猫のキキとヒゲおじさんのあんじゃあない毎日

『あんじゃあない』って、心配ない、大丈夫っていう群馬の言葉、いい歳こいたキキとおヒゲのどうってことない前橋の暮らしです

太陽の鐘の下に生えてきた棘のある花の植物はsandburというアメリカで駆除対象とされているvery troublesomeな植物のようです…

2018-07-06 06:30:29 | あんじゃあない毎日

7月2日に太陽の鐘に調べてくれって頼まれたこの植物、結構大変な代物のようなんです。
鋭い棘があります。皮膚に触れると立派なひっかき傷ができます。指で触れたりするとしっかり刺さります。
初めて見た植物なので、図鑑で調べたり、ネットで検索したり、あれこれしたのですが手掛かりがないんです。
それで、ブログとFBに写真をアップして皆さんの協力を求めたんです。

 そしたら、FBの友だちのHさんから、アメリカの除草剤の会社のHPに掲載されているのが見つかったと知らせが届きました。
Hさんの情報を手掛かりにさらに調べてたら、NC State University のサイトにも載って居るのが見つかりました。アメリカで駆除が問題となっている植物だったのです。
その名は、Sandbur あるいは、Sandburi と呼ばれているもののようです。

そこで、太陽の鐘のあるところを管理している前橋市役所の公園緑地課へ次のメールを送りなんとかしてくださいとお願いしたんです。

 公園緑地課 太陽の鐘 担当者様

前橋市城東町4丁目の佐藤恭一と言います。
太陽の鐘の大ファンで、週に5回は訪ねています。

それで、最近少し気になるものを見っけました。
添付した写真の植物です。太陽の鐘の下流側の盛り土部の木の根方に生息しています。
植物図鑑を検索しても見つからない、初めて見る植物です。

ブログとFBにアップして友人たちに正体を調べてもらうよう要請しました。
ブログ  猫のキキとヒゲおじさんのあんじゃあない毎日 7月3日
      https://blog.goo.ne.jp/nabewari1300akagixc/e/e3e25bfa78d3746379502bbcc681ec96
FB    佐藤恭一 7月3日
      https://www.facebook.com/kyouichi.satoh/posts/1772036566241937

 そうしたら、FBに次のコメントがきました。

太陽の鐘の下で咲いている花ですが、見たことありません。
きっと外来種と思い、調べて見たのですが、下記等の除草剤メーカーのHPにある、
https://www.solutionsstores.com/sandbur-control
“Sandbur”(あるいは“Sandburr”,“Sand burr”,)と呼ばれている雑草に近いなと思われました。
それは、アメリカへの外来種のようです。芝生の間に生えているようで、日本にも侵入したのかもしれません。
さらに調べるとオーストラリアの下記サイトで、
http://weeds.dpi.nsw.gov.au/Weeds/Details/130
Spiny burrgrass - spinifex (Cenchrus spinifex)
として紹介されているのにも近いと思われました。

 紹介されているアメリカの除草剤メーカーの「
How to Remove Sandbur From Your Lawn」という記事を読むと、
結構大変げな駆除対象の植物のようです。

 更に探しましたところ、こういうサイトが見つかりました。
http://turfid.ncsu.edu/csPagedPdField.aspx?PlantID=CCHIN

「Sandbur can be a very troublesome weed in warm-season turf species. It is easily identified by the seedhead, which is a spike of tiny burs that can hurt when touched. This weed thrives in sandy soils, but can be controlled with certain herbicides when in the seedling stage. 」と記述されています。アメリカでは問題とされている植物のようです。

ということで、大好きな太陽の鐘と一緒に暮らすのにあまり適当な植物とは思えません。

ぜひ、当該植物を専門的に調査され、施工業者や専門家の意見もお聞きになられ、善処されることを希望します。
くれぐれもよろしくお願いします。

 

  アメリカのノースカロライナ州立大学で『very troublesome 』とされている植物なんです。太陽の鐘に似合わないです。
それに、どうしてこの場所に持ち込まれたのかが大問題です。環境省の侵略的外来植物のリストにまだ掲載されていない植物なんです。

前橋市公園緑地課の皆さんの叡智に期待します。
それがだめだと、公園内の植物を勝手にいじくりまわすのは「不法行為」に該当すると思いますけれど、私が駆除しなくてはならないかもしれません。

太陽の鐘には、公園緑地課の返事を待って報告しに行きます。

 

