猫のキキとヒゲおじさんのあんじゃあない毎日

『あんじゃあない』って、心配ない、大丈夫っていう群馬の言葉、いい歳こいたキキとおヒゲのどうってことない前橋の暮らしです

日向ぼっこ、桜に出あって、清野町の獅子舞見物、良かったです…

2012-10-15 06:33:11 | あんじゃあない毎日

Dscf4581 キキが朝から私のベットで日向ぼっこです。涼しくなると、午前中はここがキキの大好き場所なんです。

 

 
     
Dscf4582 「お出かけするけど一緒しない?」、<やだもんね~、日向ぼっこがいいもんね~>、ますます年寄り猫風になりました…

 

 

     
     

Dscf4585 <どこまで行くんですか?>、「ちょっとね、榛東村の広馬場まで…」、<遠いんですか?>、「片道10キロぐらいかな…」、<気をつけてね>、三丁目猫が見送ってくれました。

 

 
    
     
Dscf4616

 

 

   
Dscf4618 帰り道、前橋市の清野町に入ったら、たくさんの花をつけた桜に会いました。すっかり葉を散らした枝に、花が咲いていました。

 

 

 
    

Dscf4624 近くには、カラスウリが色づいた実をぶら下げてます。面白がっていたら、遠くから笛の音が聞こえてきました。秋祭りみたい、笛の音の方へ走りました。

 

 
    
    
Dscf4627 清野町信号近くの集落道で笛の音に追いつきました。獅子舞の一行が移動していました。幟には「野良犬獅子舞」と書かれています。あれ、こないだの「前橋子ども芸能座」に出演してたみなさんだ…

 

 
   
    
Dscf4659

清野町の集会所前の広場まで来ると、「さあ、もう一回やるぞ!」と声がかかって、子どもたちの獅子舞が始まりました。

 

 
    
Dscf4637 まずは「棒使い」から演技が始まります。二人の子どもが笛の音にあわせて棒を打ち合います。 

 

 

 

Dscf4636 きれいな衣装です。前に着けた化粧まわしは牡丹の花の刺繍、いいですね…

 

 

 

       
   
     
    
Dscf4642 続いて、子ども獅子舞、三頭の獅子と三人のカンカチで舞われました。カンカチって稚児が持っている拍子木のような打楽器、澄んだよく通る音がします。稚児はカンカチを打ち鳴らして獅子の舞わせます。

 

 

 
    
Dscf4647 Dscf4649 Dscf4650
    
    
    
    
     
Dscf4654 三頭の獅子は前獅子と後獅子が牡、中獅子が牝なのだそうです。群馬の獅子舞はたいていが一人立ち(獅子頭を一人で扱う)三頭立てのようです。

 

 

 
  
    
Dscf4662
そして大人の獅子舞、獅子三頭にササラとカンカチが一人ずつ、丸く輪になって舞います。

 

 
   
Dscf4664 Dscf4667 Dscf4669
   

   
とても力強く、勇壮な舞でした。お聞きしたら、400年ぐらい前からこの地に伝わっている獅子舞で「関白龍天流」と言うのだそうです。

 

 
   
Dscf4660 良いものを見せてもらいました。うんと得した気分、あんじゃあないどこではありませんでした。ありがとうございました。

 

 

 

     
   
   
     
Dscf4673 染谷川には、もうコガモが渡ってきていました。写真はメスです。翼の緑色の羽根がとてもきれいでした。

 

 

 

Dscf4679 家の戻ると、キキは糸駒のお弟子さんからもらったマタタビのツルを抱えてしゃぶってました。
   
     
  

 

 

 

      

Photo_3 ここをクリックすると、「ヒゲおじさん厨房に入る」(2008年5月~2012年9月・朝日新聞群馬版掲載)のバックナンバー検索目次へいけます。
    
    

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 前橋情報へ   
クリックックして 、ランキングに参加してます、ご協力を、ブログ村へ行って「戻る」ボタンでお帰りください…        

Ccf20080630_00000_2屋根のことなら信頼の屋根工事会社フジエイへ

コメント (5)