心の中のBYJと共に!

ようこそ老年期をまっしぐらに進行中、ハルの韓国旅行時々国内旅行の記録です。

最後の日はショッピングデ-、というより買い出し!?

2016-10-31 06:54:43 | ショッピング
今仁川に向かう電車の中です。25日出発の31日帰国足掛け一週間の旅行ですが、中二日間のソウルチングとの旅行や到着日帰国日を除くと、ソウルは実質三日間だけでした(ああかえりたくないよ~)。

おまけに最終日の昨日は一日ショッピング、京東市場を皮切りにチュンブ市場をハシゴ、買ったものは食料ばかり^^;たくさんの荷物を抱えた自分の姿をひょっとしてこれは・・・私自身は経験はありませが、戦中戦後の買い出しスタイルではないかと、一人ごちて笑ってしまいました^^
コメント (6)

ソウルプンムルシジャン(蚤の市)でGパンを調達

2016-05-05 21:06:35 | ショッピング
昨日・一昨日と2日間下宿に籠っていたら、風邪は悪化することなく
体も楽になりました。ご心配いただきありがとうございました。また
少しずつ書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

今日は、久々一人歩きがしたくて出かけてきました。近々慶尚北洞
永川(ヨンチョン)市のチングと合流し2・3泊の旅に出ますので、その
時に身の回り品を入れるリュックと、日本から持参して穿いていたGパン
が裂けてしまったのでGパンを、先日ポジャギチングにつれて行って
もらって、面白かったプンムルシジャンで調達できないものかと~~。

東廟前は今日も大賑わい!








一番人だかりが凄いのは、何といっても洋服の山の周りです。
皆真剣な眼で物色、座り込んで選ぶ真剣なところをを写せないものか
とシャッターチャンスを狙ったら、お店のアジョシ(小父さん)にクレーム
をいただいてしまい撮れませんでした。

さて何軒もやり過ごし、左程古くなさそうな物を並べていた露天で、
目的のGパンをゲットしました。気に入ったものはどう見てもサイズが
小さいのであきらめて、そこのアジョシに合いそうなものをだして
もらいました。大きさの見分け方が面白いかったので、是非アップしなく
ちゃと思ったのですが、ご存じだったでしょうか?首の太さはウエストの
半分の様です。

私がズボンを腰に当て、入りそうかどうか盛んにいじっていると、そんな
やり方じゃ駄目だと、取り上げウエストの両端を両方の指でつまみ、首周り
にぐるっと回してみてくれました。端と端が首の前で出会いました。

丁度その近くにあった修理やさんで、すそ上げもしてもらってGパン無事
ゲットです。リュックは、中古の物はたくさん出ていましたが、見ようと
触っていると、埃で手が真っ黒になるようなものが多く、中古品は止めて
未使用品で選んできました。修理代3000ウォン含めて計45000ウォン(約
4000円強)也でした。





コメント (6)

骨董街長漢坪からチョンダムドンのカフェ・ミエルへ

2015-09-11 23:41:56 | ショッピング

ご訪問ありがとうございます。昨日から台風関連の局所的豪雨による被害で

大変なことになって居ますが、皆様のお住まいは大丈夫だったでしょうか?

被災された方々に、一日も早い落ち着いた日々が戻りますように、ささやかながら

心の中で祈りつつ・・・・

 

こんなときに安穏とブログなんぞ・・・という気持ちもあり、昨日は一晩悩みましたが

とにかく、一通りこの旅を終わらせなくてはと思いまして・・・書き続けさせていただきます。

 

 

5月26日移動2日目です。朝はのんびりコーヒーを飲みながら

一日の予定を考えます。今居る東大門区新設洞(シンソルドン)は

ソウルでも中心より若干東寄りに位置するところです。

 

骨董品店が集中している長漢坪はここから近いはずなので、インサドンで

見つけた棚に似たものが無いか探しに行ってみようと思います。

時間があれば、先週見つけられなかったカフェ・ミエルにも行ってみようと

出かける前に、まずスマホで検索です・・・

 

さあでかけようとホテルの玄関を出たところで、ランチビュッフェの大きな宣伝幕が~

ホテルのレストランにしては割安感のあるお値段です。時間は11時をとうに過ぎて

お腹もすいていましたので食べてから出かけることにしました^^

好きなもの、触手が動くものを盛って行ったら、こんな変な取り合わせになりました^^;

↑ のプレート+丼にご飯を少しと、お刺身があったのでフェ(刺身)ビビンバにしよう

と色々な生野菜と盛り合わせ、コチュジャンも入れて混ぜ混ぜしてみたのですが・・・

特別おいしくも何ともなく、期待はずれでした。フェビビンバをおいしくするには、何か

工夫なりコツがあるのでしょうか?

