タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

アッタヤ、畑岡プロ、チャンスがある時に 勝ち取らないと ・・・

2022年06月27日 | 海外ツアーあれこれ

 アッタヤ選手、惜しかったなぁ~ 「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」でチョン・インジ選手

(韓国)が完全優勝したとは言え、三日目・最終日とも「75」と落としていましたからねぇ~ 

 

 27歳のチョン・インジ選手は、2018年の「KEB・ハナバンク選手権」以来のツアー4勝目ですが、

15年「全米女子オープン」、16年「エビアン選手権」に続くメジャー3勝目でした。4勝のうち

3勝がメジャー戦とは素直に凄いと思います。 完全優勝は大会史上四人目だそうですヨ ・・・

 

 <チョン・インジ選手>

畑岡奈紗プロも最後は意地を見せてくれました、4バーディ、1ボギーでこの日のベスト

スコアとなる「69」をマークしてトータル1アンダーで5位タイに入りました。69は四日間で

ベストスコアです。 前日の第三ラウンドで「75」とスコアを落としたのが悔やまれますネ。

 

悲願のメジャー初制覇は、お預けとなりましたが、来月にはメジャー第四戦の「エビアン

選手権」が控えています。 なんとか年内にメジャー戦を獲らしてあげたいですねぇ~

 

笹生優花プロは2バーディ、5ボギー、1ダブルボギーの「77」で30位タイ。大会初出場の

西郷真央プロも4バーディ、5ボギーのパープレーで、4オーバーの30位タイで終えました。

既報されていたように、渋野日向子プロは体調を崩し、決勝ラウンドは棄権していました。

 

19歳のツアールーキーでタイのアタヤ・ティティクル選手、最終日「72」で、3アンダーと、

トップとは2打差で単独4位に終わりました。「たられば」は、ゴルフでも通用しませんが、

最終日をアンダーで廻れていたら、と思うと残念です。 勝たせてあげたかったですねぇ~

 

 <決勝に進んだタイ人5名、 サイアムゴルフから>

タイ国出身のプロは、特に女子プロは好調さを保ち、優勝争いする力を発揮できる全盛期は

5年前後のような気がします。アッタヤ選手もジュニア時代から活躍し、17歳の時から欧州

ツアーで優勝するなど、19歳とは言え、早い時期からトップ選手になっていますからねぇ~ 

 

2017年7月、14歳4カ月19日という年齢で、欧州女子ツアーのタイ大会を制し、世界主要

ツアー最年少優勝記録を樹立し 非凡な才能を持つ天才少女として、一躍 脚光を浴びました。

その後もジュニア時代に欧州ツアーで勝利を重ね、19歳でこれまで合計4勝を挙げています。

 

 <今年3月には、米国ツアーで初優勝しています>

年齢だけを考えると、まだまだ これからと思いますが、もう5年もプロの世界で揉まれて

いますからねぇ~ チャンスがある時に、勝ち取らないと機会を逸してしまいます。   


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« これまでに松山英樹プロが稼... | トップ | タイ国の大麻合法化、アチコ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メジャーにガツガツしないで (笠間)
2022-06-27 12:38:20
お姉さん格のチョン・インジ選手が優勝し、妹分の畑岡奈紗選手も喜んでいることでしょう。
インジ選手はここ数年、優勝から見放され、過去の人と思われていましたが・・・見事な復活劇でした。
確かに、メジャーチャンピオンは是非欲しいタイトルですが、個人的には、世界ランキングとか、賞金ランキングの方を評価したいです。
インジ選手の4勝に対し、奈紗選手は6勝です。
5歳年下(?)ですが、今現在は、奈紗選手の方が評価は高いでしょう。
メジャー勝利にガツガツせず、世界ランキングのトップ10(できたら、5位まで)を長期間維持することの方が重要と思います。
https://news.yahoo.co.jp/articles/98372d0f57d89798e1a8c32b0f82ef88171068b0
笠間さんへ (nagaichi)
2022-06-29 17:03:35
確かにおっしゃる通りです。
ご意見と情報をありがとうございました。

コメントを投稿

海外ツアーあれこれ」カテゴリの最新記事