心の中のBYJと共に!

ようこそ老年期をまっしぐらに進行中、ハルの韓国旅行時々国内旅行の記録です。

午後の仁寺洞界隈散策

2015-08-22 00:12:56 | 市内見物

 5月22日の午後です。カンナムから安国に戻り、三一路を挟んで雲峴宮(ウニョングン)

の向かい側にあるビルの中に目指すギャラリーはありました。ギャラリーとはいえ

人の出入りが多いわけでもないビルの上層階にある1室、これでは通りがかりに

面白そうな展示だと興味を惹かれて、フラッと入って来る人は望めなさそうです。

展示は和紙作品だけのようですが、韓紙関係者のご招待を受けての作品展だと

いうことに、冷えている政治の世界とは関係なく、具体的に交流が進んでいる部分は

継続されていると思えて、私としては嬉しい取り組みとの出会いでした。

ただ作品自体には、素材にそもそも関心がなく興味を惹かれなかったのは残念でした。

 

展示会の後は、真ん前まで来ている折角の機会ですから雲峴宮(ウニョングン)を

見学。ここは朝鮮王朝26代の王高宗の父、興宣大院君の私宅があった所で、

息子が王になり大院君が政治的手腕を現す中で、政治の拠点になって行った

所だそうです。

 

現在の規模はかなり縮小されたものだそうですが、残存する主要3棟の建物は

喧噪の都市の一角に落ち着いたたたずまいを見せています。

朝鮮朝の高級貴族の住宅は瓦と白い壁、そして時を経た柱の色に日本の古い

寺院や邸宅の作りにも似たコントラストを感じますが、視線を少し上に向けると

屋根の軒先がキュッとあがったラインに朝鮮独特の建築様式を発見できます。

一角には遺物展示室があり大院君縁の品が展示されています。規模は小さいですが

それだけに遺物を間近に見られて興味深いです。

 

古い建物を見たら、骨董店で見た家具を思い出してしまいました。

北村にも一軒骨董店があるので、そこに似たものがないか、行ってみることにしました。

場所は安国駅3番出口を真直ぐ北上し、5分程度歩くとある‘オンギワ ナン’

通りがかりに大小様々な甕が見えて興味を惹かれつつも、持ち帰るには大きく

他の物は縁がなさそうで、じっくり寄って見たことが無いお店です。

 

店内奥の方には、函(ハム)や小盤(ソバンーお膳)が棚にぎっしり。

店主にスマホに撮った写真をみてもらい、インサドンで見つけてとても気になった

もので、高価過ぎて手に入れられないけれど、似たものを扱っていないか

尋ねてみました。

 

私が気になっているものは文匣(ムンガプ)というものだそうです。

今は扱ってないけれど、良かったら連絡先を書いてくれれば出た時に

連絡をくださるというので、書いてきましたが、まあ期待しないで又の機会に

行ってみようと思います

 

ここまで来たからには去年7月にチョガッポを教えていただいた‘結’にも

寄らねばなりません。帰国当時は同じものを何点か作って見たのですが、

サイズがどうしてもまちまちになってしまいます。

もう一度きっちり習い、合わせてコツなども教えていただけたらと、針道具を

持参してきているんです。寄って教えていただく日を予約しようと思います。

 

‘結’に向かって歩きだしたら、何と今まで気が付かなかった小さな博物館が

出来ているのに気が付きました。何時出来たんでしょう?展示はちょうど今

関心を持っている「朝鮮木家具展」、渡りに船!?ですが、今日はもう展示時間を

過ぎていました^^;残念、後日絶対来なくちゃ!

      

 

残念は伝染性がある?らしく‘結’もお休みでした。当ては外れましたが

‘結‘のある通りも、来るたびに整備が進み(=観光化が進み)おしゃれなカフェ

やカワイイショップが軒を増やしています。

 

入りませんでしたが、お茶で足湯をする癒しカフェ(ティーセラピー)なんていう

のがありました^^友人と来る折には利用してみたいところです。

 

夕食はお昼に少しだったけれど鰻をいただいたので、軽くていいと思い昨年見つけた

行列のできるキムパプ屋さん‘チョソンキムパプ’へ行こうと思います。

このお店のメニューはキムパプ以外は2・3種類しかありません。

ククスは一度いただいたことがありますが、今日は他のお客さんが見慣れないものを

食べていました。

 

お店のアジュモ二に料理名を聞くと「ピジチゲ」というそうです。

ピジというのは、豆腐を作った後のおからのことです。

昨年教科書で「싼 게 비지떡이다.」(直訳:安いものはピジトクだ)安かろう

悪かろうの諺として出てきたピジで作ったチゲ?どんなお味か興味深々!

