タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

また タイに新しいゴルフ場、リバーデール ゴルフクラブ!

2010年09月13日 | タイのゴルフ場
  
 タイ シニア・プロのテストにチャレンジしているTさんと、今年の3月にオープンしたばかりのゴルフ場、 
リバーデール ゴルフクラブでラウンドしてきました。 6,217ヤード(白)、パー72の、ホッカホカの
ゴルフ場です。 (笑) 

 
      <18番グリーンから臨むクラブハウス…>

RIVERDALE Golf Club 、東急デパートが入っているマーブンクロン(MBK)のグループが造ったゴルフ場と
聞いたことがありますが、五つ星を狙ったゴルフ場であることは間違いないでしょうネ。 それだけ、造りは
ゴルフハウスをはじめレストラン・ロッカー・トイレ・・・ 等々、高級感を醸し出しています。

バンコク市内よりチェンワッタナ方面に向かう高速道路に乗って、306号線方面に向かうインター
チェンジで降りる、北西部 約38キロ 45分前後に位置します。 そう、バンコク ゴルフ クラブの直ぐ
隣にできたゴルフ場ですネ。 バンコクから近場の高級コースなゴルフ場として売り出せるかも・・・

   
    <レストラン、ローッカー、トイレと、どれも豪華で立派!>

 全体的にフェアウェーもグリーンもアンジュレーションがかかり、グリーン廻りのバンカーがゴルファーを
悩ます造りになっているでしょうか、池も巧みにマッチさせ、面白いレイアウトになっています。 

二段グリーンや大きなグリーンのホールが多いですから、下手にツーオンなんかすると、大変なロング
パットで苦労します。 そんなホールは、思い切りグリーンを狙うより手前に落とした方が良いでしょうネ。
池もありますが、それほど 気になるものではありません、バンカーとの組み合わせが面白いかな… 

 
    <なかなかアンジュレーションも見事でした!>

この日は風がありませんでしたが、ある時は すぐ近くのチャオプラヤー川 (メナム川) から吹きつける
風が強烈だそうですから 風邪がある日は、よりスコアメイクが難しくなるでしょうネ。 

 ただ どうしても 造られて間もないからか、植樹や木々が育っておらず、隣のコースも見渡せる殺風景な
景観はいたし方ないでしょう。 でも 新しいゴルフ場にしては、フェアウェーもグリーンも緑が鮮やかで
3年後、5年後の景観が楽しみ! でも 「リバーデールはグリーンが大き過ぎ」 なんて言われるかも…

 
     <グリーン廻りには苦労しました!(笑)>

ソフトオープンの状態ですから、まだ、キャディーは少なく、また いるキャディーも慣れていない若い子が
多く、我々日本人にキャッ、キャッ、と接してきます。(笑) きっと、正式オープンとなって、お客が増えて

 
    <慣れていないけど明るいキャディーさん達…>

きたら 廻りのゴルフ場のキャディーさん達が、ここへ転職してきますよぉ~ なんせ CFが300バーツで
カートは強制ですからネ。 キャディーにとっては、ゴルフ場も立派だし最高な仕事環境でしょうからネ! 
長くなりますので明日に続きますネ・・・  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« コスプレ観光大使が決定! | トップ | 先々、楽しみなリバーデール ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私もラウンドしてきました (KEN)
2010-09-14 18:39:38
私も先日ラウンドしてきましたヨ リバーデール ゴルフクラブ。。
とにかく市内より近いのがGoodです。
このまえはシーロムから30minほどで到着しました

ラウンドした記念に8番の砲台グリーンからボールと一緒に私自身も転がって落ちてきました。

何回転したか分かりませんが、転げ落ちたあとはフラフラ状態が続きました

グリーン周りは、サイアムオールドぽっく仕上がっていて、コースのレイアウトはカスカタのCコースのような印象を持ちました

コース全体が周囲の海抜より、少し沈んでいるのが特徴的でした
行ってきました。 (タマ)
2010-09-15 08:47:35
おはようございます。8月に白ティーからプレーしてきました。

新しいゴルフ場でプレーする機会は日本国内ではなかなかないため、このリバーデイルとかロータスバレーとか、アユタヤ、ラチャクラムなど、新規オープンのコースを訪れるのは大変楽しみです。

私の感覚では、リバーデイルのフェアウェイは広いし、池も怖くはありません。ティーショットで怪我することは少なく、グリーンに近づくにつれて難しくなるコースだと思いました。グリーンとグリーン周りの難しさを印象付けられました。そこそこ早くて、うねりのあるグリーンはピンと反対側に乗せたら4パットも有り得ます。アプローチもライン、球の高さ等考えさせられます。新米キャディさんにライン読みを教えながら楽しくプレーしました。

バンコク市内からも近いので、シニアに人気のゴルフ場になるのではないでしょうか。。。



nagaichi (KEN さんへ)
2010-09-17 13:08:33
そうでしたか、(笑)
ラウンドした記念に、転がり落ちたのには笑えます。
はやり、サイアムやカスカータの印象を持つんですね。

nagaichi (タマさんへ)
2010-09-17 13:16:24
そうですか、8月にプレーでしたか。
新しいゴルフ場でプレーするのが、タマさんは早いですね。
ホント、新しいゴルフ場でのプレーはワクワクします。
なるほど、ここのゴルフ場はグリーンに近づくにつれて難しくなるコースとは、言い得ていると思います。
シニアに人気が出るのでは… 同感ですがGRがいくらになるかが、ポイントだと思います。

コメントを投稿

タイのゴルフ場」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事