タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイのゴルフ場でもハートティーを設けたら良いかも …

2018年11月24日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 読者の皆さんは「ハートティー」って、ご存知ですか? もちろん 日本での話です ・・・

初心者でもゴルフが楽しめるように、レディース ティーよりも更に距離設定が短いティーのことをいいます。
私も知りませんでしたが、2008年ぐらいから推奨されてきて、もう10年前後が経過しているんですってヨ。

 
 <ハートティー>

ハートティーの効果は、かなりのものらしく、ティーが選べることでゴルフの可能性を広げているよう。
ゴルフ場によって若干異なりますが、ティグランドは下記のようになっているのは周知の通りです。

赤(レディス)  : 女性、子ども
金(ゴールド)  : 高齢者(シニア)
白(フロント)  : 一般ゴルファー
青(レギュラー) : 上級者
黒(バック)   : クラブ競技(競技志向)

 

それが日本のゴルフ場では最近、レディース ティーよりも前の「ハートティー」を設ける
コースが増えているといいます。一番 ゴルフをしていた年齢層が「飛距離が出なくなった」と

プレーを止めるシニア層が多いのを受けて、そのシニア層にもパーオンができる距離を
設定し、忘れかけていたプレーの楽しさを再び感じて貰おうという意図があるようです。

なるほど、これならシニアに限らず、初心者・ジュニア・女性にも広がるかも知れませんよネ。
「ハートティー」を設けたゴルフ場では、現に毎日、数組が利用しているコースもあると聞きます。

 

ゴルフ場によって「ハートティー」の呼び方を変えているようです。大手ゴルフ会社のPGMでは、
桂GC(北海道)、総武CC(千葉県)、サンヒルズCC(栃木県)、滋賀GC(滋賀県)などで

レディースティの前に「ピンクティ」を設置しています。利用に関して、性別・年齢制限など
設けていないため、プレーヤー自身の飛距離や技量に合わせて利用できると好評だといいます。

 

アコーディア・ゴルフでも加西CC(兵庫県)、本郷CC(広島県)など関西エリアの数コースで同様の位置に
「スマイルティー」というティーを新設。当初は初心者用として考えていたようですが、年齢・性別を問わず
利用者があり「大幅なスコアアップができる」「ボールが無くならなくなった」など、好評だといいますヨ。

千葉夷隅GCでも7月1日より、18ホールで5,000ヤードを切るティグランド「グリーンティー」を
レディースティーの前に新説。当初75歳以上の男性と初心者、女性の利用に限定していましたが、
男性群から「楽しい!」という声が高まり、9月1日からは年齢や性別、技量を問わずに解放したとか。

 

ただ、男性がレディースティーの前から打つことへの抵抗感を配慮して「ゴールドティー」と
名称を変更したそうです。 なるほどネ、そんな気遣いも必要かも知れません(苦笑)。

ゴルフからリアイヤしてしまう年齢層の増大、新たなゴルファーの獲得が課題となっている
ゴルフ界ですが「新しいティグランド」の導入が更に増えることで、大きな突破口と成り得る
可能性もあるでしょう。タイでも「ハートティー」を試みも良いと思いますが、どうでしょう?  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 訪日したタイ人は どんなもの... | トップ | タイの総選挙(2月予定)ま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事