NAGAHAMA NOTE

日々、学習塾を運営していて感じることを塾長、永濱が綴っています。

女性が活躍できる場所にしたい

2006年10月30日 05時09分52秒 | 経営者業

昨日は家族で公園へ遊びに出かけ、久しぶりの家族サービスを行えた。
来月はほぼ毎週日曜日に仕事が入り年末年始まで休めそうにないので
もしかすると今年最後の日曜日かもしれない(笑)。

学習塾の仕事は基本的に朝から昼にかけて自由な時間がある。
昼間から夕方にかけて種々の準備等を行い、夕方から営業、夜は後処理。
どちらかというと夜の仕事として考えられる。
そう考えると女性のスタッフの場合、家庭との両立が結構困難な職種になる。
でもこの職種、女性が活躍する場が結構あるのも事実だ。

家庭と仕事の両立というのは心理的にも難しい。
その上、学習塾などの場合は物理的、時間的にも難しい。
子供ができればなおさら困難だ。

そんなこんなでできれば朝から夕方(低学年)くらいまで
活躍していただくことができるような企画を考えている。
対象を60歳以上の方々や不登校の生徒、または幼少児などに定めて
新しいサービスを展開することができれば面白いと思う。


教育という概念に縛られることなく柔軟に考えていこうと思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« eメールについて思う | トップ | 生きているというよりも生か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経営者業」カテゴリの最新記事