心の中のBYJと共に!

ようこそ老年期をまっしぐらに進行中、ハルの韓国旅行時々国内旅行の記録です。

ソジチョガットルのハルモニ

2018-10-22 21:24:07 | 私のハナヨ旅
又々随分と間をあけてしまいました。お待たせして本当に申し訳ありません
でした<(__)>

雪嶽山旅行、お昼を頂きに寄ったソジチョガットルで中断していましたが、
このソジチョガットルには、会えばきっと誰もがまるで自分の田舎のおばあ
ちゃんに久々会った時のような気持ちになれそうなハルモニがいらっしゃい
ました。





ソジチョガットルは江原道江陵にある韓食レストランで、古くにこの地方で
田植えなどで人手を集めた時に振る舞われたお膳を伝統として今に伝えてい
ます。
ペ・ヨンジュンはこの伝統食を著書に掲載する為に取材に訪れ、ハルモニに
会うことになったわけです。

嫁いで70年を超える年月の間たった三度しか外出したことがないハルモニ、
訪問の時点でハルモニがペ・ヨンジュンを知っていたかどうかは分かりません
が、突如我が家に舞い降りた美しい青年に、きっとハルモニの心も浮き立った
ことでしょう。最初で最後のたった一度の旅行先に選んだ済州道に行ってきた
経験を、不思議な思いとときめきをこめ、几帳面、かつ正確に綴った日記を
取り出して来て、一文字一文字しっかり読んで聞かせてくれたそうです。

この時の印象を彼は「心地よいリズムに乗って低めのトーンが安らぎを与えてくれ
まるで母方の祖母に膝枕をしてもらって聞いているようだった。おばあさんの話す
声を聞けば、誰でもきっと気持ちが穏やかになるだろう」と言っています。

また「長い歳月の間、もどかしさや退屈さに打ち克ってきた忍耐にも驚いたが、
それにもかかわらず、一点の陰りもなく、鮮やかに書き下ろした文章はとても純粋
だった」とも。

その力となったものもペヨンジュンはしっかり発見していました。
ハルモニの箪笥の中をはじめ、毎日手の届く所帯道具のあちこちに、嫁いで来る時
お父様が、肝に銘じなければ心構えや身持ちを一つ一つ紙に書いてくださったものを
貼って日々の規範とされていたらしいのです。「おばあさんの純粋で清らかな
お人柄の背景には、娘に対する父の愛が大きな役割を果たしていたのだろう」と
記しています。


ハルモニは初訪問の2011年7月にはまだお元気で、お昼をお店のスタッフさん達と
ご一緒されるらしく、住居からお店の方へ出向いていらっしゃいました。
丁度食事を終えた私がハルモニについてお尋ねしたタイミングと重なり、会って
いらっしゃいと快く勧めていただいたのに便乗する幸運を得たのでした^^

その後は足が痛いとお店に出向かれることはないようでしたが、母屋でご息災で
いらっしゃる旨をお聞きして、安堵の胸をなでおろしていました。
が7年目の今年、お暇間際のお支払いのついでに「ハルモニはお元気ですか?」と
問うと・・・・

お亡くなりになったとの返事!
詳しく話を聞こうと思ううちに、席を立つ前に電話をかけていただいて呼んでいた
タクシーが丁度来てしまい、亡くなられたのが今年とだけ聞いてそそくさと
ソジチョガットルを後にしなければなりませんでした。

でもお父様の愛に包まれて人生を全うされ、きっと安らかに往生されたことと
信じます。合掌
コメント (2)

2泊3日の雪嶽山旅行NO2ー江陵のお昼は5度目のソジチョガットル

2018-09-27 17:14:28 | 2018年夏のソウル生活
7月9日、雪嶽山旅行の続きです。KTX京江線は江陵が終点です。雪嶽山へ行くに
は市外バスでまず束草へ行き、それから市内バスにのりかえねばなりません。でも
束草へ向かう前に、江陵へ来たからには何をおいてもまずソジチョガットルへ寄ら
ずにはいられません。2月にはパスしたのでこの日のお昼はそこと決めていました。

