タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

なおみ選手、本当に日本国籍を取るのかな?

2018年09月26日 | タイの番外編
 
 テニス4大大会の一つ「全米オープン」を制した大坂なおみ選手(20)の日本での
フィーバーぶりは「東レ パン パシフィック」の準優勝で ようやく静かになりました。

 

日タイのハーフの知人がいみじくも言っていましたネ。「こうして日本人とのハーフである
スーパーヒーローが出現すると、心強いし、“どうだ、と自慢したくなる” 」と。分かる気が …

米国ではタイガー・ウッズ選手が復活優勝を成し遂げて大騒ぎです。そう、ウッズ選手もハーフ。
母はタイ人で、父は米国人です。でも タイでウッズ選手が現れた時「タイ人だ、タイ人で初めての
快挙だ」と、なおみ選手のようにな大騒ぎはしなかったように思います。 この差に興味津々です。

 

国の文化やハーフの歴史の違いでしょうか? ウッズ選手が初めてメジャーに勝ったのは22年前です。
時代の違いでしょうか? 日本人は都合の良い時だけ「日本人だ」と騒いでしまうんでしょうかねぇ~

ウッズ選手がテニスで「全米オープン」を制していたならば、ちょっと変わっていたでしょうか。
当時でもテニスの方がタイではメジャーでしたからネ。 今でもアリヤ・ジュタヌガーン選手が女子
ゴルフのメジャーで勝っても世界ランク1位になっても、大きく騒がれません。日本だったら大変です。

 

処で、なおみ選手が 国内外での快挙が大きく報じられる中、日米両方の国籍を持つことも広く
知られました。日本の法律上、22歳までに国籍を選ぶ必要があるようですが、彼女の「選択」に
関心が高まっています。それは2年後の東京五輪で金メダルを十分に狙えるからでしょうネ。

IOC(国際オリンピック委員会)のルールとして、国籍が無ければ国の代表選手になれませんし二重
国籍を認めていません。そして、日本のルールでは、外国籍を有するものは日本の国籍を有せません。

 

法律上、日米の間に生まれ日米二重国籍のなおみ選手は、22歳になるまでに1つの国籍を
選ばなくてはいけません。来年10月16日の誕生日を迎える前に選択を迫られるわけですネ。

なおみ選手自身は現在のところ “日本代表で出場したい” と公言しているようですが、
米国だって黙っていないようです。ハイチ系アメリカ人の父親に「なおみ選手のあらゆる

面倒を見る」とアプローチをかけているといいますからネ。もし アメリカの国籍に
なったら、日本でのなおみ選手の人気は、大きくダウンしてしまうのかも知れませんネ。

  

日米とも五輪のメダルへの期待だけではありませんよネ。スター選手が現れると競技への
関心が高まり、スポンサーもつきやすくなって競技団体そのものが活性化しますからネ。

それで日本のテニス界はじめ、広告代理店やメディアなども含め、国籍の選択に一喜一憂です。
 なおみ選手 本人の思いとは別に、東京五輪へ向けて彼女の決断への注目度は高まります。   



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« タイガー・ウッズ選手、今度... | トップ | タイの総選挙(2月予定)ま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの番外編」カテゴリの最新記事