タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

四つ星以上のコースを 目指すリバーディールGC!

2012年03月31日 | タイのゴルフ場

 ゴルフ カードを 発行してメンバー集めを しているリバーディール ゴルフクラブ、昨日からの続きです。

2010年から昨年に 新しくオープンしたゴルフ場が 10箇所ほどありますが、バンコク近郊では、この
リバーディールGC と、ロイヤル ジェムス ゴルフシティ しかありません。 ここも 最高級クラスを

謳い 完全メンバー制で 売り出しており、会員権も非常に 高いですネ。 バンコク近郊に 既に 沢山の
ゴルフ場・コースがありますので、こうして 他のゴルフ場との差別化が 必要なんでしょうねぇ~

 
<ロイヤル ジェムス ゴルフシティ、ここは完全メンバー制です…>

リバーディールGC がカードを 発行して、多くのメンバーが集まっている、と すれば 大成功でしょう。 
きっと 集まっているんですヨ! 私がメンバーに なった2月には、パスポート コピーだけが 必要でしたが

今は ワーキング パーミット (労働許可証) も 必要と しています。 という事は ロングステイヤーや
観光客は メンバーに 成れないということですよネ。 段々 条件が厳しくなっている感じがします。

 
 <メンバーの申請を受け付けるカウンターのあるショップ…>

 さて リバーディール ですが、バンコク市内よりチェンワッタナ方面に 向かう高速道路に乗って、306号線
方面に 向かうインターチェンジで降ります。 北西部 約38キロにあり、45分前後で到着、比較的近いです。

元来は 何も無い平坦な平地を 掘って造られたコースですから、周囲より低くなって、コース内は 海抜
以下でしょうネ。 ゴルフ場に 入ってクラブハウスまでの間に コースを 見渡せますが、その高低差の
様子を 窺い知れます。 が 、、、 これが あの大洪水から 身を 守ったのです!

 
      <この土盛りがコースを 助けましたね…>

元々 洪水に なる前から、深く掘っていた土砂を コース周辺に 積んでいましたが、洪水が来る段に なって
更に それを 積み上げた訳です。 元々 準備が出来ていた? 訳ですから 作業は速かったと、いいます。

結果 周囲のゴルフ場は 甚大な被害を 被りましたが、リバーディールは 何の被害もなかったようですヨ。
隣のバンコク GC なんかは、5メートル 冠水し、今だ 一般客を 入れられない状態です。(4月からOK)

 
      <コースは これからが楽しみでしょうね…>

植樹された木々は まだ 育っていませんので、ちょっと 殺風景な感じはしますが、フェアウェイもグリーンも
高低のあるアンジュレーションが効いて、ゴルフを 面白くさせていますネ。 コース・クラブハウスを はじめ
レストラン ・ロッカー ・トイレ・・・ 等々、高級感を 醸し出せて 四つ星以上に、なることは間違いないかな。 

 
     <確かに レストランは 高級感があるけど…>

ただ スターターの女子スタッフが 「やらしてやる」 という雰囲気で、ちょっと 威張った口のきき方を して
いました、っけ! … 慣れていないキャディも 多いと聞いていますので、後は スタッフの指導です!

 
 <左が砲台 ・右が浮島グリーン、さぁ~ どちらを 選ぶ?>

ここの名物ホールは、8番のショートホール。 打ち下ろしの浮島に なっているグリーン(108ヤード)と
打ち上げの砲台に あるグリーン(152ヤード)と、二つのグリーンがあります。 組々で選択できますが
距離もあって砲台を 狙うよりも、短い浮島の方が オンし易く思うのか、浮島を 選択する人が多いよう …

 高級クラスを 目指しているバンコク近郊の新コース、一度 トライしてみて下さい。 


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« メンバーカードを 発行したリ... | トップ | 元 Jリーガーの丸山良明さん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ場」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事