ウリナムピョンは初江陵ですからソジチョガットルも初めてです。
その昔、田植えに手伝いに来てくれる人びとに充分にご馳走したいと、普段の生活
はとことん始末して振舞われたというチルサン、一つ一つは素朴な家庭料理が大き
なお膳いっぱいに並び、見ているだけで嬉しい気持ちになります。
そこはウリナムピョンを是非案内したい所でした。

ソジチョガットルへは市内バスで行こうと、インフォメーションで何番に乗るか、
教えていただき結構長い間バス停で待ったのですが、下宿を出発する時、曇ってい
た空は、江陵に着くとシトシト降り出し、バスを待つ間にドンドン雨脚が強くなっ
て先を急ぐ気も増していきました。結局どれ程待ったか覚えていません、ひょっと
したら時間的にはそれ程長くはなかったかもしれませんがタクシー🚖で行く事に
しました。

小高い山に囲まれた谷あいの緑の田ンボの向こうに草葺き屋根が見え、到着して
みると、初めて訪れた時より一層生い茂った庭木と共にどっしり懐かしいソジチ
ョガットルです。雨のためにアタフタと感慨に浸る間も無く中へ入ります。田舎の
おばあちゃんの家に到着し、縁先の敷石から上がるような感じで靴を脱ぎ店内に
入り、勧められた席に着き眺めると、今日も程々の入り、団体客はなく家族連れ
友人知人連れの客たちのリラックスした幸せそうな姿が目に入ってきました。

コメント (2)

2泊3日の雪嶽山旅行NO1

2018-09-22 16:32:31 | 2018年夏のソウル生活
今回の滞在では市内観光はほぼ諦めていましたが、出来れば2度程地方へ
行かれたらと思い、取り敢えず最初の予定は雪嶽山、出発は2週目の9日、
2泊3日で宿泊はケンジントンスターホテルを日本から予約していました。

交通は私的には雪嶽山のふもとである束草まで直行でき、経済的でもある
高速バス利用が◯なのですが、狭い場所に長い時間座ったきりはきついと
いう連れ合いの為に鉄道にしました。
切符は前日にソウル駅迄出向き早くもなく遅くもない10時発の特室を奮発。
日本のグリーン車にあたる特室選択は、交通費の安い韓国でだけするささ
やかな贅沢です^^

満を持しての地方旅行、夜が明けてみたらまさかの曇天!
豪雨による被害が惨憺たる日本をしりめに韓国では一週間ピーカンの晴天が
続いたというのに〜。何と間の悪い私!でも、まあ3日あるからそのうち
晴れるでしょう!?

2月に開催された冬季オリンピックの為に開通したKTX京江線、ソウル駅
から江陵駅までは約2時間、7年前に中央線の夜行で江陵から戻った6時間
とは雲泥の差、快適な旅でした。





車内では以前慶州へ行った時同様お八つとお水のサービスがありました^^
(既に封を切って食べ始めていますね↓イヤシンボでお恥ずかしい^^;)





コメント

ひょんな事から韓医院体験

2018-09-13 00:46:52 | 2018年夏のソウル生活
7月6日(金)はチングの案内で韓医院に行きました。事の起こりは前日の
ポジャギ教室を途中で抜け出し、チングと地上のカフェへ向かおうと階
段を上り始めた時のことです。
どういうわけか安国駅の地下一階から地上に出るのにエスカレーターや
エレベータがどこにもありません。どこかの私企業のビルに向かうエス
カレーターが一基だけあるにはあるのですが、いつ通っても運転されて
いず止まったままです。
やむなく階段をあがるのですが、一歩一歩踏みしめる膝に嫌な感覚が〜。
歩けないほどではないのですが、ジワっと痛くその後はずっと膝を意識
しながら歩かなければなりませんでした。

