広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6月21日のできごと

2017-06-22 10:13:15 | 日記
疲れが出たのでしょうか熱を出して寝込んでしまいました
私はこの程度ですみましたが彼は今は引きこもり中です
23日金曜日は自宅療養中の最後の診察出来る日

弟2人は仕事で家を離れており23日は帰れないと言われた
家族同行してほしいと言われてるが弟2人も彼を殆ど知らない
私も今は看病のため休んでるが本来なら仕事をしている

帰宅後の彼の日常を全部知ってるわけではない
誰も仕事から帰ってからの彼の日常を正確に知ってる人がいない
彼の父親も殆ど家に寄りつかず彼の日常生活など知らない

病院までは同行して診察は彼1人に任せた方が良いのか悩む
労災に関わる資料を貰って置いて欲しいと直ぐ下の弟に頼まれた
労災は会社によって違うから何をもらったら良いのか直ぐ下の弟も困っていた

会社が気にしてるのは会社が原因なのかプライベートなのかと言うところだろう
うつ病は何が原因で発症するか分からない病気だと言われている
私が知る限りではこうなる前の彼の家の生活にストレスがあったとは思えない

彼の親は二十歳を超えたら自己責任でやらせる放任主義で警察沙汰にならないなら
自由にやらせているので彼自身も別にそれに不満があるような事は言ってない
寧ろ自由に出来るから嬉しいと言っていたくらいだ

なら考えられるのは会社関係しかない実際どうなのか分からないのが誰も分からない
仕事から帰ってからの彼の日常生活を誰も正確に知らないのだから
知ってるのは彼だけで彼の口で言ってもらうしかないのである

私が知ってるのは夕方からの彼で昼間は何をしてどんな生活をしてるのか分からない
知ってるのは昼前に弁当を持ってきてくれると言うことだけ
顔色とかは見るけど演技されたら分からないから正直言って正しいのか不安

流石に私もシフトに穴を空けまくっていたらクビになる
店長がうつ病に理解あったからシフト調整とかしてくれているが人手は足りていない
ソロソロ普通通りのシフトに戻さなければ給料面も危険になる

最近は調子が良い時は庭を歩く程度には回復している
直ぐ下の弟はメモ帳とボールペンを買ってきて調子が良い時に次に調子が良い時に
したいことを書く為のノートを用意した

書く内容は同じでかまわない自分がして気持ち良かった事を書けばいい
内容が問題ではなく調子が良い時に気持ち良く過ごせるかが問題と言っていた
楽しいことや気持ち良かった事は続けたくなるから今は無理でもいづれ元に戻る

そう言って何日も経ちはじめは臆していた彼も庭に出て歩く程度には回復している
驚異の回復力だと思う、うつ病の回復は早くても1ヶ月はかかるとネットでも書かれてる
直ぐ下の弟も2週間が勝負なんて言っていたが内心は思って無かったと思う

私もそれは無理だと思っていた、自殺願望まである彼を2週間で立ち直らせるなど
不可能だと思っていた寧ろ長期戦に構え薬とリハビリとかをしながらの方が確実ではと
思っていたネットでも半年~数年はかかったと書いてあるのだから長期戦が確実だと思った

彼の中で何が変わったのか演技をしてるだけなのか分からない
調子が良い時は庭を歩いてるのは確かで何が良かったのか分からない
彼は実際歩いている適合障害なのかと思うが医師の判断はうつ病と診断書に書かれてる

現に当時は部屋に引きこもり出ることも喋る事もせず布団の上で寝ていた
風呂にも入る気にならないからビニールシートを引いて体を拭いて髪も洗い
髭を伸びてたらそり下着も取り変えて部屋の掃除もした

看病と言う行動以外は可能な限り普段と変わらない環境を用意していた
突然そんなことをするのは無理だから彼状態を見て観察した上でのことです
問題は23日の病院が問題です、病院とは健康な人には用のない物である

彼もそれは理解してると思うし自分が病気だから病院に行くのは理解してると思う
彼自身が自分の日常を口で言えるかが心配です、私も含め弟2人も親も彼の帰宅後の
昼間の日常をしらないのですから親に関しては昼間どこらか1日の日常も知りませんけどね

その点に関しては彼の口で言ってもらうしかない力になれないのが悔しいけど
知らないモノを知ってるとは言えない嘘を言って変なことになれば悪化する危険性もある
彼を信じるしかない自分の日常を正直に言ってくれること信じるしかない

後は医師がどう判断するかです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月14日のできごと | トップ | 少し暴露日記 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事