見た目はケーランチム(韓国風茶碗蒸し)の失敗作風です。おからからボソボソ感のある

舌触りを予想しましたが、結構なめらか(チゲだから当然?)で、特別おいしいわけでは

ありませんが、話のタネにはなる面白い食べ物でした^^

 

コメント

明洞(ミョンドン)へ

2015-06-19 23:01:09 | 市内見物

5月16日ソウル到着4日目、生活圏以外まだ一人でどこへも出かけていません。

先生が学校で講義を受けていらっしゃる間、到着日に替えたウォンも残り少なく

なってきたので、両替もしがてらミョンドンへ行ってみることにしました。出かける

前に洗濯機を借りてお洗濯もしましたよ。午後は先生が通う明智大学前で落ち

合って市場でお買い物です。

 

ミョンドンへは、マウルバスで新村(シンチョン)へ出、2号線に乗り、ウルチロイプクで

下車すればすぐです。道中チョンノにある観光公社へ行くことを思いつきました。

後者には貸し出し用PCが置いてあります。ヨンジュンさんの結婚発表後の公式の

様子が気になっていました。大きな画面で家族の掲示板をみたいと思っていました。

 

久々の観光公社、今日はお休み?と間違えるほどお客さんが誰もいません。いつも

個人旅行者が情報収集で訪れたり、それこそ韓流全盛期にはホールにある韓流スターの

等身大写真パネルと写真を撮る人々が絶えないものでした。

 

PCがあるのは入口に向かって右側、壁沿いのカウンターに2台が準備されている

はずでした。なのに、この日壁沿いには何も置かれていません。オットケー?

 スタッフに尋ねると、近々工事を予定していてその準備のため貸出を中止している

のだそうです。

 

どこか借りられるところはありませんかと聞くと、電話で問い合わせてミョンドンの

インフォメーションで借りられるようにしてくださいました。

 

ミョンドンに向かって歩いていくとレトロな建物がありました。南大門路に面する一等地

周囲は高層ビルばかりの中2階建てです。由緒ある建物なのだろうと目を凝らすと

新韓銀行本店とありました。

 

ミョンドンのインフォメーションで無事PCを利用させていただき、久々大勢の家族が

お祝いをスレッドをあげていらっしゃるのを知り安心しました。

 

半年ぶりのミョンドン、前回は秋でしたので屋台の品もガラッと雰囲気が変わっています。

ツヤツヤの真っ赤な表面が印象的だった石榴ジュースは姿を消し、代わってオレンジが

登場していました。

並んでレモンジュースも出ています。パカッと2つに割ったものをその場で絞り器で

絞っていますから、正真正銘100%ジュースが人気の証拠なのでしょうか?でもレモンは

酸っぱそうです^^;

噂に聞いていた鶏卵パン。私的にはおいしそうとは・・・・

バゲットの薄切りの上に目玉焼きを乗っけただけに見えます。たべてみれば良かったかな。

 

一通り眺めて堪能できたので、今日はどこかカフエにでも入ろうと探していたら、去年7月

党山(タンサン)駅で見つけたプンオパイのお店があったので入って見ました。

プランスエタニョオン プンオパン」←これが店名であり製品名のようです。子供の留学熱の

高い韓国ですが、大半の人は留学どころか海外に出ることなどない中、鮒パンの分際でフランス

帰りとは、何ともカッコいいではありませんか!

