極真空手 灘・須磨南・西脇道場通信 

大会・行事・出来事などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

KOBE'S CUP2013

2013年12月13日 | 行事レポート
平成25年12月1日日曜日、兵庫県立総合体育館においてKOBE'SCUP2013が開催されました。



【 須磨南道場 】

小学3年生ソフトクラス初級軽量級 第4位 御手洗 樹

型の部 3・4年上級の部 準優勝 久保陸人

小学5年生チャンピオンクラス重量級 準優勝 久田修世

奥谷大輝 小学6年生ソフトクラス中級軽量級 第4位 奥谷大輝

【 灘道場 】

一般女子上級無差別級 優勝 徳永文音

一般上級中量級 第3位 亀井元気(神戸道場) 





御手洗 樹(須磨南道場)は初出場ながら上段回し蹴りで技ありや一本勝ちで勝ち上がりました。結果は第4位と入賞まで後一歩でしたが良く頑張りました。

奥谷大輝もあと一歩及ばず第4位でした、前回出場した大会も4位でしたので次こそは入賞を勝ち取ろう。

久保陸人は3・4年上級型の部で準優勝しました。今大会で演じた「観空」は非常に軸が安定して動けていました。同階級で優勝した型の全国チャンピオンの背中が見えてきました、これも日々努力してきた結果ですね。

全日本大会のチャンピオンとして出場した久田修世は決勝戦で惜敗しました。対戦相手のT君は全日本大会の重量級準優勝者で全国のライバルの一人でした。極真カラテではよく使われる言葉ですが「勝って奢らず、負けて腐らず」、連勝して来た修世には特に負けた後の自身の姿勢が問われます。今回の敗戦をバネにし、今後さらなる成長をしてくれることを期待しています。

徳永文音は女子上級無差別級で優勝しました。1回戦の対戦相手が全日本重量級4位という最大の山場を、本戦で決着をつけ勢いに乗ります。決勝は昨年の播州カップ決勝で負けている池田選手です。前回の大会では軽量の池田選手に動きで翻弄されたため、今回はその対策をしっかり立てて挑みました。その対策が功を奏したようで、本戦でしっかり勝つことが出来ました。

KOBE'S CUP2013大会パンフレットに掲載


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 2013極真祭 | トップ | 冬季セミナー »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (修世)
2013-12-14 23:21:48
ありがとうございます!次勝てるようにまた稽古がんばります。押忍!
Unknown (陸人)
2013-12-16 08:55:44
押忍!また播州カップも 型と組み手 優勝めざしてがんばります!
Unknown (日置)
2014-01-15 11:25:33
修世、陸人へ
また頑張ろう!

コメントを投稿

関連するみんなの記事