タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

総選挙も無事終了、プラユット首相が継続しそう!

2019年03月25日 | タイの出来ごと、あれこれ
 
 昨日、タイで軍事政権が実権を掌握した14年のクーデター後、初めてとなる総選挙が終わりました。

今回の選挙においては、タクシン派の「国家維持党」が、ウボンラット王女を巻き込んだ
選挙戦になったこともあってか、選挙前日にワチラロンコン国王が声明を出していました。

 

声明は、国民の絶大な尊敬を集めたプミポン前国王が生前に語った言葉を使い「平和な国を創るために
良い人の統治を助け、悪い人に権力が集まらないようにせよ」と ・・・ 前国王の言葉を引用することで

国民に選挙権を正しく行使するよう呼びかけたと見られます。 さらに「良い人を支援し、
国を治めて貰おう」と慎重な投票を呼びかけていました。 これは、異例の声明でしたネ。

ワチラロンコン国王は、ウボンラット王女の擁立を すぐさま批判し 軍政側に助け船を出し、国王を
元首とする議院内閣制のタイの国内政治の調停役も担っています。16年10月の前国王死去後も国内を
安定させ、5月にご自身の戴冠式まで道筋を付けた軍政に、一定の信頼を寄せている と感じられます。
 
 

さて 選挙結果ですが予想通り、親軍政派の国民国家の力党とタクシン派のタイ貢献党の第1党の
争いとなりました。 昨日の雰囲気ではタクシン派に勢いがあり「親軍政派がどこまで伸びるか」と
タイ国民の選択に注目でした。が、国民国家の力党の躍進が思った以上の伸びを見せたようです。

この総選挙は、巷でも言われているように地方農民など貧困層が基盤のタイ貢献党と、エリート層が
支持する民主党、軍による支配の継続を狙う国民国家の力党による三つどもえの戦いです。

 

当ブログを書いている今の現時点(10時)では、得票数の上で「国民国家の力党」が優勢で
126議席以上を確保する見通しのようです。まだ正式な数字ではありませんが、「タイ貢献党」が
173議席を獲得し第1党になりそうです。「国民国家の力党」が96議席、「民主党」が88議席です。

ですが、タイ貢献党は過半数には至らないでしょう。 そうなると、軍事政権が任命する上院の250議席と
合わせて軍政に近い派閥が両院で過半数となり、やはり今の軍事政権のプラユット首相が続投しそうですネ。

 

有権者数の約5,100万人は、現在の治安と政治の安定を望んだのでしょうネ。プラユット首相が
14年にクーデターに踏み切ったのは、あくまでタイの政治が混乱を極めて、当時の政治家では
収拾がつけられなかったことが、一般国民には根強く記憶に残っていることでしょうからネ。

 クーデター以前の政情不安を考えると、タクシン派に投票するのも気が引けてしまう
国民も多かったと思います。  ヤレヤレです。何事もなく 無事 選挙は終了しそうです。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 選挙前に タクシン氏とウボン... | トップ | 当ブログも 今日3月26日で 1... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイ国民の分断状況に変化なし (newsclip)
2019-03-26 10:19:58
★タイ下院選 赤vs黄、対立の構図変わらず
タイのプラユット軍事政権は今月24日、2011年来初めての議会下院選挙を実施した。民主化を求める国内外の圧力に屈したかたちだが、事前の予想に反し、プラユット首相の続投を目指す軍政派の新党、パランプラチャーラット党が得票数で1位となり、衝撃が走った。 
各党の暫定得票数(開票率94%)は多い方から順に、パランプラチャーラット党794万票、軍政と対立するタクシン元首相派のプアタイ党742万票、反軍政の新党、新未来党587万票、反タクシン派の民主党370万票、旗幟を鮮明にしていないプームジャイタイ党351万票だった。
タクシン派は2001年以来初めて、下院選で得票数1位を逃した。 
ただ、東北部と北部の住民、バンコクの中低所得者層を中心とするタクシン元首相支持者と民主化勢力を合わせた「赤派」(プアタイ党、新未来党)、貧困層や東北住民などの政治参加を拒む保守勢力「黄派」(パランプラチャーラット党、民主党)という色分けで得票数をみると、実は大きな変化は起きていないようだ。 
2001年以降の下院選はタクシン派政党と民主党という2大政党の対決が続いた。2006年のクーデターでタクシン政権を打倒した軍政が民政移管のため実施した2007年の下院選はタクシン派政党の得票数1234万票に対し民主党1215万票と僅差になった。タクシン派デモ隊によるバンコク都心部の長期占拠、治安部隊による強制鎮圧という重大事件の1年後に行われた2011年の下院選はプアタイ党1575万票、民主党1144万票だった。 
今回の下院選は、プアタイ党と新未来党で計1329万票、パランプラチャーラット党と民主党で計1164万票で、同じ陣営のプアタイ党から新未来党に、民主党からパランプラチャーラット党に票が流れたと考えると、説明がつきそうだ。
http://www.newsclip.be/article/2019/03/26/39271.html
newsclip さんへ (nagaichi)
2019-06-06 04:37:26
詳しい情報を有難うございました。

コメントを投稿

タイの出来ごと、あれこれ」カテゴリの最新記事