 

長漢坪の骨董街では、スマホに撮った映像を見せながら、似たものを探しましたが、

似たものどころか、‘オンギワ ナン’のご主人に聞いた문갑(ムンガプー文箱)という

名前も、ここでは수한(スハンー手翰)だと云われて、一体何なんだろうと余計に

分からなくなってしまいました。

 

目的の物は見つかりませんでしたが、ちょっとしたものを置く台代わりにもなる

レプリカを記念に購入しました。送料が5・6千円かかると聞いて躊躇しましたが

お店に入って行った時、私が日本人らしいのを知って、日本語のできるらしい

別なお店のご主人を呼んできて、丁寧に応対してくださったり(会話練習ができる

から韓国語でいいのに・・・^^;)、買うのかどうかもわからない、根ほり葉ほりうるさく

聞く客に、面倒がらずに答えてくれて・・・そんな様子が気に行って、お財布の紐が

緩んでしまいました。

 

他に見たいものはないので、何棟もある骨董街の1棟分のお店を覗いただけで

ショッピングは、お終いにすることにしました。お店は踏十里(タプシンニ)駅と

長漢坪駅の間にあるようなので、帰りは踏十里駅に出ることにしました。

踏十里駅への道を歩いてみて分かったのですが、以前やはりチョガッポやお膳

などを見に、踏十里の骨董街に行ったことがあるのですが、踏十里だと思って

入ったのは、今日行った長漢坪だったようです^^;

 

ガイドブックを持たずに動いていると、良くこんなことがありますが、最初のうちは

そのつもりはなく、うっかり忘れての失敗でしたから、本気で落ち込みましたが、

今や韓国では、失敗を恐れず楽しもうと、敢えてガイドブック無しで歩いて居ます^^

 

次は清潭洞(チョンダムドン)のカフェ・ミエルです。清潭洞方面へ行く時今まで

なら、まずは地下鉄3号線で狎鴎亭(アックジョン)を目指していました。

狎鴎亭駅から清潭洞へは結構歩くので、疲れている時や時間のない時などは

タクシー利用になることが多いです。

 

でも先週来た時に、ギャラリアデパートの前に、新しい駅が出来ているのを発見

しました。

その路線(盆唐線ーブンダンソン)は踏十里駅からは、2つ目の往十里(ワンシン

ニ)が始発で、漢江を渡るまでに一駅、そして渡ったらすぐギャラリアのある狎鴎

亭ロデオ駅ですから、とても時間短縮になりました^^

 

ギャラリアの反対側を、ヨンドン大橋方面へ向かって2つ目の道を、右に曲がり

直進し3つ目の道を左へ曲がって、少し行くと小さな公園の手前にありました!

ドアの上に小さくMIEL、ぱっと見ただけでは、ここにカフェがあるとは思わず

通り過ぎそうです^^;

ドアを開け中へ入り、何年も前にネットで1・2度見ただけの、ここで本の出版に

関する打ち合わせをした時の彼が座った場所を、一瞬想像してみます。

多分奥の方のゆったりソファのほうかなと思うものの、ここまで来ても、スターが

座った同じ席がいいとは言いだせず(こんな時ヨンチングと一緒だったら、軽い

ノリで言えるのに、残念!)公園に近い窓のほうに座りました^^;

 

オーダーは、今朝出がけの検索で今年開始のメニューでお店の一押しだと

いうダッチベイビー(ドイツ式パンケーキ)W16000とアイスコーヒーW12100

凄~~いボリュームでした!残るところ3分の1位まで頑張ったんですが・・・

おいしいものは残さない主義の私も、もちもちが持ち味の生地の弾力に

顎が降参でした。

   お店から見た公園(真ん中にカラフルな滑り台、近所には子供たちも多いのかな)

 

                公園から見たカフェ・ミエル

店内も外観も中々良いです。ゴリラキッチンが無い今、カンナムでお茶する

場所が無くて足が遠のいていましたが、今後はカンナムでお茶したい時は

ここへ来ようと思います。

コメント

高級デパートのウィンドウショッピングと南大門市場

2015-06-26 15:43:00 | ショッピング

5日目の午後、カフェでは食後おしゃべりをする人、PCに向かう人

先生は食休みのお昼寝と思い思いに憩っているなかマルダさんは

やはり歌の好きな男性とハモッって、美しい喉を聞かせてくれています。

 

