タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ゴルフ中継も 絶対にライブにするべき!

2018年03月06日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 LPGAのホームページがリーディングボードの速報を中断しちゃうなんて、今の時代考えられません。
テレビ局にいい顔しても、結果を知りたいゴルフファンには不人気です。 昨日からの続きです。

スポーツは臨場感を味わい 楽しむことに醍醐味がありますので、やはり、スポーツは生中継が
一番です。多くのスポーツ番組がある中で、録画中継が当り前のように放映されているのは、

 

ゴルフだけでしょう。 時代は変わりました。 諸事情はあるんでしょうが、一刻も速くライブに
切り替えないと、このままでは、ゴルフ人気の拡大はおろか、衰退する一方となるでしょうネ。

日本ゴルフツアー機構(JGTO)はインターネットテレビの「Abema TV」とスポンサー契約を締結し
今季から下部ツアーの名称が、チャレンジツアーから「Abema TV ツアー」になることが決定しています。 

 
 <青木会長と藤田晋社長(右3人目)>

株式会社 AbemaTVは、サイバーエージェント(藤田晋社長)とテレビ朝日が出資して設立された
インターネットテレビ会社ですが、素晴らしいのは、12試合の全日程を第1組のスタートから
最終組のホールアウトまで、ライブ中継するということ。大変な熱の入れようで 泣けてきます。

野球やサッカーは、実際に自分がプレーしなくてもテレビ中継を楽しむという人は多いと思いますが、
ゴルフ中継を楽しむ人のほとんどは “自分もゴルフを楽しむゴルファー” であるケースが多いですよネ。

そんなゴルファーに、録画中継を繰り返すことによって、そっぽを向かれてしまうと、本当に
ゴルフのテレビ中継を観る人がいなくなってしまいます。「ゴルフは好きだけど、録画の試合を

 

中継するテレビ放送は興味ない」という人も結構 いるでしょうしネ。つまり “最も観るで
あろうゴルファー” が、今のゴルフ中継ではあまり興味がないのです。勿体ない話だと思います。

最近は 年に何試合かライブで観られるようになってから、ゴルフのテレビ中継(録画)が
面白くなくなりました。 何といっても最大の不満は、生中継ではないことです

 

このように “ライブ感” の無いゴルフの録画中継は、いくら画面上でアナウンサーや
解説者が緊迫感を煽っても、どこか冷めた目でみてしまいます。放送終了時間を確認して
「もうすぐ放送が終わるから、プレーオフはないな」などと想像できていまいます。

近年 ネットでは、長時間の生中継を実施するなどの取り組みが行なわれています。さらに、
「ゴルフネットワーク」などのCS・BS放送は、出場全選手の1番ホールのプレーを中継したり
普段は観戦することの少ない場面を中継したりなど、工夫を凝らした放送をしています。

 

そこで、もう そろそろ民放放送にも頑張ってもらいたい。ネットは興味を持っている人しか
視聴しませんが、テレビでの放送は不特定多数の人たちに観戦してもらう機会になりますから。

民放のテレビ中継が盛り上がれば、プロスポーツとしてのゴルフ人気の拡大もあるでしょう。
 もっとゴルフの観戦が楽しくなるようなライブ放送を、民放局に期待したいですねぇ~  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 女子ツアーが開幕、でも視聴... | トップ | タイのニックネームの付け方... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事