お店のエントランスにもこのロゴが使われていて結構小ジャレタ感じがありました(写真は

写したのですが旨く写っていなくてボツにしましたのでありません)。

             店内のテーブルとフランス帰りのプンオパン

 

ミョンドンを端から端まで歩く間に数件の両替商も覘いて新しくレートの良いところを発見

一気に替えたいところを、変動が激しそうなので3枚だけ交換し、先生との待合せもあるので

一旦家に戻りました。

 

 

※プランスエ タニョオン プンオパン(訳:フランス帰りのプンオパン、直訳は‘仏に行ってきた鮒パン’ byはる)

 

コメント

ショッピングと最後のソンブクドン散策

2014-08-27 23:55:49 | 市内見物

7月29日(火)韓国滞在も残る所3日間です。まだ一日塾へ行きますから丸一日空いて

いるのは今日だけです。7月半ばにショッピングに出たものの、買いそびれた本やお土産

を、余裕を持って買いに出かけられるのは今日だけです。頑張って午前中に課題を

仕上げました(やればできるじゃん!)。今日は只作文を仕上げるだけでなく、長文2点

のうち1点は時間や辞書を見ないで、試験並みに制限してやってみました。何とか書き

ましたが、きっといつも以上に赤が入るでしょう。

 

この日の世宗大路と北岳山に抱かれる景福宮・青瓦台(春に比べ空もいくらか澄んでいます)

 

まずは光化門の教保文庫に向かって地下鉄に乗ります。私が住む新村からは2号線で

市庁駅で降り徒歩10分足らずで行かれますが、今日は時間が惜しいので忠正路(チュン

チョンノ)で5号線に乗り換えます。2駅乗り改札を出て3番出口に向かえば、地上に出る

手前で書店への入口にアクセスできます。

『オジュソクの昔の絵を読む楽しみ2』を手に入れ、次は娘に頼まれたロンシャンの折り

たたみバッグです。

 

8月生まれのお友達に誕生日プレゼントにするからと2個お揃いで欲しいとのこと。以前

普通サイズのをお土産にしたことがありますが、今回はワンサイズ下の色は赤が良いと

のこと。光化門から一番近い免税店は東和がありました(良かった)。小走りに駆けつけ

店内を見まわし売り場を見つけ、赤いのがあるか聞きますと、出されたものが一寸濃い

色で、娘の希望する色かどうか、判断できません。他に赤系が無いか聞いて出していただい

たのは、今度はピンク系の濃い色でした。どちらもピンと来ません!どうしようかとても迷い

ました。こんな時便利なものを思いつきました。スマホで2つのバッグの写真を撮り、ラインで

送ってみました。連絡に少し時間がかかるかと思いきや、運良くお昼休みに入っていて

即答で濃い赤の方と返事がありました。

 

次はお昼です。帰国前にもう一度ソンブクドンのイタリアンへ行こうと決めていました。

ソンブクドン方面へ行くには4号線で漢城大入り口まで行き、そこからバスでというのが

通常のルートですが、光化門近くからですと三清閣へ行くシャトルバスがあり教保文庫の

前にもバス停があります。時間を見ると少し前に出たばかりでした。

空腹でもありますしタイムイズマネー、今日はタクシーを利用しましょう。

5月にヨンチングと嵌った海鮮クリームパスタ。あの味が忘れられなくて、注文しましたが

何故か、あの時ほどにはソースがおいしくありません???今日のシェフはあの時とは

違う人でしょうか?

 

食後は、お馴染みお向かいのイルサンで香り高いコーヒをいただきます。今日は初めての

スタッフでした。お土産用に豆を購入し、一杯いただいて行くつもりで座って待っていると

テイクアウトと間違えられたのか紙コップに入っていました。まっいいかと飲み始めたのですが

やはり陶器のカップとは味も変わってきます。折角のおいしいコーヒーが残念なのでカップに

入れ替えてくださいとお願いしたら、私の意図が理解されなかったのか、次のお代りをカップで

お持ちしますので、そのまま飲んでほしいと・・・しつこく言うのもなんですから、次を待ちました。

平日の昼下がり、私が入店した時は他にお客さんはどなたもいらっしゃいませんでしたが

この後2・3組いらして、このお店のコーヒーを楽しむ人がコンスタントにいることを行く度

確認しています。

 午後のコーヒーをゆっくり楽しんだ後は、登り坂で少しきついですが、城北小学校前から

大通りを西へ向かい、静かなお屋敷街を通って三清閣まで散策を楽しみました。

三清閣からはシャトルバスで2号線最寄バス停まで出ると、後は夕食の待つ下宿へ向かう

ばかりです。この日のメニューは私の好物カンジャタンでした^^

コメント (4)

