心の中のBYJと共に!

ようこそ老年期をまっしぐらに進行中、ハルの韓国旅行時々国内旅行の記録です。

チングに感謝のお昼と大好きな三清洞のワッフル

2018-02-28 11:49:40 | 韓国旅行
2月15日、二日目の続きです。

潔ぎよく引き返すことにした帰り道は、お寺まで通じている舗装路でした。
その脇に、最初に見た小川でしょうか川があり、同じ様にカチンカチンに
凍っていました。ここは側溝みたいでなくちゃんと山中の流れに見えます。
こういう場所を見ると降りて行かずにいられない私^^;




少し降りるとベンチのある場所があり、お日様も出ていて寒くないので
チングが用意してくれた心尽くしのお弁当をひろげることにしました。



小豆入りもち米ご飯に細かく刻んだお野菜入りの卵焼き、定番のキムチは
チョンガッキムチ(10センチ位の小さい大根を丸ごと着けたもの)魔法瓶に
入った温かいわかめスープもありました。お肉の出汁がシッカリ出てなん
とも美味しかったです。

通りかかったアジョシにお願いしてツーショットも撮っていただきました^^




麓にあるアパート群の一角にチングの引越し先があるというので庭先も
通って 地下鉄駅へ〜〜
途中道路に何か埋め込まれているのを発見!さてなんでしょう?




坂の下の方には表示がありました。読み取りにくいですが열선도로と
(ヨルソンドロ)とあります。熱線道路、つまり道路に埋め込んだ熱線で
凍結防止をする道路です。住宅地の中の坂道に設置されているそうです。

坂の多いソウル、そして冬場は氷点下の日が多い様ですから一度雪が
降ると中々溶けない、ばかりでなく雪がそのまま凍結し、いつまでも
残ることになります。こうした対策は必要不可欠でしょうね。


ムアクジェの駅に着いたら二駅目の景福宮まで地下鉄で行きます。
5番出口を目指すと古宮博物館の前にでますから、景福宮の中を
横切って三清通りに出ます。後はずっとひたすら歩いて三清公園
入口の少し手前を左に入った所にあるビィーンズビィンズへ。



大好きなフルーツワッフルをいただいて、この後美味しいものに恵まれなかった
としても、これだけで今回の旅行を後悔しないと思えると〜〜

大満足のおやつタイムを終えた後は、明日のカンヌン行きに備えて両替を
しようと明洞へ。チングも息子さんと明洞で会う予定だというので二人で
プラプラ歩いて行きました。両替の後は東ソウルバスセンターへ行き明日の
チケット をゲット。早からず遅からず8時発にしました。少々渋滞しても
お昼頃までに到着できるでしょう。夜はホテルの近所の食堂でチョングッチャン
定食を食べました。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二日目仁王山目指して | トップ | 3日目、江陵へ移動のバスの休... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

韓国旅行」カテゴリの最新記事