そんなカフェを後にして、今日も明洞方面へ向かいます。まずは映画館で

上映中のチラシを集め、お二人と見られそうな映画があるか探します。

2号線ウルチロイプクで降りロッテシネマに寄りましたが、上映中の韓国映画は

チュ・ジフンの「奸臣」のみ、これはちょっと一緒に見るには向かなさそう・・・。

月末にはチョン・ドヨン、キム・ナムギル主演作があるようですが・・・

今一つピンとくるものがありません。

 

新世界デパート、ロッテとともに明洞にあるデパートです。デパートというと

日本でも高級なイメージがありますが、韓国では超を付けたくなるほどに

他との差が歴然としています。当然ながらお値段も超高価でしょう(一部の

商品しか見ていませんので予断です^^;)。

 

1階からエスカレーターで各階を見ながら登って行きました。

鞄がありそうな階で降りて物色するのですが、なかなか思うような物が

ありません。一泊旅行に必要な身の回り品に十分な大きさと持ち歩いて

疲れない重量が一番重要な条件です。素材が良いなと思えば大きさが合わず

デザインが気に入れば、価格が・・・。それにどうしても鞄より洋服に目が奪われます^^

 

朝晩がまだ結構涼しいので、到着以来手ごろなジャケットがあれば

欲しいと思っていましたが、お値段が高級過ぎて、出るのはため息ばかり

1・2の売り場を見た後、ジャケットは無論のこと、鞄も物色を断念!

 

こうなると頼みは市場です。デパートから歩いて数分のところに

南大門市場があります。デパート新館と旧館の間の道を少し進むと

もういつの間にか南大門市場の地域内に入っています。そして、偶然でしたが

一番デパート寄りが、鞄類の商店街でした。

 

間口一間・奥行き2間程の狭い場所に壁から天井隙間なくぎっしり

鞄が下がっています。お店の前に立ち止まり商品に目を向けるだけで

「ムォル チャジュセヨ(何を お探しですか)?」と声を掛けてきます。

希望を言うと、小型のボストンバックを幾つか出してくれました。

 

デパートで見ていた額に比べれば安いですが、まだそれなりの額です(ブランド

物に似せて作ったものかもしれません)。ボストンバッグが欲しいわけではないので

パスです。お店を見まわして手ごろなものを見つけました。

1泊には大きすぎますが、帰国時荷物が増えた時に重宝しそうです。2000ウォンの

おまけをしてもらって良い買い物をした気分で帰りました。

いっぱい入ることと丈夫そうなところが気に入りましたが・・・어때요(オッテヨーどうでしょう)?

 

カフェに戻るとマルダさんはお出かけで、先生と最近カフェに日参して二人と共に

過ごしている日本の青年シン君がいました。夕食は先生がカルグクスを奢るからと

初日とはまた別なカルグクス専門店に行きました。方向的には11月に連れて行って

いただいた高陽市のあたりです。前の地域も周りは同じようなお店が並んでいましたが

今度のところも、近所はカルグクスのお店ばかりのようです。

 

大きなステンレス製の鉢に山盛りの細麺、冷たいつゆをかけて触感も味も

日本のそうめんそのものでした。違うのは麺もつゆもおかわり自由で、残ったら

持ち帰りもできるところです。不思議な国です、韓国って!

 

 

コメント

有馬温泉とそのついでに行く京都の旅(その8)

2015-02-07 12:20:43 | ショッピング

           東寺の初弘法

ゆっくり書いていたらNO8だというのに、やっと2日目の朝です。

旅を終えて既に2週間、どんどん記憶が曖昧になりつつあります。

頼りの写真は、この後はあまり写していないので、無事最後までご報告できるか

不安ですが・・・、今しばらくお付き合いください^^

 

2日目の朝は楽しみにしていた東寺の初弘法です。

弘法大師空海の命日に合わせて毎月21日には境内に縁日がたちます。

骨董を始め食品、古着、手作り小物、植木等様々なお店が出店されます。

その数は1200とも1400とも・・・。開始は朝の5時とありますが・・・

7時くらいに起きて、9時前に現地に着けばいいかなという感じで準備しました。

 

朝ご飯は昨夜近鉄の都道で購入しておいた、お握りとお惣菜詰め合わせプラス

最近ウリナムピョンお気に入りのインスタントシジミ入りワカメスープ(秋のソウル

旅にも持参)オルニチンだかが取れるのがいいそうです^^

 