時折こんな症状が出ることを話すと、チングが自分がいつも行く韓医院
で鍼治療を受けたらどうかと勧めてくれました。
鍼治療は日本で経験があり、効いた時と効かなかった時とがあり、経験
的に医師と患者の相性によると信じているので、韓国で私に合う医師が
見つけられたら、それもまた良いかもと勧めにのって、受診してみる事
にしました。良い先生なら腰痛持ちのウリナムピョンにも勧めたいし〜〜

韓医院は、チングが日中を過ごすご長女の自宅近所のムアクジェ駅近く。
駅で10時に待ち合わせ、すぐ向かいました。
受付でチングが日本の旅行者で、膝の鍼治療を受けたいのだと話して
くれると、保険がないから高額になるとだけ注意を受け、受信者リスト
を作るためだと言われパスポートを提出し、程なく診察室へ。
問診を受け、膝と共に腰に溜まっていた疲労感の 解消もお願いしました。

横になっていたので何の器械かわからないのですが、温かくなる装置を
装着してしばらく経ってから鍼を打ち、鍼の後はまた最初の装置を着け
全体で小一時間程かかりました。料金は高いと言われた割には、同様に
保健のきかない日本で鍼治療を受けるよりは随分お安かった思います。
翌日も夫を連れ出すのに成功し、2日続けて受けましたが、2日目は更に
少しお安くなりました。効果はある様な気がしたのですが、劇的な好転
は無かったことと夫が、自分の腰は鍼で治る様なものではないから一度
で充分だというので、2度で終了としました。

6日のランチはチングと仁王市場の中にある食堂で焼魚定食でした。
ここは市場にある魚を仕入れて使うから美味しいのよ!とチング一押し
の定食屋さん、翌日も夫を案内して大好きな太刀魚の煮付けを食べに
行きました。




パンチャンのうち初めて食べて気に入った青唐辛子のチャンアチ


この時期どんな食堂も必ずと言っていい程青々とした生の青唐辛子が
パンチャンに出てきますが、ここは生でなく味噌とお酢メインの漬け
だれで漬けてあり、辛味が抜けて美味しかったです。2日目にはパン
チャンに付かなかったので、辛味が苦手で生青唐に手が出ないウリナム
ピョンに是非食べさせてみたかった私、お店のご主人に無理を願いして
しまいました^^;
コメント

火・木はポジャギ教室通い

2018-09-06 06:05:34 | 2018年夏のソウル生活
今回のソウル生活では週に2回ポジャギ教室に通う事にしました。
ご挨拶に伺った3日が火曜日だったので、基本火・木に通います。

工房は地下鉄3号線安国駅地下街にあり、朝10頃から夜8時頃まで
の先生が滞在される時間なら、何時に伺っても良いし、何時間居
ても良いようです。受講料は月謝制と一作品作るたびに材料費と
受講料がセットになった費用を支払う方法の2種類から選べます。
後者は旅行中に単発的に習いに来る人が選ぶだろうと思います。
月謝制の人は、作るものを決めてからその都度別途材料費を払います。

この工房では韓国の女性が代々家の奥の間で精を出した針仕事全般を
教えています。それらの内で私が関心を持っているのは韓国式パッチ
ワークとでもいうのでしょうか、韓服などを作った後の余り布などを
大切に保存しておいて、色の組み合わせやはぎ合わせを工夫して作る
チョガッポというものです。

チョガッポは一定の事を覚えてしまえば、教えていただく事は特に
ないので一人でもできそうですが、先生の作品に触れたり、先生が
他の受講生達と交わす軽妙な会話のやり取りは、聞いているだけで
楽しいものです。但し話される内容は、ソウル言葉なので概ね分か
るのですが、テンポの早い会話は聞いてるだけなのが残念!会話の
やり取りに参加できたら大分実力が付くと思うのですが・・・

今回の作品は工房にあった雑誌を参考に、簡略化したものにしました。

参考にした作品


お手本は長さ180センチの3連ですが、1ヶ月間で完成させることを
考えて長さは120センチの1連だけにしました。



コメント (2)