タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

プラユット首相が初めてナイトライフ産業に言及?

2021年09月04日 | タイのちょっと気になる報道!

 

  タイ国では 昨年に続いて、今日4日もバンコク都内にて反政府グループによるデモ集会が

夕方以降に行なわれます。コロナウイルス感染拡大の中、ここのところ ほぼ毎日ですねぇ~

 

昨日も1万4,653(バンコク都3,428人)で、1万5,000人前後の感染者数は高止まり

傾向にありますが、一日の死者が200人から300人と高く、医療崩壊が叫ばれています。

 

 <2日、アソーク駅間に集まった反政府デモ>

この点を反政府グループは突いて、新型コロナウイルスのデルタ株対策に失敗したとして、

プラユット首相の辞任要求一本に絞り、大規模な反政府デモが行なわれている昨今です。

 

デモ隊は2日には、首都バンコク中心部の大通りを数百メートルにわたって占拠し、

“毎日 二百人以上の命が奪われ、経済が崩壊しているのは、プラユット首相の責任だ”

と非難しながら “首相が辞任するまでデモを続ける” と気勢を上げていました。

 

確かにワクチンの調達の遅れなどで、一般国民の間にも不満が高まっているのは事実です。

国会も不信任案の審議が議会で行なわれており、与党側からも賛成票を投じる造反者が

出た、とニュースにも成るなど、責任を追及する声が日増しに強まっているのも事実です。

 

そんな中 プラユット首相は1日、CCSA会議にて初めて夜間外出禁止令撤廃やナイト

ライフ産業の復活について言及しています。1日より規制緩和が実施されていますが、

その一方、夜間外出禁止令とバーなどナイトライフ施設の営業禁止は継続中です。

 

プラユット首相は、さらに新規感染者数が減れば今後、ナイトライフ事業組合や事業者と、

より多くの制限を解除することについて、話し合うとしています。現在の夜間外出禁止は、

午後9時~午前4時までとなっていますが、これを短縮する案も出ているといいます。

 

駐在員の家族がコロナ禍で帰国したという話は聞きますが、タイで起業していた人達もかなり

帰国しているといいます。特に飲食店関係者が、継続を断念して帰国する人が増えているよう。

 

知人の一報によれば、7月~9月で在タイ日本人が一万人前後 減るだろうと言っていましたが、

今でも何とか踏ん張っている人たちにとっては、ナイトライフの制限解除は朗報でしょうネ。

 

会社命令で帰国するのは別ですが、コロナ禍で経営が立ち行かなくなり、事業を閉めての帰国は

余りにも無念です。ビフォーコロナでは、バンコク首都圏内には四千前後の飲食店がありました。

 

また、事業の縮小によって リストラの対象となった現地雇用の日本人も珍しくありません。 

一日でも早い、レストラン内での自由な飲食とナイトライフ産業の復活を期待したいですネ。  

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« タイのGo Golf 社のゴルフ場... | トップ | 日本の空港がベストテンに三... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中国製ワクチン購入を巡り、74億円が消えた (明智)
2021-09-04 15:47:51
ナイトライフには興味が無いので、どうでもいいんですが・・・
ブラユット軍事政権によるワクチン購入を巡り、大きな問題が発生しています。
中国のシノパック製ワクチンの購入を巡り、74億円の予算が何処に消えたのか?
ブラユットは明言を避けています。
誰のポケットに入ったのか?
闇が明らかになる迄・・・タイ市民による反政府運動が継続することを期待します。
https://bkkcondostory.com/4106/
明智さんへ (nagaichi)
2021-09-07 19:24:23
情報をありがとうございました。

コメントを投稿

タイのちょっと気になる報道!」カテゴリの最新記事