  昨日は、七夕まつりが始まったというのに雨降りでした。
それと、Aさんが山で採ったフキをいっぱい届けてくれたんです。1.3㎏ほどありました。これを何とかしなくてはならなかったんです。一度にゆでられないので、三度に分けてゆでて、水に晒して皮むきです。せっせせっせです。細いヤマブキですから手間がすごいです。

皮を引き終わったヤマブキです。何本あるのかな…

 下処理のすんだヤマブキは、3㎝ほどの長さに切って、水に浸しておきます。
それと、フキと一緒に炊く乾し椎茸と昆布を水で戻しておきます。煮るのは夕方からの作業です。

 昼食はOさんが菜園で作って届けてくれた小松菜のスパゲッティーです。神津牧場のゴーダチーズに付き合ってもらいました。新鮮でおいしい小松菜でした。ごちそうさまです。
そうそう、タマネギもマリ子さんちの菜園からのいただきものです。

そしたら、ちょいと雨がやんだんです。しめたってんで自転車で出たんですけど、慌ててたんでカメラを忘れてしまいました。写真なしです。
太陽の鐘と立ち話して、用事をすませて、それから岩神町の養田鮮魚店で魚を買って、焙煎館でコーヒーマメを買って…
帰りは少々濡れて帰ってきました。

 

ユキ子さんの両親の夕食のおかずです。手前はマグロの漬け、鯛の酢〆、それと甘エビの刺身の盛り合わせです。向こうは、ヤマブキの青煮、小イカの煮物、それとエゴマの葉の醤油漬けを載せた豆腐です。

 届けるときも霧雨が降っていました。前を行くみずき中学校の生徒はちゃんとレインコートを着てました。私は近くですんで濡れながらでした。
広東橋から見る広瀬川も霧雨に霞んでいました。

 

   わが家の夕食も同じです。小いかの煮物、柔らかくておいしかったです。
というわけで、タマネギは昼食で使ったので、夕食にはいませんでした。

  夕食の支度を始める前から煮はじめたヤマブキは、夕食後の片づけを終わったころに煮あがりました。甘口のキャラぶきの出来上がりです。
試食したら、とてもおいしいです。Aさんありがとうございました。

公園緑地課の皆さんは現場を見てくれたかな、sandburと思われる植物は、太陽の鐘の下に2株生えているんです。見に行ってもよいですが、触れない方がいいです。棘は痛いです。

 

 直派若柳流の若柳糸駒ことユキ子でございます。
祖母の初代若柳吉駒、そして伯母の吉啓、二代目吉駒と昭和12年から続けてまいりました美登利会を引き継がせていただきました。
二代目吉駒の遺志と教えをしっかり守って、一生懸命つとめてまいりますので、よろしくお引き立ていただきますようお願い申し上げます。

4月8日の第75回美登利会の舞台の様子はコチラでご覧になれますす
お稽古場は前橋市城東町四丁目です。詳しくはコチラをご覧ください

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 前橋情報へ←クリックしてください。日本ブログ村の関東地域情報に登録してます。応援してください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 前橋七夕まつりの前日は、パ... | トップ | 前橋七夕まつりの竹飾りをご... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ギブアップです (カズ)
2018-07-07 23:23:54
最初にブログに載った時から4日×2時間くらいかけて、ネット検索してみたのですが、ヒットしませんでした。

途中結果としては、棘のつき方や花(?)の形状からして、SandburやSpiny burrgrassではないと思っています。

見た目だけだと「ミコシガヤ」が似ていたのですが、棘ではなし葉も違うのでこれもはずれでした。

先ほど現物を見に行ってみましたが、あきらかに植えられたものであり、偶然生えてきたとは思えませんでしたので、植樹を行った業者は出どころや植物名を知っているのではないでしょうか?

調査結果を楽しみにしています(^O^)/
不思議な植物 (ヒゲクマ)
2018-07-08 06:52:25
カズさん
日本のサイトでは、農業研究機構の牧草の遺伝子リストに「サンドバー」という名がありましたが、これを除くとサンドバーという名の植物を二本のサイトでは見られないようです。
疑問は、そういう植物がなぜあそこにやって来たのか、鋭い棘を持っている植物が人々の振れやすい場所にいるのかって問題なんです。困ったことです。
Unknown (カズ)
2018-07-08 09:53:36
おはようございます。

英語だけですが、海外のサイトも検索してみましたがダメだったのです。英語圏以外の植物の可能性のほうが断然高いですが、語学力がないので無理でした。

写真で見る以上に鋭い棘で痛かったです(>_<)

コメントを投稿

あんじゃあない毎日」カテゴリの最新記事