タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

AIG 全英女子オープンはタイ人勢が頑張りました!

2021年08月23日 | タイのプロゴルファー
 
 米国女子のゴルフツアーのメジャー戦「AIG 全英女子オープン」が終了しました。優勝は
スウェーデンのアンナ・ノードクイスト選手。 通算12アンダーでメジャー三勝目です。

日本勢は上位に入れませんでしたネ。最終日 残念だったのは、首位と4打差の15位から出た
古江彩佳プロでした。距離の短いパー4の11番でワンオンに成功し、3メートルのパットを

 

決めてイーグル。13番でもバーディーを奪って優勝戦線に加わったんでしが、15、17、18番で
ボギーを叩いて後退してしまい結果、通算5アンダーで日本勢最高の20位タイに終わりました。

古江彩佳プロ、失速はしてしまいましたが、それでも “難しいコースを上位で争えると思って
いなかったので嬉しい” と一定の手応えを述べていたようです。 先月の「エビアン選手権」
でも4位に入り、一様 海外メジャーでも やれることを感じたんではないでしょうかネ。

 

畑岡奈紗プロは最終日72で回り3アンダーの26位タイ。6番パー5でイーグルを奪ったり、
直後の7番パー4をボギー、8番パー3をダブルボギーとして 波に乗り切れませんでした。

目標に掲げていたプロ転向後5年以内のメジャー制覇は成りませんでした。日本勢で誰
よりも先に優勝してもおかしくないんですがネ。いずれ近いうちに勝ってくれるでしょう。

 

19年大会覇者の渋野日向子プロは75で回り1アンダーで34位タイ、今年の全米女子オープンで
優勝している笹生優花プロ、注目を浴びていましたが75で回りイーブンパーの39位タイでした。  

三日目までかな、上位に食い込んでいましたが、最終日は5バーディー、3ボギー、1ダブル
ボギー、1トリプルボギーと出入りの激しいゴルフで、75とスコアを落としてしまいました。

 

初出場の全英の舞台はほろ苦い結果となりました。 “全英に出られて感謝している。凄い
選手と練習ラウンドを含めて一週間回れたり、良い経験だった。また勉強して良いゴルフが

できるように頑張りたい” と話しており、相変わらず前向きで、好感が持てる選手です。
原英莉花、青木瀬令奈プロ、アマの梶谷翼さんの三人は、残念ながら予選落ちでした。

 

頑張ったのはタイ勢の三名です。パティ・タバタナキット選手が9アンダーで7位タイ、モリヤ・
ジュタヌガーン選手が8アンダーの9位、アリヤ・ジュタヌガーン選手が7アンダーの10位タイと

ベストテンに三人が入りました。 この三人は もうすっかり、米国ツアーでの実力者になり、
知られる存在にもなっていますネ。 日本勢も負けずに頑張ってほしいものです!  


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 14日間隔離が7日間になれば... | トップ | 西野朗元監督が謝罪、さぞ残... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのプロゴルファー」カテゴリの最新記事