心の中のBYJと共に!

ようこそ!老年期まっしぐらのハルの韓国旅行時々国内旅行の記録です。最近は旅には出ても、報告アップが滞りがちですが…

韓国政府のコロナ対策が凄いとネットのオンラインニュース

2020-03-28 10:06:21 | つぶやき
長く引きこもっていましたが、どうしても呟きたいことがあり久々に登場
しました。
新規投稿がないにもかかわらず、毎日多くの方が訪れてくださっていました。
遅ればせながらお詫びすると共に感謝を申し上げます。
ありがとうございました<(_ _)>

さて当然ながら昨今の私の関心事もコロナです。国民の命や暮らしを守る意思が
見えない、はっきりしない対応にいよいよこの国に暮らす絶望感を募らせていました。
昨夜思い立って、韓国の対策はどうか検索をしてみましたら東洋経済オンラインが
米紙が絶賛する韓国のコロナ対策について掲載していました。
その内容こそ初動期に一番求められるものでした!
ここを訪れてくださる方々にもお読みいただきたく冒頭部のみですがご紹介します。
是非全文(https://toyokeizai.net/articles/-/340150)を読んでみていただきたいと思います。





[以下冒頭部分です]

数字をどう見ても、1つの国が際立っている――韓国だ。 2月下旬と3月上旬、同国における新型コロナウイルスの感染者数は数十から数百人、数千人へと爆発的に増加した。

ピーク時には、医療従事者は2月29日の1日で909人の症例を特定し、人口5000万人の同国は打ちのめされる寸前のように見えた。しかし1週間弱経つと、新たな症例数は半減した。4日以内で、再び半減した――そしてその次の日も再び半減した。

封鎖政策も行われていない

韓国は22日、ほぼ1カ月の間で最少となる、わずか64人の新規感染者を発表した。他国では感染者数が1日ごとに数千人単位で増加し、医療システムや経済が壊滅的状況に追い込まれている中で、である。イタリアでは毎日数百人の死亡者を記録している。韓国は1日当たり8人を超えたことはない。

韓国は大規模なアウトブレイクが発生しながら、新規感染者数の増加曲線を抑えることができたわずか2国のうち、中国ではないほうの国である。そして韓国は中国のように言論や行動に厳しい制限を課すことなく、またヨーロッパやアメリカのように経済に打撃を与える封鎖政策を行わずに、それを成し遂げている。

ウイルスによる世界の死亡者数が1万5000人以上に膨らみ、世界中の役人や専門家は教訓を求めて韓国を徹底的に研究している。そしてそれらの教訓は、簡単にはほど遠いものの、比較的ストレートで経済的にも負担が少ないように見える――素早い行動、広範な検査体制と接触者追跡、そして国民の重大な支援である。

しかし強く打撃を受けたほかの国は韓国のような対策は打てなかった。その手法を見習おうと関心を示し始めた国もあるが、もはや早々に制御できない時点までエピデミックが加速してしまった後のことであった。

韓国の文在寅大統領の周辺によると、フランスのエマニュエル・マクロン大統領とスウェーデンのステファン・ロベーン首相は、韓国の対策の詳細を聞くために文大統領に電話をしてきたという。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 新しい下宿に泊まり、今まで... | トップ | 医療現場より(転載) »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mooru)
2020-03-28 18:50:35
おかえりなさい!また、ぼちぼちとやっていきましょう。
 ウイルスがどこにあるのか、確認できなければ対策も何もないもんだ。検査キットを量産し、直ちにウイルスを追跡できなければ意味がない。アベの隠ぺい体質が国民の命を奪う。早いとこやめてほしい。いや逮捕してほしい。
Unknown (Fs)
2020-03-29 00:38:15
お久しぶりです。
お隣の国から学ばなくては行けないことがいっぱいありますね。
あの首相は学ぶ姿勢、謙虚さを全く感じない。
早く引きずり下ろさねばなりませんね。
絶望的状況!? (はる)
2020-03-29 11:01:50
mooruさん、ご無沙汰しました<(__)>ボチボチ…やれるかな?気おわずいたいと〜〜
検査こそ必要ですよね!
日本がもたもたしたのは安倍と五輪のせい!
延期が決まって感染者数が一気に増えたきがします。
国のトップは、国民の命を守ることを第一に考えてほしいです。
こめんとありがとうございました。
どうしましょう? (はる)
2020-03-29 14:11:54
Fsさん、ご無沙汰しました。
韓国というと、日本は無条件に上から目線になりがちですが
おっしゃる通り‘学ぶべきことがいっぱいある」ことを
感じて来ました。
良い事は謙虚に学んで欲しいし、その前に、こんな事態になっている時に
迅速に的確な対処をとれないトップは、引き摺り下ろさねばならないに同感です。

コメントを投稿