タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイも労働者不足、日系企業のその対策は ・・・

2019年06月09日 | タイの出来ごと、あれこれ
 
 近年の日タイを見ている「労働者不足」という問題も共通点としてあげられますネ。

タイは日本と同じ、いや より少子高齢化のスピードが早くなっています。深刻な少子
高齢化問題を抱えており、慢性的な労働者不足に悩んでいます。 日本と同じように
アジアの他国の人たちが、タイで働く光景をアチコチでを見かけます。

 

国境付近の地域だけでなく、バンコクでも近隣諸国の移民労働者数が急増し建設現場から
レストランや居酒屋、ホテル、屋台、市場、メイドに至るまで、移民労働者を目にします。

タイの一般企業とて同様です。ここ数年の失業率が1%程度にとどまっており、労働者側の
売り手市場になっています。さらに悩ますのが、タイは転職文化が強く、良い人材が入って
来ても、他に給料や地位が上がる職場があれば、転職してしまいます。 

 

そして中国をはじめ、他の外国企業の進出もありますからネ。5,000社以上ある日本の企業も
人材の確保に苦労しています。 日本旅行ブームに乗って、一部の日系企業では「社員旅行は

日本訪問」なんて、打出し また 実際に行なっている企業もあります。そんな人材不足には、
多くの会社が、福利厚生の充実化を重要視し、売り手市場の労働者に訴えています。

先日もバンコクで開かれた就職フェアには50社を超える日本企業が出展していました。
タイの人にとって、日本の観光地や文化は 若い人も年齢問わず よく知るようになりました。

 

最近には「日本企業は福利厚生が良くて安定しているので、日本企業で働いてみたい」という
人もいます。が、日本の企業文化のこと、福利厚生など、まだ細かく知られていないでしょう。

企業側の人材不足が続くタイで、今回の就職フェアの主催者側は、これらの点をメインにし、
同イベントを通じて日本企業への関心を高めてもらいたい、知ってもらいたいという趣旨の
ようです。もちろん、日系企業で働いてもらう人を呼び込むことが、第一優先の就職フェアです。

 

ところで、2010 年からタイ教育省で始まった第二外国語教育拡充の影響で、理数系も含めた全ての
クラスで英語以外の第二外国語が履修可能となりました。もともと、日本の漫画やアニメ、テレビ
番組の人気は高かったんですが、日本旅行ブームも手伝って、日本語履修者が急増していると聞きます。

現在のタイの高校の日本語教育状況は 学習者が約 11 万人いると言われています。
大学生も入れれば 相当な日本語学習者の数になると思います。さらに増える日本語履修者の
学生さんたちを、“今から アピールしていけば良いのに” なんて思う今日この頃です。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 蚊に刺されない方法って、あ... | トップ | 堀川未来夢プロ、初優勝で米... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイは農村人口が多過ぎて・・・ (熊澤)
2019-06-09 15:42:32
>ここ数年の(タイの)失業率が1%程度にとどまっており・・・

タイは少子高齢化で労働者不足と言われますが、ウラがあります。
失業率とは、就業を希望しながら職に就けない割合を言います。
逆に言うと、就業を希望しないでブラブラしてる人々は統計に表れないのです。
タイの就業者数は3800万人です。うち、農林水産部門の就業者が40%もおります。
しかし、農林水産部門のGDPに占める比率は10%しかありません。要するに、農水部門は生産性が極端に低いのです。
タイの農村(田舎)には、フリーターにも及ばないような、ブラブラしながら、たまに農作業を手伝って飯を食ってる人々がたくさんおります。潜在的失業者と言われ、統計上の失業者には入っておりません。
タイ国は発展途上国を脱し、現在は中進国のステージにありますが、先進国への道のりは非常に険しいものがあります。
農村人口を40%から10%未満に減らさない限り(日本は2%です)、タイ経済の発展は望めません。
しかし、タクシン元首相はじめ、選挙の票田として農村人口を減らすのに反対する政治家は、米の価格を異常に引き上げたり、貧困層への施しばかり行ってきました。
タイが中進国の罠から抜け出すためには、農業への就業人口を工業へ振り替える方策が必須になります。
タイでは労働力不足と言われながらも、実態は田舎に多くの労働力が埋もれているのです。
熊澤さんへ (nagaichi)
2019-06-18 08:42:40
情報を有難うございました。
いろいろ勉強になります。

コメントを投稿

タイの出来ごと、あれこれ」カテゴリの最新記事