猫のキキとヒゲおじさんのあんじゃあない毎日

『あんじゃあない』って、心配ない、大丈夫っていう群馬の言葉、いい歳こいたキキとおヒゲのどうってことない前橋の暮らしです

前橋初市まつりの日、久しぶりの健康診査を受け、夜は、静かにキキのことを思ってました。

2019-01-10 06:49:03 | あんじゃあない毎日

昨日は前橋初市まつりでした。
毎年お世話になるだるま屋さんの露店に立ち寄ったら、「こっちでさ、ゆっくり選びな。この椅子使っていいから」と言われて、ユキ子さんは露店の奥に座り込んで、のんびりとダルマ選びをしてました。

 わが家の神棚へあげるのと、両親の家の分と、京都で暮らす息子の分と三つなんです。大きなダルマではありません。小さなものです。でも、手描きで顔がつくられていますから、選び始めるとけっこう凝っちまうみたいです。
「これと、これ、それと、そこの小さいの…」
少しだけまけてもらって、話がついたみたい、三個のダルマを袋に入れてもらいました。

 

  初市まつりに出かけたのは午後3時頃でした。気温5℃、北西の風が吹き抜けていて寒かったです。時間のせいと、寒さの影響があったんだと思いますけれど、例年になく人出が少ない気がしました。
まずは、八幡さまの仮宮にお参りして、この一年の家族の無事をお願いしました。
それから、本町通りに出展している露店の中を通って、高崎だるま商組合の白い法被を着こんだいつもの店でだるまを選ばせてもらったんです。

  もう少し暖かければ、まちを一巡りしたところなのですが、なにせ、寒風が吹き抜ける中、朝飯も昼食も食べていない爺さんにはちょいときつかったものですから、本町通りを一巡りして、そのまま家に戻ってきました。
例年にない、滞在時間の短い初市まつりとなりました。

 

 実は、午前中から加藤外科内科病院で『健康診査』を受けてたんです。
ここ数年間、健康診査を受けないでいたら、市役所からお叱りの手紙をもらっちゃいまして、それで、覚悟を決めて予約したら、それが昨日だったんです。それで、朝食も昼食も食べていなかったんです。

昔から、人間ドックや健康診査などが大嫌いなのです。それだけのことです。

 寒かったです。鍋割の山頂にも雪が見えていました。鈴ヶ岳は雪雲の中に隠れていました。
胃カメラによる胃検査、エックス線写真による胸部検査、採便による大腸検査、心電計による心臓検査、採尿検査、血液検査、身体測定、前立腺ガン検査、内科医による問診と診察…、10時から始まって、終わったのは午後1時近くになっていました。

 「心配ないと思いますよ…」といいながら、内視鏡センターの医師は、念のためということで病理検査をするために食道上部の組織を少しだけ採取していました。結果は後ほどになります。
「肥満度が25.4ですね、25を超えると肥満ということになります…」、身体計測してくれた看護師さんがすまなげに言いました。コンマ4ポイントでデブ扱いになりました。体格指数BMIってやつです。だからどうってことはないのですけれど、「デブじゃねえぞ!」って叫びたくなります。

即日に分かる結果では、問題はこの二点だけでした。けっこうな成績です。
あと、過去のたばこ吸いの蓄積で、喀痰検査が追加されました。

 すべての結果が判明するのはしばらく後です。
22日に、結果の説明を受け、医師の指導を受けることになりました。
親切に検診してくれたスタッフの皆さんには感謝です。

そんなわけで、食道の組織採取をしたものですからすぐに食べることが出来なくて、初市に出かけたときは、お茶を一杯飲んだだけだったということなんです。

 

 初市まつりからの帰り道、「腹減ったなあ…」と思いながら歩いていたら、電線にとまったムクドリたちが、<ザマナイ ザマナイ ザマナイ ヨォ〜 >って大合唱して飛び去って行きました。

 

ムクドリに笑われた腹いせに、夕食はしっかり食べることにしました。
前菜は、ヤリイカと野菜のサラダです。柚子の実、二分の1個分の外皮をみじん切りにして、徳永さんにいただいた贅沢オリーブオイルと柚子の果汁、そしてAさんにもらった柚子こしょう使ったソースで和えました。すごく素敵な風味になりました。

 それと、なんと焼肉したんです。わが家で焼き肉というメニューは年に一度あるかないかです。稀に見る、すごい食事なんです。

  焼いている肉は、豚ばら肉です。5時間ほどニンニクのスライスを加えた赤ワインに漬け込んでおいたものです。風味も食感も大きく変化しています、おいしくなります。
野菜は、下仁田ネギ、アブラナのつぼみ、ニンジン、それと生椎茸です。
このグリルはさ、無視子たちが小学生の時に手に入れたものです。鋳鉄製でなかなか良いのと、滅多に使わなくなったんで、今でも使えます。去年は、ステーキ肉をいただいたときにこれで焼いた気ががします。去年はこの一回だけ。

 焼いた肉と野菜は、おろしニンニクとおろし大根を加え、少し甘さを足したポン酢しょうゆでいただきます。豚バラ肉が驚くほどおいしく焼けました。アブラナのつぼみもほろ苦くておいしかったです。

内視鏡でいじくりまわされた私の胃袋が元気を取り戻しますようにってんで、滅多にしない焼肉やったんです。ユキ子さんも驚いたあと、喜んで食べてました。あんじゃあないです。

 

キキが、私についてきて、わが家に住みついたのは2000年の1月9日のことでした。初市まつりに出かけ、酒飲んで帰って来た夜のことだったんです。
あれから20年経ちました。今はもういません。
写真は、一緒に暮らし始めて1年と少し経って、野良猫面がとれ、愛らしい若い猫の顔になったキキです。2001年の春の写真です。このころから、私と一緒に散歩ができるようになりました。

昨日の晩、どんな猫も私の家を訪ねて来ることはありませんでした。私は、一人で、キキと暮らした17年10ヵ月を思ってました。

 

 直派若柳流の若柳糸駒ことユキ子でございます。

祖母の初代若柳吉駒、そして伯母の吉啓、二代目吉駒と昭和12年から続けてまいりました美登利会を引き継がせていただきました。
二代目吉駒の遺志と教えをしっかり守って、一生懸命つとめてまいりますので、よろしくお引き立ていただきますようお願い申し上げます。

4月8日の第75回美登利会の舞台の様子はコチラでご覧になれます。
お稽古場は前橋市城東町四丁目です。詳しくはコチラをご覧ください

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 昨日は神明宮の紅梅と、だる... | トップ | 刑務所の堀が凍りついてた日... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キキさん (もんもん)
2019-01-11 17:05:35
この頃のキキさんは好奇心に充ち溢れているように見えますね。人間の子どもと一緒ですね。
キキさんにとっても、幸せな17年10カ月だったことと思います。
そうだとうれしいです (ヒゲクマ)
2019-01-12 10:47:40
この写真を撮った時、キキは藤の花に飛んでくるクマバチに夢中になっていたんです。居間にも飛びついちゃいそうなんでひやひやしてたら、ほんと、飛びついてしまいました。

コメントを投稿

あんじゃあない毎日」カテゴリの最新記事