猫のキキとヒゲおじさんのあんじゃあない毎日

『あんじゃあない』って、心配ない、大丈夫っていう群馬の言葉、いい歳こいたキキとおヒゲのどうってことない前橋の暮らしです

昨日は神明宮の紅梅と、だるまを納めた八幡宮の大公孫樹の乳、そしてシバエビ…

2019-01-09 07:24:51 | あんじゃあない毎日

神明宮の紅梅です。
岩神町の養田鮮魚店へ買い物に行った帰りにお参りに寄ったんです。

  お稲荷さんの鳥居の脇に紅梅が暮しています。
社務所の前の梅の木は、まだ固いつぼみでした。

 

 朝、神棚からだるまを降ろして目を入れました。両目が開きました。
一年世話になっただるまです。ありがたいことです。

石原総合歯科で歯の治療をして、日が高くなるのを待って、目を入れただるまと昨年の神札やお札、それと松飾りをはずして、一緒に八幡さまへ納めに行きました。城東町の路地です。託児所の子どもたちがお昼前の散歩から戻ってくる時間になっていました。

  本町の東和銀行本店前には仮宮が準備されていました。八幡宮の境内に設けられただるま納め所には、次々とだるまが運ばれてきていました。

八幡宮の大公孫樹の『乳』です。毎年少しずつ大きくなっているのでしょうけど、昔から大きいなって思っていたので、よく分かりません、今も大きいだけです。公孫樹の樹がでんぷん質を蓄えてできるんだそうですね。子育てや子授かりのご利益があるっていわれる『乳公孫樹』にはもう少しかな…

 この公孫樹の大樹は、樹齢800年を越すと言われています。このまちでは一番大きな樹です。高さは20mほどあるのではないかと思います。立派です。

 

 八幡さまへだるまを納めて、その足で岩神町の養田鮮魚店へ行きました。
風呂川に枝垂れた柿の枝に残った実は、ナントもだらしない姿になっていました。

   生シバエビが入っていました。有明海のシバエビです。
ヤイトガツオもいました。秋から冬が旬の南の海の魚です。「スマ」というのが標準名になっているらしいのですが、腹のところに丸い模様が並んでいるのが見えますよね、その模様が「お灸」した痕みたいに見えるってんで「お灸」=「ヤイト」って名前で呼ばれているんです。冬のおいしい高級魚です。
大好きなイトヨリもいました。これと、芝エビとヤリイカをもらって帰ってきました。今年最初の魚料理となります。

 

  帰り道、少し遅い昼食に呑竜仲店のヤギカフェに寄りました。先客はタコさんでした。タコさんにはるなぱあくの仕事をしているときにとてもお世話になったんです。新年のご挨拶して、後は説明不能のおしゃべりになっちゃいました。

 話題の一つは野村たかあきさんのこの絵本のことでした。
そのことは後ほど詳しく報告します。

一時半までに家に戻らなくてはならないご用がありまして、少し慌ててて戻ってきました。

 

 その用が済んで日が傾いたころちょいとまちまで出たんですけど、三河町の陽の陰った路地を歩く猫の姿に会いました。

 少し寂しそうでした。お正月が終わったからかな…

 

これがシバエビです。長いヒゲなんです。並べてみると面白いです。
殻を剥いてかき揚げにしたり、殻付のママ揚げにしたりするのが普通なのですけど、私は、塩ゆでしてそのままいただくことにしています。

 シバエビとヤリイカをこしらえて、ユキ子さんの両親ちへ届けたころには日が沈んでました。真っ赤な夕焼けが屋根の間に見えてました。

 

 ゆでたシバエビです。今年最初の魚料理です。頭と尻尾は硬いですけど、胴の殻は柔らかいので茹でれば食べられます。とても香りの良いエビです。嬉しいです。

  ヤリイカとイトヨリの刺身です。イトヨリの柚庵焼きです。
おいしくいただくことができました。今年も養田さんと仲良しして暮らします。

 お椀は、温めた豆腐に春菊と椎茸をたっぷり入れた餡かけです。もちろんJAファーマーズの産直野菜です。こっちとも仲良しして暮らします。

今日は初市、でも、その前に健康診査を受けることにしています。ですから朝飯は抜き、コーヒー紅茶もダメ、白湯を飲みながら記事を書いています。しばらく受けていないでいたら、市役所からお叱りの手紙をいただいちゃったんです。それで受けることにしたんですけど、何が出てくるかな…
あんじゃあないと良いのですけど…

 

 直派若柳流の若柳糸駒ことユキ子でございます。

祖母の初代若柳吉駒、そして伯母の吉啓、二代目吉駒と昭和12年から続けてまいりました美登利会を引き継がせていただきました。
二代目吉駒の遺志と教えをしっかり守って、一生懸命つとめてまいりますので、よろしくお引き立ていただきますようお願い申し上げます。

4月8日の第75回美登利会の舞台の様子はコチラでご覧になれます。
お稽古場は前橋市城東町四丁目です。詳しくはコチラをご覧ください

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 七草粥の日、野村たかあきさ... | トップ | 前橋初市まつりの日、久しぶ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あんじゃあない毎日」カテゴリの最新記事