猫のキキとヒゲおじさんのあんじゃあない毎日

『あんじゃあない』って、心配ない、大丈夫っていう群馬の言葉、いい歳こいたキキとおヒゲのどうってことない前橋の暮らしです

南町公園の河津桜も見ごろを迎えています。旧元総社村の田舎の風景もいいですよ…

2018-03-05 06:38:56 | あんじゃあない毎日

昨日は春っちゅうよか、初夏みたいな陽気でした。おかしいです。
刑務所南の利根川の河川敷にある南町公園、河津桜の花の下で若い家族がランチしてました。素敵です。

 ここの河津桜は、公園の一番上流(北)の方に植えられています。南町の自治会や子供会なんかの皆さんが植えてくれたものらしいです。まだ若木ですけど、ちょうど見ごろを迎えていました。

  少年野球の練習をしてたり、姉妹が仲良く遊んでいたり、とても楽しそうです。でも、あまり知られてないのかな、お花見している人たちは数えられるほどでした。

 

 朝食をとっていると窓の外にヒヨドリがやってきて一緒してくれてます。
いつもの朝なんです。

ご近所で早咲きの彼岸桜が咲いたっていうんで見に行きました。河津桜と比べると、ずいぶん小さくて、色も薄色、すごく清楚な感じです。桜もいろいろ…

 顔見知りの窓猫に出会いました。
<そうなんだ、市ノ坪公園も、日吉町の公園も、南町公園も、みんな咲いたんだね>
「うん、お花見ができるよ」
<元総社のみろく緑地は咲いたんかな…>
「まだみたいだよ、話が届いてないもん、出も見てくらね…」

  という訳で、他の用事もあったんで、関越高速道路のすぐ脇にあるみろく緑地に寄ってみたんです。まだでした。ここの河津桜は成木が中心で、20本以上植えられてます。桜のトンネルになっていてすごくきれいなんですけど、まだちらほら、咲き始めたばかりです。
訳は分かりませんが、ここの河津桜の開花は毎年少し遅いです。

 

 みろく緑地まで来たんで、詩人の伊藤信吉さんの墓所に寄らせてもらいました。
飯塚カオルさんに連れられてここを初めて訪ねたのは、もう15年前の真夏、八月の初めでした。伊藤さんは暑い日に逝かれたんです。

   

こちらの方へ来たときに、時々寄せてもらっているんです。旧群馬郡元総社村、ところどころで、不思議に田舎の風景が見られるんです。

 雌のカワラヒワに会いました。正しく言うと、雌ではないかと思うカワラヒワに出会いました。<キリキリ…>てな感じで鳴くて、飛び去って行きました。
初夏みたいな田舎の風景の中での出来事です。

 

  道沿いの家の庭では、ボケが咲いてました。ジンチョウゲも咲き始めていました。
急な暖かさで、みんな忙しそうです。
それから、南町公園に回ったんです。

 

 利根川の岸に咲いていた菜の花です。これは侵略的外来植物のセイヨウカラシナではありません。地域の皆さんが種まきして育てているアブラナの花です。

 そういえば、アブラナのつぼみのついた花茎を天ぷらにして食べました。
雪国では『薹菜(とうな)』って呼ぶんだそうです。雪ノ下で冬越しした菜っ葉が雪解けを待って花茎を伸ばすんですね。花茎が伸びることを「薹(とう)が立つ」って言いますよね、薹は花茎、春のご馳走なんです。

夕方、ショウキさんの通夜式が始まる前に、顔をを合わせて、挨拶してきました。なんか、通夜式はごめんしちゃいました。今日はちゃんと式に参列します。必ず…

 

  夕食は豆腐のステーキと雛ずしの残りを蒸寿司にしていただきました。お椀は、アブラナでした。

 

 直派若柳流の若柳糸駒ことユキ子でございます。
祖母の初代若柳吉駒、そして伯母の二代目吉駒の下で修業して参りました。
初代吉駒が始めた美登利会は、来春で75回目の節目を迎えます。予定通り、4月8日に開催いたします。今年は生演奏でお楽しみいただきます。
亡くなりました二代目吉駒の遺志と教えをしっかり守って、一生懸命つとめてまいりますので、これからも引き続きよろしくお引き立ていただきますようお願い申し上げます。

今春の第74回美登利会の舞台の様子はコチラでご覧になれますす
お稽古場は前橋市城東町四丁目です。詳しくはコチラをご覧ください

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 前橋情報へ←クリックしてください。日本ブログ村の関東地域情報に登録してます。応援してください。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加