タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

トンチャイ選手がタイの国民的英雄と呼ばれる所以は?

2022年06月15日 | タイのプロゴルファー

 一度はラウンドしてみたいホアヒンにあるブラックマウンテンGCのブランドアンバサダーを

務めるトンチャイ・ジェイディ選手の「PGAチャンピオンズツアー」での優勝は、同ゴルフ場に

 

とっても嬉しい勝利でしたでしょうネ。初めてのタイ人男子ゴルファーとしてタイゴルフ界に

歴史を作ったわけですから。同ゴルフ場の箔も付きますよネ。 昨日からの続きになります。

 

 <ブラックマウンテンのFBでも祝っていました>

日本のゴルファーには、タイ国のプロゴルファーというと、日本のレギュラーツアー6勝、

シニアツアーで三年連続三度目の賞金王に輝くなど通算15勝しているプラヤド・マークセン

 

選手の方が知られていますよネ。 しかし、タイ国でのトンチャイ・ジェイディ選手は

「国民的英雄」という評価を得ており、ゴルフをしないタイ人でも知られた存在です。

 

 <ロイヤル ホアヒンGCは国鉄ホアヒン駅前に>

タイのゴルフ史を紐解くと、ゴルフ場は国王ラマ6世の命で、王室の避暑地があるホアヒンに

ロイヤル ホアヒンGCが最初のコース(18ホール)として1924年の6月に造形されました。

タイ国では98年前から、一部の人たちの間で、ゴルフというスポーツは存在していました。

 

でも急速に富裕層に広まったのは、1973年(49年前)にナワタニ ゴルフコースがオープンし、

1975年にここで、70年の歴史を誇る「ワールドカップ」が開催されたことが大きな要因でしょう。

 

 <ジョニー・ミラー選手>

この大会で優勝したのは米国PGAツアーで25勝しているジョニー・ミラー選手(当時28歳)

でした。 この頃からゴルフはアメリカ志向が強まり、1990年代に、お母さんがタイ人の

タイガー・ウッズ選手の出現で、ゴルフが次代の富裕層に火がついたのは間違いでしょう。

 

 <お母さんのクルチダさんと>

そんな時代背景もあり、また トンチャイ選手はタイ国で初めて本格的に欧米に挑戦した

選手ということで、東南アジアやタイ国ではマークセン選手よりトンチャイ選手の評価が

高いのでしょうネ。 アジアンツアーでも通算13勝しておりアジアの第一人者です。

 

現在でも現役プレーヤーでありながら出身地であるタイ中部ロッブリー県内に、寮と

250ヤードのゴルフレンジを完備したゴルフアカデミーを設立しており、ジュニア育成にも

力を注いでいます。また保育園・小学校・中学校へのサポートも欠かさないと聞きます。

 

男子のローカルツアー「オール タイランド ゴルフツアー」では、アジアンツアーの下部

ツアーとの共催試合「トンチャイ ジャイディ 財団」という冠の大会も行なっています。

 

キラデク・アフィバーンラト選手初め、現在の若手プロがジュニアの頃から彼を敬い慕うのも

理解できます。これらの活動も、“ゴルフ界の国民的英雄” と言われる所以なんでしょうネ。  


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 米国でトンチャイ選手が タイ... | トップ | タイ国は7月1日のエンデミ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アッタス)
2022-06-15 13:49:48
トンプソンってだれ?
トンチャイ・ジャイディ選手のニックネームですか?
アタックス (nagaichi)
2022-06-15 16:35:03
ご指摘ありがとうございます。
何を間違ったか、完全なミステイクで、訂正しました。
これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

タイのプロゴルファー」カテゴリの最新記事