タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

36ホール ウィンザーパーク&GCは飽きさせない!

2010年11月03日 | タイのゴルフ場
  
 先日のサムライ・コンペでのゴルフ場は、ウィンザーパーク&ゴルフ クラブでした。

久しぶりのウィンザーパークでしたのに生憎の雨、しかも前日から降り続いていましたから、足場はどこも
ビショビショで最悪でした。 こんなに降り続いた雨の中でのラウンドは、タイで初めての体験でしたネ…
こんなこともあります! 18組の72名の参加でしたが、行ないの悪い人が沢山、いたんでしょうヨ。(笑)

 
      <誰だ! 行ないの悪いゴルファーは?>

 さて、ウィンザーパーク&GCは、元々パンヤ・グループのゴルフ場として1993年に27ホールで開場され
2006年には9ホール増設。 36ホールになって、経営も代わり パンヤパークから 現在のウィンザー
パークになっています。 世界60カ国で200コース余りを手がけたロナルド・フレームの設計でした。

バンコク市内から一時間弱で到着するでしょうか。 手頃な距離にあり、36ホールですからメンバーには
多種な角度からコースを楽しめます。 はやりメンバーになるには36ホールがお得で良いですネ。

同ゴルフ場は、よくタイ人の大きなコンペが開催されますが、タイ全土5カ所で予選が行われるタイゴルフ
協会主催の 「TGAタイランド・アマチュア・オープン2008」 のバンコク予選も2月に開催されていました。

 
      <コースは広いが、ラフが深いぞぉ~>

 ゆったりと広々とした自然の特徴を取り入れた非常に美しいコースで、フェアウェーとガードバンカー・
池がうまく配置され、ラフも厳しく戦略的なコースとなっています。 常にグリーンの状態も良く、また
グリーンのアンジュレーションは、厄介でプレイヤーを悩ませます。 ラフの深さは定評がありますよ~

アップダウンはなくフラットですが、木々が大きく、池もバンカーも大胆に置かれ 飽きさせないレイアウトに
なっています。 コースは、A-LAGOON、 B-PALM、 C-GARDEN、 D-LAKESIDE となります。 増設された
D-LAKESIDEは、多少 雰囲気が違うように感じるかも知れませんネ。 が、綺麗なコースですヨ。

 
     <36ホールはラウンドを飽きさせませんね…> 

クラブハウスも風格がありドッシリとした重みを感じさせますが、ここのタイ料理は美味しく、タイ人の
コンペに人気があるのも こんな理由かも知れませんネ。 そうでした、公式オープンから5年後の

1998年に20ヶ国の選手が参加した 「タイランド オープン」 が開催され、その後多くの国際大会の
会場にもなっていました。 そんな歴史もありますからコンペに多く使われるのでしょう。

ただ 同ゴルフ場、商売っ気たっぷりで 土曜・休日などコンペを含め、予約を多く取り過ぎる所があり
プレーに時間がかかる等の噂もチラホラ・・・ 予約は朝早目が良いでしょう。  

PS: 知り合いの田井幾三氏が、タイ・ゴルフ情報のブログを10月から開設しています。 
    結構 面白いタイのゴルフの話しをしていますので、ここからもタイのゴルフ情報を収集して下さいませ。 
    → 田井幾三氏が、タイ・ゴルフ情報 



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« タイ航空が札幌へ? | トップ | プラティープさん、お元気で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ場」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事