タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

あのタイの女子プロがツアー中にプロポーズされた!

2021年01月26日 | タイのプロゴルファー
 
 いやぁ~ 驚きましたねぇ~ あのタイ出身のジャスミン・スワンナプラ選手(28歳)が、
米国女子ツアーの今年度 初戦「ダイアモンド リゾート チャンピオンズ」の最中、恋人の
トーマスさんからサプライズ プロポーズされ、「Yes!」と即答したというのです。

バージニア州でITエンジニアとして働くトーマスさんは、同ツアーの第三ラウンド終了後に
18番のグリーン脇で片ひざをついてプロポーズ。 この日は「69」で回り、通算4アンダー
16位で最終日を迎えるところだったとか。 彼女にとっては最高の日になったでしょう。

 

最終的には17位タイで終わりました。優勝したのは通算24アンダーで米国のジェシカ・
コルダ選手が、2018年の「ホンダ LPGA タイランド」以来の勝利(通算6勝目)で終了。

同ツアーは出場資格が限られた大会で、NBAなどの元トップアスリートや著名人らとの
プロアマ形式で、プロは予選カットなしの72ホールのストローク戦で行なう試合でした。
畑岡奈紗プロや、タイのアリヤ、モリヤ・ジュタヌガーン姉妹らは出場していませんでした。

さらに驚くのは 二人の出会いがマッチングアプリだったといいます。スワンナプラ選手の
ことを 日本では知られていませんが、米国ツアーで一勝し、10年近く戦っている選手です。
ジュタヌガーン姉妹の先輩で、タイのゴルフ界では知られた存在なんですヨ。

 
 <婚約指輪が眩しい?>

他に多くの出会いがあるでしょうに、そんなプロ選手が、マッチングアプリで結婚にまで発展
するんですねぇ~ 何でも、最初はプロゴルファーであることを隠し、名前はジャスミンと

名乗り、“仕事はイベントコーディネーターで世界中を旅している” と話していたといいます。
出会ってから二年になるそうですが、コースでのデートもあり、20ラウンドはしたようですヨ。

彼女がジュタヌガーン姉妹に次いで タイ人として3人目の優勝をしたのは2018年の「マラソン
クラシック」でしたネ。バンコク出身でラムカムヘン大学卒業の彼女は、5歳から家族の影響で

 

ゴルフを始め、ジュニア時代にいくつかの優勝を得て、11年にプロに転向。翌年は米国下部
ツアーに参戦。米国QTでは29位に入り、13年から米国ツアーで本格的に戦っていました。

挫折も味わっています。予選落ちも続き、15 年には腰と背骨を傷め大手術を行ない、二年間
ほどゴルフが出来ず、引退を考えた時期もあったようです。その後の初優勝でしたからねぇ~

 

実は彼女がプロに転向する前の学生時代、一度 取材したことがあります。まだ あどけなさが
残る少女でしたが、育ちと性格の良さが印象的でした。 あの時の彼女が米国でアメリカ人と
結婚するとは驚くと同時に、嬉しくもあります。 幸せになってほしいですねぇ~  


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

コメント   この記事についてブログを書く
« タイ政府が提案する受入れプ... | トップ | ゴルファーが ビールを飲める... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのプロゴルファー」カテゴリの最新記事