ホテルから東寺までは歩いても10分程度ですが・・・・2年前に行った時は

駅から歩いて意外に長く感じたので、今日は近鉄で一駅、電車で向かいます。

どう行っても塔が見えていますから、道に迷うことはありません^^;

 

何時に出発したかは忘れましたが、予定した通りに9時前に東寺駅到着。

まだそれほど人出は多くありませんが、それなりの人数が下車しました。

みなさん東寺に行くんだろうなと、流れに従って付いて行くと、やはり駅を出ると

右へ向かわれます。真っ直ぐ進めば東寺南大門前に出ます。

門前の歩道にも露店がずらり並んでいます。

 

露天につられるように、そのまま南大門の方へ進んでしまって^^;

帰りに気付いたのですが、この日は通行規制がされていて、東門から入場するように

なっていました。ところが浮かれていたんでしょうね!

露店を覗きながらまっすぐ進んでしまいました^^;

 

入り口(出口)を入ってすぐ門のところでは、近郊の農家の人の手作りでしょうか

割り干し大根やら昔懐かしい霰が売られています。

霰はその昔、暮れの母の実家の餅つきで、祖母が私達孫の為に必ず作ってくれた

冬の定番おやつでした。昔を偲んで2種類購入。

霰も大根も飛ぶように売れていきます。無くなる前にと焦りました。

 

さらに少し行くと京都の漬物すぐきが樽ごと持ちこまれています。

細かく刻んでお醤油を回し、炊きたてご飯で食べた仄かな酸味が思い出されます^^

今日帰宅するのであれば買いたいところですが・・・

残念ですが、今回はお預けです。

 

お八つは買いましたし、いよいよ今日の本命、古い陶器類を置いているお店

中心に覗いて行きます。すると後になり先になり、何となく歩調があって

立ち寄る先々で、出会う一団の人々がいます。

 

講師然とした人の解説を聞きながら、骨董店巡りをしているらしい殆どおばさまと

稀に若干若そうな人たち。弘法 ツアーとでも云うんでしょうか?

縁日巡りは人気ツアーでもあるようです。

趣味を同じくする人同士のツアーは、当の人々は楽しそうですが、傍目には

ちょっと避けたい存在です。 

 

有田の少し古い蓋付きご飯茶わんセットや、朝鮮のものらしい姿の美しい壺の

幾つかに、ほんの若干目を惹かれましたが、手にとって見るほどの気は・・・

今回は見学だけで終わりそうだなと、出口方面へ向かおうとして、まだ寄って無かった

お店に気付き、引き寄せられるように入ると・・・何気に目を吸い寄せられた

2つの茶碗がありました。

 

2つとも井戸茶碗のようです。触っても良いか尋ねて、眺めていると

「いいでしょう!」とお店の人。抑揚に違和感があるので韓国の人のようです。

これが井戸茶碗らしき事はわかりますが、どういいか素人の私にはわかりません。

 

「오떻게 좋은데요(どういいのですか)?」と聞いてみると

「井戸茶碗ですよ!」とだけ。・・・・それは分かるんだけどな・・・

井戸茶碗として、この茶碗自体がどう良いのかを知りたかったんですが

 

こういうものを買い慣れていない私には、それ以上に会話を発展させる術がありません。

お値段を聞いてみますと、両方とも用意してきた範囲内です。

これが良い買い物になるかどうか、迷うところですが

日ごろから人は無論のこと物にも、出会いには縁があるという風に感じています。

2つのうちお安い方を購入することにしました。

 

買わなかった方の写真を撮りたいというと、どうぞと言っていただいたので・・・

                  井戸茶碗

 

無事、買い物を終えてそろそろ帰ろうと出口に向かっていた時面白いものを

見つけました。黒くて可愛いです^^

 

              棕櫚の葉のたわし

たわしというと通常、もっと明るい茶色いです。それに比べ随分黒いです。

不思議そうに眺めていると、たわしというのは本来棕櫚で作っていたのが、材料不足で

椰子の葉で作るようになったと教えてくださいました。椰子に比べ丈夫で繊維が抜ける

こともないそうです。一つ購入。

 

お休み処で小川コ―ヒ―の幟が見えたので一休みして・・・

帰る頃には人出は、来る時の比でなく境内も門前の歩道もごった返していました。

日本人ばかりか外国人にも人気のようで、国籍を問わずかなりの人たちが

楽しんダようです^^

 

 

≪初弘法で購入したものたち≫

              割り干し大根

 

                  束子と霰

                    井戸茶碗

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

 

 

コメント (2)