
思わなかった。こんなに疲れるとは思わなかった」と。そして「自分に感動が感じられない
ということは、人にも感動を与えられないということ。プロゴルファーとして失格だ」。

自身の不甲斐無いプレーに嘆いていたというのです。 それで、まことしやかに “ジャンボ
尾崎は、今季を持って現役プレーヤーを引退するのではないか” とマスコミが書き込みました。

 

トム・ワトソン氏が声をかけたのは良いタイミングだったと思いますネ。 尾崎将司プロは今も
レギュラーツアーへの出場に強いこだわりを持ち続け、これまでシニアツアーへの出場はありません。

先週にシニアプロの日本一を決める「日本プロゴルフシニア選手権」が行なわれましたが、
出場選手の最高年齢が高橋勝成プロの68歳ですからねぇ~ 71歳のジャンボ尾崎に いよいよ
ゴルフの神様も “いい加減にしなさい” と言っているかも知れませんよぉ~ 

 
 <最近ではジュニアにも積極的にアドバイスを>

先のシニア「JAL選手権」でも、出場の打診をかけたそうですが、断られた経緯があるよう。
倉本会長は「難しいかもしれないけど、僕が直接お願いに行こうと思う。チャンピオンズには
過去に一緒に戦った(海外の)選手も多いし、ぜひ出てほしいと思います」と述べています。
 誰でも そう思っていることでしょう。そして、これをきっかけにシニアでやってほしいですネ。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« タイのプラユット首相が 3年... | トップ | タトゥーの認識は、各国それ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (恒藤光夫)
2018-10-11 18:49:40
ジャンボさん、是非参加してほしい、日本のゴルフ界の為に

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事