タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

1回目のリランキング順位に決着、2回目は誰が ・・・

2019年07月05日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 昨日、第2回目のリランキング順位を決める国内女子ツアー「資生堂 アネッサ レディス
オープン」が開幕。 新規大会で「アネッサ」は、日焼け止めのブランド名だそうです。

1回目のリランキングは、最終戦の「アース・モンダミンカップ」が終了し順位が決着しました。
最終戦は優勝賞金3,600万円のビッグ大会でしたので、一発逆転も可能なだけに、多くの選手が
ここに照準を合わせていたといいます。しかし、ついに中盤戦の出場優先順位が確定しています。 

 

昨年の例から 大体35位から40位あたりの選手が、中盤戦の試合に出場できるでしょうネ。
  第1回 リランキング順位は、こちらから 閲覧できます。

前半を終えた段階で、リランキング対象者のトップに立ったのは、昨年のQT 40位の渋野日向子プロ。
「ワールドレディスチャンピオンシップ」で劇的な優勝を飾った他、4試合にベストテン入りを果たし、
シーズンの獲得賞金も約5,272万円(賞金ランク3位)を獲得して、一気に主役の一人に躍り出ました。

 
 <渋野日向子プロ>

さらに、先週の「アース・モンダミンカップ」で4位に食い込み、8月の「AIG 全英女子オープン」の
出場権も手にして、初メジャー挑戦も実現します。 まさにゴルフ界にシンデレラガールの出現です!

リランキング2位につけたのは3月の「アクサレディス」でレギュラーツアー初優勝を果たした
河本結プロ。3位には今季、日本ツアー初参戦の韓国のペ・ソンウ選手。4位は黄金世代の一人・

吉本ひかるプロ。優勝こそ逃していますが、たび重なる優勝争いもあり 獲得賞金 3,000万円を
超え、早々にシード権も確定させたポジションで後半戦に臨みます。リランキングを卒業です。

 
 <宮里美香プロ>

5位の宮里美香プロは「アース・モンダミンカップ」で優勝争いのうえ、2位タイで終了し
大きく飛躍しました。年間獲得賞金も2,800万円を超えて、彼女も完全に復活しましたねぇ~

そしてタイのS・ランクン選手がよく頑張りました。昨年のQTでは32位という資格で前半戦を出場。
見事リランキング7位に入り、賞金金額も約1,668万円を獲得して後半戦も出場可能となりました。

 
 <ランクン選手>

50位までが来年のシード権を獲得できますが、昨年の50位は大城さつきプロの約2,222万円でした。現在
賞金ランキングは27位であと600万円です。出場できる試合が10以上ありますので、前半戦の調子で

いけば、達成できそうです。彼女の最初の夢はレギュラーツアーに出場し続けることですからネ。 まだ
19歳です、なんとか念願が叶えば、サタヤ選手に代わって、日本でタイ女子の顔になるやも知れません。

 
 <渡邉彩香・上田桃子・三浦桃香プロ>

その一方で、波に乗れず出場権を喪失した選手もいます。昨年の賞金ランキング55位に終わり、
シードを喪失した渡邉彩香プロはリランキング62位に終わりました。QTを6位で通過し前半戦
を戦った三浦桃香プロも人気が先行してしまって焦ったのか、69位で涙しました。

皮肉にも二人は、上田桃子プロと共に 今 行なわれている「資生堂 アネッサ レディスオープン」の
ホストプロです。同大会だけでなく、今後は数少ない試合数でしょうが、頑張ってほしいですネ。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« タイのナイトライフの社交場... | トップ | 改めて、ドリアンは車内・ホ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひがし)
2019-07-05 18:53:52
来年はSランクン、Nスカパン両選手がレギュラーに参戦すると思いますので楽しみにしています。
Sランクン選手は・・・ (そのまんま)
2019-07-05 20:04:45
ひがしさん
Sランクン選手は、既に今年から、レギュラーツアーにフル参戦していますよ。
https://www.alba.co.jp/tour/players/04337/tour
Unknown (ひがし)
2019-07-05 21:32:57
ランクン選手は来年も賞金シードで参戦出来る
スカパン選手はステップアップ賞金王で来年レギュラー前半出れるでしょうと言う事で記載しました。
今年よりプロテスト及びQTが変更になり
来年ツアーに参加するのは大変でプロテスト昨年実績見るとかなりなアンダーパーで無いと通らずしかも合格人数は20名です。
単年登録の選手や新規受験者にとっては大変な変更です。
今年のプロテストからQTは例年より大変そうでそちらも結果見るのが今から楽しみです。

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事