タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

「Go Golf 社」からのタイ ゴルフ情報が ”いいね!”

2021年05月02日 | タイのゴルフ、あれこれ

 
 4月26日の当ブログにて、少し触れましたタイのゴルフ情報サイト「Go Golf」、
凄いですヨ。 毎日 直近のゴルフ場や練習場の情況を発信してくれています。

4月に入り、新型コロナウイルスの「第三波」がタイを襲い、特にバンコク首都圏は ここ
毎日1,000人以上の新規感染者が出ており ミニロックダウンの状態です。ですが、タイでも
「三密」が避けられるスポーツ/レジャーとして、屋外のゴルフプレーは、見直されています。

 

当然 ゴルファーは、“どこのゴルフ場でプレーできるのか” “今 ゴルフ場はどうなっている
のか”“プレーできてもレストランやロッカーは使用できるのか” 等々、気になるところです。
プレーを控えている人、日本に居るタイのゴルフファンの人たちも同じ思いでしょう。

Go Golf 社は、そんなタイのゴルフ情報を発信してくれています。コースの予約だけでなく、
練習グッズやロストボールの販売、コンペ幹事さんへのサポートなど、他にも様々なゴルフ

関連のビジネスに取り組んでおられます。どんなビジネスでもそうでしょうが、ハードを
販売する際には、ソフトが非常に大切ですよネ。ソフトは顧客が知りたい情報もその一つ!

 

このようなソフトを迅速に頻繁に丁寧に行なっています。おそらく、ここまでやり始めたのは、
意外ですが、タイで初めてでしょうネ。 日タイで急速にファンが広まっていると聞きます。

タイでこのような運営会社を待っていました。 私もやりたかったですねぇ~ 失礼ながら
どんな人が運営しているのか、非常に興味がありましたが「Go Golf 社」の川又幸司さんと

いう経営者のプロファイルを知って納得しました。 以下 川又さんのプロファイルは、
タイのビジネス・経済情報誌「ArayZ アレイズ」からの情報ですが、ご紹介しますネ。

 
 <川又さん、「ArayZ アレイズ」からの画像です>

川又さんは、慶應義塾大学卒業後、日本のゴルフ業界でマーケティング・広告・ゴルフ場
運営などを一から学び熟知するようになりました。その後、ニュージーランドのゴルフ

リゾートで、ゼネラルマネージャーの経験もあるそうです。そして2018年、タイへ転職と
共に移住し、横浜国際ゴルフ倶楽部にて新コース立ち上げにも従事していたといいます。

  

川又さんもタイのゴルフを愛している人で、タイのゴルフと日本人ゴルファーを、より深く
繋げて、タイのゴルフ業界とゴルフ場を活性化させたいという思いから、昨年12月コロナ禍の
最中に「Go Golf 社」を設立したそうです。 熱い気持ちが伝わってきます。私も同感です。

日本でタイのプレーを待ち望んでいるタイのゴルフファンの皆さん、「Go Golf」のHPを
覗いたり、ラインへの登録などしておくと、直近のタイのゴルフ情報を知ることが出来ます。

Go Golf のホームページは https://gogolf.co.th/  Go Golf のラインの登録は https://lin.ee/JcPyDfC
5月1日のゴルフ場情報はこちらから
同社は まだスタートしたばかりですが、これから内容も 益々 充実してくるでしょう。  


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト


コメント   この記事についてブログを書く
« コムさんの死で志村けんさん... | トップ | 日本ツアーに出場しているタ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事