猫のキキとヒゲおじさんのあんじゃあない毎日

『あんじゃあない』って、心配ない、大丈夫っていう群馬の言葉、いい歳こいたキキとおヒゲのどうってことない前橋の暮らしです

裏庭ミョウガ採って、梅漬けの仕上げ、子どもたちと5丁目の猫、五目ずし作った…

2012-10-11 06:42:49 | あんじゃあない毎日

Dscf4424 昨日の朝、家の壁と塀の間の狭いところへ植えてあるミョウガの収穫をしました。なんと、こんなに、約1・7㎏、涼しくなって一気に出たようです。

Dscf4421 ほら、ほとんどのコに花がついていました。ミョウガの花も不思議な美しさです。でも、もいでしまうとすぐに萎れてしまいます。


Dscf4430 約1.5㎏を、酢漬けに、漬け酢は、食酢1カップと水1カップに大さじ4杯の砂糖を加えて沸騰させてから冷ましたのに、梅酢を2カップ加えたものです。半日できれいに漬かりますよ。





Dscf4432

朝食後に梅を軒下にひろげました。夏に日干ししたあと梅酢に漬け込んでおいたのを、翌日の朝まで、涼しくて乾燥した風に当てて仕上げます。きれいに漬かりました。これで全部ではなくて、もう一度なんです。

Dscf4429 Dscf4434 皮が軟らかくなってきているので、どうしても潰れたのがでます。種を取り除いて、包丁で叩いて、梅肉にして瓶詰めします。おいしい調味料になります。



Dscf4436 午後、城東小学校の寺子屋教室の手伝いへ行ったら、うらの勢多農の校庭際のサクラの木で数羽のシジュウカラが遊んでいました。


Dscf4443 ウォーキングバスで帰る子どもたちが集合しています。3時半、もう日が傾いています。



Dscf4444 城東町5丁目の路地、ネコが座っています。写真を撮っていたら後ろから、「おじさん、なにしてんの?」、顔見知りの子どもたちです。「猫の写真撮っているんだ」、「ふ~ん…」

Dscf4448 「野良猫?」、「違うよ、この辺のお家の猫だよ、かわいいでしょ…」、「うん、かわいい、どこんちの?」



Dscf4449 猫が私たちに気付きました。こっちを見ています。「お前、どこの家の猫だい?」、<…………>返事がありません。すると、「うちの猫ですよ!」、塀の中から女性が出てきて笑ってます。「かわいんで、写真撮らせてもらいました」、「ありがとう」

Dscf4450 「さあ、帰ろう、気をつけてね…」、「はい、さようなら!」、猫が私たちを、あんじゃあないなって顔で、見送ってくれていました。




Dscf4456 夕ご飯は、昨日漬けこんだタラのみそ漬けを焼きました。これは、カマの部分です。タラは冬の魚と言われますが、それは卵や白子があるからで、身がおいしいのは夏の終わりから秋なんですよ。おいしかったですよ。添えてあるのは、今朝採ったミョウガの梅酢漬けです。

Dscf4453 それと、キュウリの梅肉和え、今朝のつぶれ梅の梅肉です。和えるときは、ほんの少しわさびを加えて、ちょっぴり醤油を垂らして、細削りのかつお節なんかをあわせるといいですよ。


Dscf4455ご飯は五目ずし、こないだお彼岸に作ったとき「酢蓮根」を忘れました。やっぱもう一つ、作り直すことにしたんです。酢蓮根が入ると違います。「おいしいね」って伯母さんがほめてくれました。



Photo_3 ここをクリックすると、「ヒゲおじさん厨房に入る」(2008年5月~2012年9月・朝日新聞群馬版掲載)のバックナンバー検索目次へいけます。
    
    

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 前橋情報へ   
クリックックして 、ランキングに参加してます、ご協力を、ブログ村へ行って「戻る」ボタンでお帰りください…        

Ccf20080630_00000_2屋根のことなら信頼の屋根工事会社フジエイへ

コメント