猫のキキとヒゲおじさんのあんじゃあない毎日

『あんじゃあない』って、心配ない、大丈夫っていう群馬の言葉、いい歳こいたキキとおヒゲのどうってことない前橋の暮らしです

頼まれ仕事がうまく出来たんで、阿部勇一さんの『上毛電気鉄道 デハ101で行く 貸切往復列車の旅』をご案内します

2018-03-13 06:56:33 | あんじゃあない毎日

今朝の6時15分ごろです。寝室にあるキキ愛用の猫窓から射し込んでくる光が奇妙にぼやけてたんです。窓から見たら、昇ってくる太陽の光がもや(靄)に遮られて、ぼんやりしてるんです。
間の抜けた日の出です。春なんですね。

 北の方を見たら、ご近所さんの屋根の上の赤城山も霞んでほとんど見えないありさまです。春霞なんです。
日の出も早くなりました…

 

 昨日の午前中の赤城山です。春霞はかかっていません。
少々風も吹いていましたし、気温もあまり上がりませんでしたから…

   春なれや名もなき山の薄霞  芭蕉

芭蕉の名句のようにはなっていませんでした。今日は期待できます。

 

 <何、忙しそうにしてんの?>、近所の顔見知りの窓猫が案じてくれました。
そうなんです、昨日はユキ子さんからの頼まれ仕事で、朝からあちこちする羽目になってしまいました。

 役所に出向いて書式をもらって、飛んで帰って書類を作り、添付する60ページを超える複写資料を作成して、原本と相違のないことを確認して、また役所へ飛んで行って…
元役人なんですけど、事務はすごく苦手なんです。

写真はさ、通りかかった県庁の北にある前橋城の土塁です。黒松が暮らしてます。下の方には藪椿の花が見えます。
この役場に35年務めてましたけど、書類の改ざんは一度たりともしていません。誰に何と言われようと、やったことなどありません。まっとうな田舎役人は財務省の官僚と違って、目の前にいる住民の信託に忠実なんです。住民の目を誤魔化すことはできないことをちゃんと知っています。

 頼まれ仕事は午後午後3時近くまでかかりました。昼食抜きになりました。
広瀬川の十六本堰の下流です。流れが戻ってきた広瀬川はいいですね。

 

 そいで、遅い昼食をあおい食堂でのんびりすませて、中央前橋駅まで戻ってきて思い出したんです。あおい食堂の壁に貼られていたチラシなんです。

 これね、阿部勇一さんという方の個人企画なんです。上電の企画事業でも、前橋市の観光事業でもないんです。鉄道を愛する阿部さんが、一人で取り組むイベントなんです。お弁当はさ、中央通の『パーラーモモヤ』と竪町の『山都園』が協力するんですって。

阿部勇一さんは前橋出身で東京で仕事をして暮らしているんです。でも、週末になると前橋に帰ってきて、自転車に乗って故郷を走り回っています。そいで、『思い出の前橋駅』って写真展を開催したり、赤城山ヒルクライムに参加したり…

詳しいことはね、阿部さんのFB『思い出の前橋駅』をご覧ください。
すごいですよね、全部一人でやっちゃうっていうんですから。素敵な方なんです、ご一緒してみてください。

 

   というわけで、家に戻って来たら、ご金zyとさんのモクレンのつぼみがしっかりと膨らんで白くなっていました。足元にはホトケノザです。
春霞になって不思議ないのです。

 

  ユキ子さんは、遅くに東京から戻ってきました。
夕食は、小松菜の葉っぱの生ハムロールとカブ、セロリ、レモンの種子入りマスタードのサラダ、小松菜の茎と椎茸と卵のスープでしょ、

  それと、海老とツナのクリームコロッケ、ブロッコリーとアブラナのポン酢炒めでした。食材を片づけてたら冷凍エビが2本、賞味期限間近なツナ缶が一個出てきたんです。それでコロッケになりました。

頼まれ仕事がうまくできて良かった春の晩飯は野菜いっぱいです。

 

 直派若柳流の若柳糸駒ことユキ子でございます。
祖母の初代若柳吉駒、そして伯母の二代目吉駒の下で修業して参りました。
初代吉駒が始めた美登利会は、来春で75回目の節目を迎えます。予定通り、4月8日に開催いたします。
亡くなりました二代目吉駒の遺志と教えをしっかり守って、一生懸命つとめてまいりますので、これからも引き続きよろしくお引き立ていただきますようお願い申し上げます。

今春の第74回美登利会の舞台の様子はコチラでご覧になれますす
お稽古場は前橋市城東町四丁目です。詳しくはコチラをご覧ください

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 前橋情報へ←クリックしてください。日本ブログ村の関東地域情報に登録してます。応援してください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加