心の中のBYJと共に!

ようこそ老年期をまっしぐらに進行中、ハルの韓国旅行時々国内旅行の記録です。

江陵ソジチョガットルに富爺のサインが~

2016-09-16 22:04:23 | こぼれ話
6月9日、3か月のソウル生活の終わりに高校の同級生と江陵端午祭を見に出かけた
旅の初日の夕食の報告です。夕食だけで何をもったいぶって~と云われそう^^;

江陵には、行くたびにお邪魔する食堂(ソジチョガットル)があります。
この日も夕食は絶対ここへ案内しようと決めていました。
とりたてて何料理ということもない、どの家でも作られている素朴な家庭料理ばかり
ですが真心がたっぷりこめられ、テーブル一杯に並べられたお膳はお箸を持つ前から
既に嬉しい気持ちが一杯になります。そこへは、チングIは2013年10月の雪岳山へ
の旅の帰りに、一緒に寄って以来2度目、私は4度目の訪問です。

前回江陵に来た時、船橋荘には裏門があるのを見つけました。いつもは食事を終えて
から船橋荘見学というパターンで、初回は谷戸の道をたどりながら小一時間かけて
辿り着き、2度目3度目は山越えで時間は短縮できましたが、少々きつかったです。
今回は船橋荘から食堂に向かいます。

裏門から出て食堂めざして歩き始めたら、10分程で到着。
初夏の夕暮れの中、松林に抱かれてソジチョガットルがありました。




チルサンを注文し待っていると、初めて来た時おかみさんだと思った人が、2・3度目
の時は見かけなかったのですが、今回はいらして突然こんなものを見せてください
ました。ソジチョガットルに訪れたビップの芳名録のようです。



「和気致祥 村山富市 二千五年二月三日」

意味は漢字ですから何となくわかりますね^^
ネットで調べたら「和やかな気持ちが吉祥を招く」とか「穏やかな雰囲気が幸いを
もたらす」とか云う意味だとでていました。

左上の「구」は読みはクですが・・・何を意味するのかはわかりません。
現地に居る時に疑問を持てば、聞けたのですが・・・、これもいつか、5度目の課題に

村山さんは戦後50周年を迎えた当時の総理大臣、ご近所の好々爺のような方が
自ら望みもしないのに、総理大臣に祭り上げられてしまった初めての人、偽りのない
人柄が、社交辞令を超えて初めて外国の要人にも心からの信頼を得たそうです。

西洋料理を食べ付けない彼が無理をしてお腹をこわし、大事な会議を欠席せざるを
得なかったと聞いた時は、遠足前夜に喜びはしゃぎ過ぎて当日熱を出して休んだ
我が子を見る思いで残念な思いがしたものでした^^;

その富爺のサインが江陵までやってきて見られたとは!本当にびっくりポンでした。

サプライズに喜びつつも、お料理が運ばれるや関心はお膳の上に^^

コメント (4)

雨の日には♪ーソウルの駅入り口

2016-06-28 23:04:00 | こぼれ話
今日は雨降り、出掛ける用があって電車に乗って出掛けた。
梅雨のこういう時厄介なのが傘である。とりわけ駅まで徒歩15分の距離にある
我が家、歩くと駅に着くころには、傘はたっぷり雨を吸い込んで、時間があれば
良~く滴をきり、人の迷惑にならぬよう巻いてホックを止め乗り込むが、急いで
ポタポタ滴を垂らしながら、乗り込んでくる人もいれば、自分がすることもある
かもしれない。

今日の外出で、今年のソウル滞在中に見つけたちょっとした発見を思い出した。
わざわざ報告する程の事でもないけれど、滞在中に知ったり気付いたちょっと
した事を「こぼれ話」として、思いついた時に報告してみたいと思います。


一番初めの今日は、‘駅入り口の雨の日の傘用ポリ袋’ある雨の日、地下鉄出口で
友人と待ち合わせをしていました。時間になっても現れない友人が、ひょっとして
改札口と勘違いしているのかもと、構内へ降りていこうとすると階段踊り場の中央に
傘用ポリ袋供給機とでも言うんでしょうか、上から傘を入れて手前に引き出すと傘が
自動的にポリ袋の中に入る、あれが置いてありました。降りてくる人は皆慣れた様子
で傘を突っ込んでいきます。最初は何なのかわけがわかりませんでした@-@

はっきり気付いたのはその時でしたが、そういえばその日下宿を出て通りかかった
最寄駅でも見たような気がします。
その後、雨が降ると駅にそれが出ているか見るようになりましたが、どの駅にも
ありました。

デパートやマーケットなど、人が多く集まるお店や公共施設などでは濡れた物を持ち
こまれると困る所が、お客様向けに用意することはありますが、公共交通が利用客の
利弁のためにこうした気づかいをしている例を見るのは初めてでした。

またもう一つ気付いた駅の顧客サービス、前回までは見たことのない(気付かなかった
だけかもしれませんが)授乳室が各駅に用意されていました。

切符販売はすべて自動化されて、一体駅に駅員はいるのか?と思われる韓国の地下鉄
駅ですが、雨の日にこうした物を駅の誰かが出したりしまったりしているとか、人が
減って不要になった(?)駅の施設が、利用客サービスに充てられたのかなと考えると
この変化は面白くてとても良い。



(まとまらない文章ですが、今日を逃すとアップの機会を無くしそうなので・・・)
コメント