タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

昨日のタイ人プロ、それぞれの活躍が引き立ちました!

2022年11月05日 | 日本のゴルフあれこれ

 日本国内で行なわれている男女のプロゴルフ大会にて、それぞれタイ人選手が活躍しています。

まずは、プラヤド・マークセン選手(56)、 “何をか言わんや” ですネ。 呆れるばかりです。

 

「コスモヘルスカップ(千葉県平川CC 6,767ヤード・パー72)」においての最終日、首位に

2打差の2位から出たマークセン選手は1イーグル、4バーディー、1ボギーの「67」で廻り、

 

通算9アンダーで再度の逆転優勝でした。同大会はパープレーで17位タイという順位でしたが、

マークセン選手は、前日は「68」と、大会を通じて「70」を切ってくれば、敵なしですよネ。

他の選手が、だらしないのではなく、これではレギュラーツアーでも優勝争いが可能ですもの。

 

9月の「日本シニアオープン選手権」から6大会勝ち続けて、自身の日本シニアツアー

記録を更新する6大会連続優勝です。さらには室田淳プロが持つツアー通算20勝をも

更新し、ツアー最多となる通算21勝目となり「通算最多勝」の記録も塗り替えました。

 

 <首位だった平野智行プロ(53歳)は2位に終わりました>

この6試合連続優勝の強さの要因は、何と言ってもパッティングでしょう。“6試合の期間で

3パットは「日本プロシニア」の第4ラウンド8番での一回きりで、パットの調子がずっと

良く、ほとんどミスがない“ と、マークセン選手本人が、インタビューで応えています。

 

すでに四度目の賞金王(約5,900万円)は確定させていますが、日本のシニアツアーは、残り

1試合。誰が止めてくれるのか? 7試合連続優勝で 今シーズンを終えそうな雰囲気です。

 

 <タイスタイルで挨拶するアッタヤ選手>

女子では、予選落ちが無い「TOTOジャパンクラシック」の二日目が終わり、同大会開催前に

世界ランク1位になったアッタヤ・ティティクル選手は、初日「71」で廻って、30位と出遅れ

 

ましたが、昨日は「67」をマークし、通算6アンダーで優勝圏内の8位に入って来ています。

トップは上田桃子プロの通算10アンダー。その差は4アンダーで、今日明日が楽しみです。

 

男子の「マイナビ ABC チャンピオンシップ」では、ガン・チャルングン選手(30歳)が

「67・69」で廻り、通算8アンダーの4位タイと頑張っています。トップが河本力プロの

 

11アンダーですから 久々に上位争いに加われそうです。現在 賞金ランクは74位ですので、

何とか50位以内に入って、来年も日本ツアーで活躍してほしいですネ。どうなりますか?

 

 <パナラット選手>

そして、女子の最終プロテストの最終ラウンドが終了し、上位20人(18位タイまで)の

合格者が決まりました。 タイ国からスパマス・サンチャン選手(26歳)とパナラット・

  

タナポンブンヤラス選手(24歳)が挑戦していましたが、パラット選手が通算5アンダーの

8位でパスしました。良かったですねぇ~ でもこれからですからネ。応援して行きましょう。  


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« タイでの外国人の宅地購入事... | トップ | アジアパシフィック大会でタ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日本のゴルフあれこれ」カテゴリの最新記事