タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ゴルフは ”good next” と叫ばれたいな ・・・

2019年03月06日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 欧米から入ってきたスポーツは、英語の用語が多いのは当然ですが、ゴルフが一番 多いかな?

ゴルフは英語の用語を使わないと成り立ちません。以前、大学の英語の先生がゴルフをしながら「英語
用語を使うと罰金を取る」という規則でプレーしたところ、とても会話が続かなかったといいます。

 

それほどゴルフの世界でも英語が多く使用されています。当たり前と言えば当たり前ですが、道具の
名前・ルール、何を選んでも英語用語が実に多いですネ。それにゴルフ場の数もゴルフ人口も世界

有数の日本のゴルフは 中高年から大衆化され広まったスポーツです。だからか、長いゴルフ史上の
中で 日本独自の英語が多く生まれたのでしょうネ。 いわゆる “和製英語” というヤツです。

 

欧米で生活をしたことのある知人が、英語の分かるタイ人にも通じない、その典型的な “和製英語” の
いくつかを話していました。 ロング / ミドル / ショートホール、ニアピン / ドラコン、パーオン、
ピンハイ ・・・ ・・・ 等々です。 和製英語をピックアップしていったら、いくらでもありますよねぇ~ 

さて、ここからは和製英語ではなく、ゴルフ場で褒める言葉の表現方法の話です。
素晴らしいショットを放った時の褒め言葉と言えば「ナイッショー」がお馴染です。これは
言うまでもなく「ナイス・ショット(nice shot)」が訛った言い方ですが、最近は「グッショー」

 

と言うゴルファーが増えているようです。「グッショー」は、これも言うまでもなく
「グット・ショット(good shot)」を英語風に発音したものですよネ。 

「ナイス」も「グッド」も似たような意味ではありますが、アメリカでは「nice shot」より
「good shot」の方が、断然 使用頻度が高いといいます。もちろん「nice shot」を使っても
いい表現なのですが、「good shot」とは、微妙に ニュアンスが違うようです。 

 

「nice shot」は「結果がナイス」な場合で「good shot」は「結果はともかく、いいスイングをした時」に
使われることが多いといいます。ただ、スイングも結果も良い時に使ってもよく、だから「good shot」の

方が 使用頻度が高いんでしょうネ。 ちなみにアメリカでは「good / nice shot」は、グリーンを狙う
ショットに使い、ドライバーショットは、「good drive!」のように、「drive」を使うことが多いとか。 

 

そして、もう一つ「good next」という表現もありました。放ったボールの位置が、2打目・3打目を
打つのに打ち易い場所やグリーンを狙える場所に打てたケースに使う言葉だといいます。「good next」を
連発されれば、俄然 スコアも良くなりますよねぇ~  どうでしょう?  明日から この三つの
言葉の表現を使い分けてみては ・・・  同伴者も さぞ 気持ちよくプレーできるでしょう。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« タイのドン・キホーテの人気... | トップ | タイ国日本人会が生まれ変わ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事