タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ロイヤル・バンコク・スポーツクラブでプレーです!

2009年11月04日 | タイのゴルフ場
 
 昨日のことでした。 念願のゴルフ場、 “ロイヤル・バンコク・スポーツクラブ(RBSC)” で、
ついにプレーしてきました! RBSCって、どこにあるゴルフ場だ、と云う声が聞こえてきそうです。

 ゴルフ場と云っても同クラブ、元々は馬の繁殖水準の向上と競馬の開催を目的に設立された後に 
ゴルフ場など他のスポーツ施設が加わった、基本的には競馬場なんですネ。

          
             < 年25回開催されるRBSCの競馬場 >

 そう、バンコク市内のど真ん中にあり、BTSのラジャダムリ駅から真下に望めるあのゴルフ場です。
RBSCも完全メンバー制のゴルフ場の一つで、メンバーと同伴で無ければラウンド出来ません! 

 タイには そんなゴルフ場が四つほどありますネ・・・ このRBSC、ラチャブルック・クラブ、アマタ・
スプリングCC、アヨダヤ・リンクスです。 先日アマタ・スプリングにはプレーして来ましたので、
残すはラチャブルック・クラブとアヨダヤ・リンクスです・・・ だから どうしたと、言われそうです(笑)

 こんな大都会のど真ん中にあるゴルフ場って、世界の都市でも珍しいでしょうネ、誰でもが一度は
プレーしたいと思うでしょう。タイ人の富裕層ゴルファーも簡単にはラウンド出来ません。ここの
メンバーには外国大使、王族関係や政財界などの署名人が多く、タイの隠された社交場かも?・・・

 メンバーになるよう申請して、面接のパスなど条件が揃ったとしても新しくメンバーの資格を得るには
15年以上は待たないと会員には成れないとの事ですから、これでは不可能に近いですネ・・・ 
こんなことを聞くと、益々 メンバーになりたい、プレイしたくなりますよネ。(笑)

 「現在のメンバーは8,800人ほどで、日本人は5名から10名以下だろう」 と、お連れ頂いたTさんの
説明でした。その日本人メンバーとは、滅多に会わないとも仰っていましたネ・・・ 

 Tさんは85年から90年(20数年前)の駐在時に、王族関係のご紹介でメンバーになられたそうで、「とても
ラッキーだった」 とも振り返っておられましたネ。 こうして毎月プレーなされて羨ましい限りです。

               
      < RBSC全体 >    < RBSCから眺めたBTSラチャダムリ駅とスカイライン >

 だって、ワタシが毎日ジョギングするベンチャシリ公園(BTSプロンポン駅前)から10分で来ちゃいます、
ホント 海外のこんなクラブで 散歩がてらに、健康に、軽く一振りなんて、最高です、夢物語ですよネ。

 そうそう、タイガーウッズのお母さんはタイ人であることは つとに有名ですが、彼は12歳の時に、ここで
プレーしているんですネ、85年(24年前)のことで、その時は84(42-42)でラウンドした記録が残って
いるそうですヨ。ウッズがブルーキャニオン、アルパイン、タイカントリーでプレーしたことは有名ですが、
RBSCでラウンドしていたとは知りませんでしたねぇ~ ・・・ 

長くなりますので明日に続きます。


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト


コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« タイで日本美女が世界一にな... | トップ | 歴史ある、タイのロイヤル ... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
RBSC (山田)
2009-11-04 11:17:58
RBSC 立地が凄いですね。東京なら皇居か日比谷公園の中にゴルフ場があるような。
敷地が狭いので、パー66ですが、十分楽しめる規模ですね。
RBSCの設立は1901年ですが、ゴルフ場がオープンしたのはいつ頃なんでしょうね?
1906年という話もありますが?
タイ最古の18Hのゴルフ場は1924年オープンのロイヤル・ホアヒンと言われていますが。
(ちなみに9Hでは1898年、チェンマイのジムカーナ)

メンバーになるのは至難(外国人の場合、大使ないし、それに準ずるクラスと言われています)ですが、数年前、知人が、RBSCのオフィッスに行って、冗談で「メンバーになりたいのですが」と言ったところ、「NON-VOTING MEMBERSHIP」という申込用紙をくれたそうです。入会費用はなく、年会費が14万B 約40万円という明細までくれたそうです。かつ、RBSCの場合、ラチャプルックと同様、ゲストの経費も全てメンバーが支払うため、その費用を引き落とすための銀行口座引落し依頼書までくれたそうです。
知人(単なる東京在住の自営業者です、旅行でタイへ行くだけです)は結局は年会費が高いので、メンバー申込はしませんでしたが、簡単にメンバーにはなれないのに、いとも簡単に申込用紙をくれるものだと、少し不思議な感覚でした。

管理人さんもバンコクの主要ゴルフ場完全制覇が間近になってきましたね。
アヨダヤは難しそうですが、ラチャプルックなら可能性がありそうです。
下記サイトのサミー・オオタカさん(ソイ33/1 フジスーパー斜め向かい側)では、ゴルフ場の予約もやっていますが、最近、ラチャプルックのメンバーになったそうで、プレー希望があれば照会下さい、とのことです。
http://sammygolf.com
イチャー マーク♪ (eddy)
2009-11-04 14:09:26
私もタイで一番、プレイしたいゴルフ場です。
BTSの駅から見るととても綺麗ですが、やはり、綺麗でしたか?芝付きも良かったですか?
おめでとうございます (タマ)
2009-11-05 00:21:46
RBSCでのプレーおめでとうございます。私はここがタイ最難関のゴルフ場だと思っています。いつかプレーする日が来ることを祈ってBTSの車中からいつもコースを眺めていますので、羨ましい限りです。明日の記事も楽しみにしています。

さて余談ですが、同じバンコク市内の競馬場内コースでも王宮近くのロイヤルデュシットゴルフクラブの方は非常に庶民的で、誰でもプレーが可能です。こちらはアウト33、イン32のパー65。アウトの8番が394ヤードのパー5とロングホールもあります。スコアカードには「バンコク最初のゴルフ場」との記載があり、開設はロイヤルホアヒンに遅れること2年、1926年となっています。
nagaichi (山田さんへ)
2009-11-07 12:36:30
そうなんですって、申請書は誰にでも渡すんですが、メンバーにはなれません。理由は一様 解放している姿勢を出しているそうですヨ。

サミー・オオタカさんにも一度お会いしましたので、今度ラチャプルック、お願いしてみます。
情報を有難うございました。
nagaichi (EDDY さんへ)
2009-11-07 12:39:50
今度 いつ訪タイですか?
nagaichi (タマ さんへ)
2009-11-07 12:41:36
情報を有難うございます。
次回には、ロイヤルデュシットゴルフクラブでラウンドしてみます。

コメントを投稿

タイのゴルフ場」カテゴリの最新記事