タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

少年たちはサマン一等兵曹にお礼の墓参りをしてね!

2018年07月14日 | タイのちょっと気になる報道!
 
 世界中で歓喜と祝福の声が起き、あのトランプ大統領ですらも、自身のツイッターを
通して少年たちの生還に祝福を述べた、サッカー少年ら13人の奇跡の全員救助活動。

少年らには低体温症などの症状が出ているものの、命に別状はなく、一週間程度の入院の後、
家族のもとへ帰ることができるだろうと報じられています。 本当に良かったです ・・・

 

そこで、少年らをFIFAがW杯を招待したい、プレミアリーグのマンチェスターも英国へ招待すると
申し入れしています。が、ここで勘違いしてはいけないのは、少年たちが誰かを助けたのではなく、
助けられたんですからネ。 無事を祝うのは良いと思いますが、過ぎた英雄扱いはどうでしょうネ?

これ以上の英雄扱いは止めるべきでしょう。なぜなら6日に、元海軍特殊部隊の潜水士・サマン・
グナン 一等兵曹(38)が、酸欠で亡くなるという犠牲が、後々 救出活動を早めたんですからネ。

 
 <サマン一等兵曹>

タイ救出本部では、救出の長期化を示唆する声もありましたが、サマン一等兵曹が亡くなった
ことによって、洞窟内の酸素が徐々に失われていることが分り、危険度が明確になったいいます。
洞窟内の酸素濃度が危険レベルの15%まで落ち、大雨も迫まり 決断せざるを得なかったようです。

むしろ英雄扱いされるのは、サマン一等兵曹であり、彼らの奇跡の発見と生還を成し遂げた
英国人ダイバーらや洞窟探検専門家の人たちでしょう。 世界中の洞窟潜水チームが過去に
成し遂げた何よりも、はるかに難易度の高い前代未聞の救出活動だったといいますかネ。

 
 <ダイバーたちの記者会見>

部隊の一人、英国人のスタントンさんは “タイ政府は洞窟内部の水位を下げるため、山頂付近の
水流を迂回させた、そのおかげで より多くの時間を稼ぐことができ、この成果にたどり着けた”

自分たちを英雄視する声には同調せず、“我々は、普段自分たちの興味や関心のために使って
いるごく特殊な技能を用いたというだけ。社会に何かを還元するために、それを使えることが
ままある。それこそ今回 我々が行なった技術だ” と語っています。この謙虚な姿勢は立派でした。

 

こんな舞台裏も報道されています。救助隊らは自分たちの生命の危険と隣り合わせの救出活動が続き、
医師や潜水士たち7人が食料などを届けるために出発したが、23時間も連絡が途絶え、安否不明に

なったことも。結局、自力で戻ってきたものの、うち3人が体調を崩して入院したといいます。
“私たちも危険な状況だったが、13人が助けを待っているから諦めなかった” と話しています。

 

 また 犠牲となったサマン一等兵曹のご家族の気持ちを思うと、少年たちの祝福ムードに酔っては
いられません。水を差すわけではありませんが、少年たちとコーチは体調が戻ったら、墓参りや
親族にお礼に訪れるべきでしょうネ。 私がこんなこと言わなくとも行くでしょうが ・・・   



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 里奈ちゃん元気になって 再度... | トップ | タイで BNK48が AKBを超える... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-07-14 12:49:36
日本であればコーチ、少年たちの責任論が必ず出るね。
救出にかかった費用補償の話も出るだろう。
(実際に請求されるかどうかは別として)
ましてや尊い人命が失われているのだから。
英雄扱いなんて日本ではありえないこと。

タイでのこの手の話は出ているのかもしれないが
そのあたりはどうなんでしょうかね?
タイ人はお祭り騒ぎが好きだからな・・・

悪ガキから英雄へ出世って、どうなの? (竹沢)
2018-07-14 13:39:42
今回の少年たちの行動は責められることはあっても、英雄扱いされる理由なんて皆無でしょうね。
W杯に招待するとか、英国に招待するとか・・・なんか、とんでもない方向に話が進んでいます。
本来なら、退院したら、2度と今回のような面倒を起こさないように少年たちをしつける学習をさせるとか・・・が普通なのに。
洞窟の入り口には「危険!ガイドなしには入るべからず」という大きな立て看板があるにも拘わらず、少年たちは好奇心で中に入ったんですから、自己責任もいい所です。
本来なら、登山で遭難した際に、救急ヘリコプターの費用を本人に請求するように、救出費用を負担する必要がある事態です。
タイでは、子供に対し、異常に「甘い」国民性があります。
バスの中でも、子供に席を譲るのがマナーだったり、日本(日本では子供な立たせるのがマナー)とは慣習が違うのです。
退院したら、サマン一等兵曹の墓参りは勿論、政府はサマン氏の遺族へ2000万バーツ(?)の弔慰金を出すべきでしょうね。
今回の救出劇の英雄は少年たちではなく、サマン氏と各国のダイバーたちです。
Unknwn さん・竹沢さんへ (nagaichi)
2018-07-21 17:59:43
ご意見を有難うございました。
ご尤もと、同感です。日タイの文化の差が出ていますね。

コメントを投稿

タイのちょっと気になる報道!」カテゴリの最新記事