NAGAHAMA NOTE

日々、学習塾を運営していて感じることを塾長、永濱が綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高校生のこと

2008年01月11日 23時20分04秒 | メンター
今、高校生のことを考えています。

学校に準拠した授業をしていては大学受験を一般入試で勝ち取るのは難しいです。
だからといって学校の授業をやらずに(やっている辺りを参考にしながら)
受験を見据えた授業をしていったとしても「ついて行けない」などの
問題を学習塾が抱えてしまうことになります。

それから学習時間。
国公立に行きたいと目指している現在、高2の生徒たちは非常に意欲的に
自習にやってきますし学校レベルの話はそれほどなりません。
テスト前にまとめて復習をするという形を取っています。

代わりに学校授業をやっている生徒たちはひどい生徒の場合は
「塾の日しか勉強しない」と言っています。
まぁ、危機感がないと言いますか、意欲がないと言いますか・・・

団体戦形式を取るためにも来年度のチーム作りをそろそろ始めようと思っています。
それから僕の思いとしては高校部は
「ベリタス 個別学院 with京大個別会」なので、
いつか実現したいと思っています。これに関してはまた後日。
コメント