タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイのガン選手が東京五輪出場に浮上してきた!

2020年03月09日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 日本では女子プロトーナメントが中止という、新型コロナウイルスで寂しい幕開けとなっています。
ですが、アジアンツアーは、アジアの国によっては開催されており、昨日は4戦目が終わっています。

「バンダル マレーシア・オープン」でした。連日の悪天候のため、54ホールの短縮競技となりましたが、
通算13アンダーで並んだ3人によるプレーオフは、米国のトレバー・シムスビー選手が優勝しています。

 
 <星野プロ もう一歩でした>

日本勢でベストテンに入ったのは、通算12アンダーで日本人最高の4位、日本ツアー2勝の星野
陸也プロと昨年のアジア下部ツアー賞金王・関藤直熈プロが通算11アンダー7位で名を連ねました。

アジアンツアーと日本ゴルフツアー機構(JGTO)が、パートナーシップ契約を締結したことで
アジアンツアーのトーナメントには、今年度より20人分のJGTO枠が用意されています。日本
ツアーの賞金ランキングへの加算はないものの、世界ランキングのポイントは付与されます。

 
 <関藤プロ、今年も好調を保っています>

この「マレーシア・オープン」にも、昨年の日本ツアー賞金ランク上位者のほか、武藤俊憲(38位)・
浅地洋佑プロなど、アジアンツアーでの出場資格を持つ日本男子ツアー選手が数多く出場しました。

他の主な出場選手は、片山晋呉・池田勇太・市原弘大(71位)・堀川未来夢(38位)・比嘉一貴・
岩田寛プロ(16位)らでした。かっこ内に順位が入っていないのは、残念ながら予選落ちでした。

 
 <会場はコタ・プルマイ ゴルフ & CC でした>

タイ国籍では活躍した選手は4位タイに入った浜本康介プロ。彼は日本人の父親とタイ人の母親を
もち、タイで生まれ育ち国籍はタイなんですネ。 現在はタイを拠点にプロ生活を送ってますが、

今年20歳になりますから、タイの国籍にするのか、日本籍にするのか 今年中に決めるようです。 
浜本プロと前述の関藤プロのことは、当ブログでも紹介しました。

 
 <浜本プロ、今年は何かをやりそうです>

そして、ガン・チャルングン選手が13位タイに入りました。ガン選手は日本ツアーで昨年、
賞金ランク21位(約5,027万円)に入り、日本とアジアの今季シード権をゲットしている

選手です。JGTOの部門賞で平均ストローク賞とパーオン賞の二つの賞も獲得しています。 
13位で取り上げたのは、実は現在 東京五輪出場資格の2番手に上がってきているんです。

 
 <今年は日本で初優勝も目指すガン選手>

タイの1番手は世界ランク40位のジャズ・ジェーンワタナノンド選手ですが、ガン選手が
136位で、いつの間にかキラデク・アフィバーンラト選手(138位)を抜いていました。
キラデク選手は現在、米国ツアーでプレーしていますが、昨年は活躍が見られませんでした。

ガン選手、今季は日本ツアーを中心にプレーしますから、東京五輪にも出場出来たら
最高でしょう。 そう 27歳の彼は先月、男の子が生まれてお父さんにもなっています。
そんな年にタイを代表してオリンピックに参加出来たら、忘れられない年になるでしょうネ。  


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

コメント   この記事についてブログを書く
« コロナウイルス流行で 留学生... | トップ | タイ国での新型コロナウイル... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事