猫のキキとヒゲおじさんのあんじゃあない毎日

『あんじゃあない』って、心配ない、大丈夫っていう群馬の言葉、いい歳こいたキキとおヒゲのどうってことない前橋の暮らしです

8日間漬けてきた20㎏の小梅をあげました。暑かったけど、夕日が美しい日でした

2018-06-05 05:32:57 | あんじゃあない毎日

昨日の夕日です。前橋の日の入りは午後7時近くになってます。
早く家に戻って夕食の支度しないと叱られるかなって思う午後6時半過ぎの夕日です。

 

 昨日の朝、えっちらおっちら起き出して最初にしたことは小梅を漬けこんでいる桶を覗くことでした。きれいな漬け液、梅酢がいっぱいです。重石は、浮き上がりを防ぐ軽いもの一つなんです。
きれいな箸で一個つまみだしてみると、もう大丈夫げ、口に放り込んでかじってみました。大丈夫、しっかり漬かってます。フルーティーなカリカリ梅が出来上がっています。よかった…

 で、朝食後に小梅を揚げることにしました。

梅酢の中から小梅をざるに揚げて梅酢を切ります。今年の小梅です。こんな感じに仕上がりました。
袋詰めして冷蔵庫で2〜3日置くと、もっときれいな色に変身してくれます。あとでご覧に入れます。

 小梅だけ検量してポリ袋に詰めます。使う道具や手はアルコールでしっかり除菌して、頭は手ぬぐい、口にはマスク、ものすごく気を使います。塩分をしっかり控えた梅漬けなものですから。
一袋の小梅の量は250g強にしました。梅の粒の数にして60粒ぐらいではないかと思います。

20キロの小梅を漬けた梅漬けです。全部で68袋できました。あと、ハネもんと半端が少々です。
一袋に入れた漬けあがった小梅は250g強ですから、×68で、約17kg強ということになります。つまり、5月27日に漬け込んで、10㎏の重石をかけて約15時間、後は重石でかけずに8日間漬けてくる間に、小梅から水分が約15%抜けたってことになります。出来る限り痩せさせないように努めても、梅は塩の力で痩せちゃうんです。

 

 作業が終わって道具の片づけをすませたら11時半ごろになってました。袋詰めしたのは冷蔵庫保存になりますので、保存料を減らすためにさっそく配達に出かけました。昼飯先送りです。
立川通りの顔見知り猫です。挨拶したら、<広瀬川の水が夏水になったよ>だって。

 見に行ってら、しっかり水位があがっていました。水は勢いよく音をたてて流れています。広瀬川の川水の音を聴くころ、いつも小梅の配達をするんです。

  月曜日のまちは静かです。毎年お届けしているところへ「熱中症の予防に召し上がってください!」ってお届けします。
昨日は、まずはってんで、小梅を見立ててくれた八百徳支店さんはじめ10軒へ配達させてもらいました。

 家に戻って遅い昼食、冷たいおろしソバです。大根おろしの上に、刻んだ小梅をたっぷりと振りかけています。一粒お飾りも。おいしいです、今年の小梅も大丈夫です。

そいで、レイ子さんに連絡して、配達依頼です。お願いしたのは8軒だったけな…

 

 一休みして、陽の傾いたころに別な用事で出かけました。
もうじき夏至です。日の入りがもう7時近くになっています。明るい時間に酔っ払いに出会うのはこの季節、気を付けて酔っ払いの出没しなげな道を辿りました。

  赤城山には夕日が当たっていませんでした。青い赤城山でした。
夕陽は、榛名山の南隅に沈んで行きます。きれいです。移動しながら、あちこちで夕日を眺めていました。

信号待ちで停まった時、前の自動車の後部ガラスにも夕日が映っていました。なんか、すごく良かったです。

  家に戻ったのは6時半過ぎでした。
レイ子さんが、改ざん前の資料を持ってきてくれました。マリ子さんのところへも配達してくれたみたいです。資料を見ると、目薬と飲酒の関係についての記述はどこにもありませんでした。件のメールは恣意的なねつ造だったことが明らかになりました。

   夕食は、キュウリと岩船麩の酢の物です。刻んだ小梅をトッピングしました。
いただきもの冷凍のウナギのかば焼きです。
それと、具だくさんの出汁巻き玉子のお椀です。小松菜、トマト、マタケの姫皮、青ジソが入ってます。
「あれ、梅とうなぎって食べ合わせがよくないんじゃない?」、ユキ子さんです。
「梅漬けは胃酸を濃くして、うなぎの油分の消化を助けるので好ましい」というのが医学的に正しい所見です。栄養学的にも全く問題ありません。これもどなたかの悪巧みによりねつ造された話なんです。

遅くに、長男が小梅漬けを取に来ました。

 

今朝の夜明けです。東北東から登ってきます。4時半過ぎ、目を覚ましてしまいました。
橋も小梅の配達をします。

 

 直派若柳流の若柳糸駒ことユキ子でございます。
祖母の初代若柳吉駒、そして伯母の吉啓、二代目吉駒と昭和12年から続けてまいりました美登利会を引き継がせていただきました。
二代目吉駒の遺志と教えをしっかり守って、一生懸命つとめてまいりますので、よろしくお引き立ていただきますようお願い申し上げます。

4月8日の第75回美登利会の舞台の様子はコチラでご覧になれますす
お稽古場は前橋市城東町四丁目です。詳しくはコチラをご覧ください

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 前橋情報へ←クリックしてください。日本ブログ村の関東地域情報に登録してます。応援してください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ミズナラの新緑、エゾハルゼ... | トップ | 歯のメンテナンスして、小梅... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウメボシみたい (あっこちゃん)
2018-06-05 09:06:43
朝焼けのお日さま、ウメボシかと思ってしまった。きのう覚満淵のまわりを囲む山々はまだ新緑でした。
太陽 (ヒゲクマ)
2018-06-05 16:36:28
あっこちゃんさん
太陽をつまみ食いしないでください。
地球上の人類すべてに迷惑が及びますので…
Unknown (あっこちゃん)
2018-06-06 08:52:38
太陽いっぱい有り難うございました。天照大神ではないのであんじゃあないです。ブログ毎日チェックしているのに赤城山へ行かれたこと、見逃していました。よかたですね。
山菜採りさん (ヒゲクマ)
2018-06-06 08:58:02
あっこちゃんさん
本物の太陽食べられちゃうと困りますんでね。
それと、山菜採りさん、昨日偶然お会いしました。Aさんという方でした。お騒がせしました。

コメントを投稿

あんじゃあない毎日」カテゴリの最新記事