チングのソウル旅行3日目

2014-08-19 01:22:18 | 市内見物

7月23日、チングのソウル滞在2日目の続きです。(以下写真を撮っていなくて文章だけです。

見ずらくてすみません)

 

仁寺洞(インサドン)でパッピンスをいただいてお喋りしていたら既に夕食タイムに

なっていました。今日は既に重い食事をお昼にとっているので夕食は悩まず

ホテル近くのビビンパプ屋さん、全州会館にしました。ソウルにリピートし始めた

初期の頃よく通ったお店です。

ここのお勧めはおいしいパジョンがある事でした。暫く行って無かったので、味が

変わっていたらどうしようと若干不安でしたが、まずまずでした多分美味しいと思うの

ですが、最近は韓国へ来てもとくに食べたい韓国料理が思い浮かびません。それは多分下宿の毎日

ご飯で充足しているからではないかと思います。韓国料理はしょっちゅう食べるようになってみれば

宮中料理や上等な韓牛焼肉を除けば決して特別な料理ではなく、一つ一つは毎日お母さんが作って

くれる家庭料理や、その延長上にある素朴な料理と云えると思います。ならば○○の美味しいお店も

いいですが、料理上手なオンマがいれば敢えて外食したい気持ちは起き無いだろうと思います。

私はセスクさんが毎日食べさせてくれるご飯に充分満足しています。

ビビンパプの中に既に数十種類の食材が入っていますが、パンチャンも数種類

キムチも無論ついてきます。それらも相変わらず美味しかったです。毎日30種類

以上の食品を採るようにと云う健康のバロメーターは、韓国では一食でクリアー

出来てしまいます。

 

夕食も無事終え、明日の事を考えていたら帰国日なので午前中に行ける(できる)

ことを考えると余り動けなさそう・・・。3日間で見たのが博物館と展覧会一つ、それに

北村を歩いただけではチングに申し訳ないと・・・北村(韓屋)繋がりで、南山韓屋

マウルにこれから行ったらどうかと思いつきました。

 

南山韓屋マウルは明洞の隣、忠武路(チュンムロ)にありますから、歩いても

行けます。チングに話す行ってみたいとのことで、午後8時を過ぎ日の暮れるのが

遅いソウルも、さすがに暗闇が広がり始めていましたが出かけて見ました。門が

閉まっていればアウトですが、幸いに開いていました。イベントや小さな公演が

出来る広~い庭園(広場)、その奥に又ちょっとした広場があり、その奥にやっと

市内あちこちから移築された元王族の旧居などが何棟かあります。

 

傘が必要になり始めた雨の中急ぎ足で見学。予想していたとはいえ、イベントの

実施が何もない平日のしかも夜の見学は、ただ行ってみただけのものですが、

チングは面白がってくれたかしら?(ちょっと評価が怖くて聞いていません^^;)

 

明けて7月24日、3日目です。案内しようと検討した事のうちハンガンクルーズが

残っていて、行けるどうか検討してみましたが、ちょっと無理そうでした。と云う

のもハンガンクルーズの開始時間は平日は11時過ぎ位からしかありません。

フライトは午後3時半とゆっくり目でしたが、荷物をホテルに預けて出かけるので

それをピックアップし空港へ向かうことを考えると、時間的に少し無理そうでした。

 

結局3日目は、ホテル前の道(テゲ路)を南大門市場へ向かい、市場の中を見

ながら、昼食に選んだナンボ麺屋近くの食堂何てことないお店ですが、前日タッカンマリ

のお店へ行く時、実はタッカンマリのお店の近所の食堂の店先で焼かれていた魚がとても美味しそうで

じゃ明日は、ここまでは来れないけれど明洞の近くで焼き魚定食を食べたことがあるのでそこに

行きましょうと決めていたのでしたでお昼をとりました。

前日の焼き魚はとても美味しそうでしたが、この日のお魚は今一つでソウルで

とる最後の食事と云う事を考えると、随分チングに申し訳なかったと反省しています。

やはりちょっと準備不足でした!

それでもチングは私を気遣い喜んで帰ってくれたので、私も‘次回こそ’と気持ちを

すぐ切り替えることができました。3度目は地方へも行きましょうね^^

コメント (2)