タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイ正月を前に 異変株の拡大が心配されます!

2021年04月10日 | タイのちょっと気になる報道!
 
 タイ国では、今日から早い人でソンクラーン(タイ正月)の連休に入った人もいます。

ソンクラーンを前にして新規感染者が止まりません。昨日は37都県に広まり559人が確認され、
バンコク都では268人と最多でした。パタヤが位置するチョンブリ県では四人の日本人が感染。 
現在の累計数は30,869人で死亡者96人。28,128人が回復し、2,645人が治療中となっています。

 

バンコク都の娯楽施設でのクラスター波及感染により拡大中ですが、北部チェンマイ県でも
新たに149人が確認されました。 危険地域(バンコク都・パトゥムタニ・サムットプラカン・

ナコンパトム・ノンタブリ県の5都県)からチェンマイ県を訪れる人は、自宅や宿泊施設での
14日間の自己検疫と、アプリ「CM Chana」での登録が義務付けられ、必須となりました。 

さらに チェンマイ県内のバー、パブ、カラオケなどの娯楽施設は昨日から閉鎖され、
飲食店でのアルコール販売も禁止となりました。5都県以外の県でも何らかの対応が

 
 <チェンマイの野戦病院では受け入れ準備をしています>

移動者に義務付けられているようですから県を跨ぐ場合は、チェックが必要です。タイ
正月で移動が激しくなりますから、これくらい厳しくて ちょうどで良いでしょうネ。

ただ 心配されるのが、現在タイで広がり始めている「コロナウイルス英国変異株 B.1.1.7」。
英国変異株は感染力が高く、これまでの1.7倍の早さで広がるといいますからネ。バンコク
都内のトンローで発生したクラスターから24例が検出されたのは周知の通りです。

 

最初はどこから入ったのでしょう? 英国変異株は、2月にカンボジアに入ったインド人と
中国人から発見され、それ以来カンボジアで感染が拡大しています。ウイルス学者である

チュラロンコン大学医学部のヨン・プーウォラワン博士は「カンボジアからタイ人 または
カンボジア人労働者によって持ち込まれた可能性があること」を明らかにしていました。

 
 <ヨン・プーウォラワン博士>

そう言えばカンボジア政府では、コロナウイルスの症例数が急増しており、拡大を抑えるため、
カンボジアで最も人気のある観光地アンコールワットを二週間(7日~20日)閉鎖しています。

またヨン博士は、“英国変異株B.1.1.7は 雨季の時期(6月から)に広がることも珍しくないので、
特に幼児から中学生まで自宅と学校の両方で親や教員たちは、注意が必要だ“ と警告しています。
同異変株の感染力は1.7倍の早さですから、子供から子供へ感染が高い可能性があるといいます。
東京都の異変株拡大も心配されますが、バンコク都でも心配されるようになって来ました。   


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

コメント   この記事についてブログを書く
« コロナ禍でタイの外国人定住... | トップ | プーケット市民に ワクチン接... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのちょっと気になる報道!」カテゴリの最新記事