タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイ出身のランクン選手、気になることが ・・・

2019年05月11日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 大の女子プロファンのYさんのお誘いで、令和 初のメジャーとなった「ワールドレディス
チャンピオンシップ」二日目の観戦に行ってきました。開場はアクセスも良い「茨城ゴルフ
倶楽部」でした。 ここは72ホールあって、東コース(6,560ヤード・パー72)が会場です。

Yさんのお目当ては、英国のジョージア・ホール(23歳)選手。昨年の「全英リコー」覇者で、7日
現在 世界ランク20位です。東京オリンピックでの出場資格で、英国一番手の選手でもありますネ。

 
 <ジョージア・ホール選手>

先週は、米国ツアー「LPGAメディヒール選手権」をスキップしてまで休養に充てての出場です。
今回が日本ツアーのデビュー戦となりますが、きっと 東京五輪も視野に入れての来日でしょうネ。

2013年に「全英女子アマ」を制し、翌年プロ転向。18年から米国を主戦場とし、同年いきなり
母国のメジャー制覇を果たし “英国から新星登場” と、強烈なデビューを飾っていました。

Yさん曰く、“得意のクラブはドライバーで飛距離も出るので、日本の若手が海外メジャーに
勝った外国の若手に、どれくらい通用するかのか 直に観てみたい” とのことでした。

 

勝みなみ・新垣比奈プロらとの組み合わせを観たかったですが、予選ラウンドで用意された組合せは、
申ジエ選手と比嘉真美子プロでした。08年、12年と2度の全英制覇を成し遂げた申プロと、昨年の
全英で4位になった比嘉プロの3人で2日間をプレー。 結構 ギャラリーを引き連れていましたネ。

そう言えば、タイのS.ランクン選手(19歳)も出場していましたので、3ホール付いて観戦
しました。今年はタイ女子プロでレギュラーツアーに出られているのは彼女だけですからネ。
昨年のQTで32位に入り、ギリギリで今年 前半戦の試合に出場できています。

 ランクン

今季 8試合に出場し6試合を予選通過。「アクサ レディス」では2位に入り、現在 約1,170万円を
ゲットしてリランキング順位は4位です。これで6月以降の試合にも出場できますので、レギュラー
ツアーのシード権も夢ではなくなりました。 そうなれば LPGAのメンバーにもなれますからネ。

お父さんをキャディに頑張っていました。もう すっかり日本ツアーに慣れたようです。ましてや
昨日は夏日になりましたらねぇ~ 彼女にとって最高のコンディションになってゆくでしょう。

ただ、気になることがありました。 タイ人と一緒にプレーすると時折、ティーイングエリア
(ティグランド)に同伴者が来ていないのに、待たずに打ってしまうケースがあります。

 
 <好きな言葉は I BELIEVE I CAN DO IT.(できると信じている)でキャディバックに>

それを14番ホールで ・・・ 同伴者は大西葵・山路晶プロでした。二人がティーイング
エリアに来ていないうちに打ってしまい、到着した山路プロは苦笑い、さらに後になって来た

大西プロは心なしか、ムッとしていたような感じでした。 プロのトーナメントで、この
シチュエーションは問題ないんでしたっけ? 問題ないとしても他の選手に嫌われますよネ。

 
 <お父さんもタイスタイルから抜け切れていないのかな>

ランクン選手は英語を話せますが、お父さんも日本語が分りません。同伴者は英語が理解
できませんし、これは誰かが教えてあげなければ、いけないでしょうネ。 昨日まで通算

3オーバー・40位タイで予選を通過しました。が、スロープレーで有名な申ジェ選手のように
“あの人とは一緒に回りたくない” なんて、言われないか 心配になります ・・・    



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

コメント   この記事についてブログを書く
« タイ総選挙の結果が発表され... | トップ | タイの新運転制度、 日本の点... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事