浦島太郎釣り日記ーⅢ 浦島太郎クラブの仲間とぼくの日々

浦島太郎釣クラブと自身の出来事などなど

11月4日 雲仙からかえりました

2017-11-03 12:39:35 | 日記
おはようございます。

雲仙から帰りました。

このブログを投稿したのは、午前3時、です。

  (右上の時間は、雲仙でスマホから試し投稿時間、お昼の12時)

さらに、いうと、お酒をたしなみながら、もう、午前5時になりました。

湯豆腐には、白菜、鶏ミンチ団子、イワシミンチ団子も仲間入りした。

なんだか、登山で体が覚醒したみたい。寝付けない。朝酒中。

ソフトバンクが眠れる獅子を起こしてしまった!(対・DeNA)のに、

似て、ぼくも元気が戻った見たいです。



昨夜は、まだすこし温泉の黄硫の成分がほのかに香る体臭を良しとして、

作り置きの惣菜をとりだし、魚の塩焼きを並べてみると、充分な品揃えと

なった。

お酒の燗をつけて、雲仙を振り返ります。

年のせいか、金曜日なのに、これといったテレビの見たい番組がない。



午前5時にきっちり100ちゃんがきて「福岡を5時」は実に正解、でした。

長崎市に住む、釣り好きな勝矢さんというかたは、いたくぼくの釣りフアン

といいますか、わざわざ福岡の浦島太郎になんどもおいでいただきました。

長崎県野母崎にある「三ツ瀬」という磯に勝矢さんと行ったことがあります。

その勝矢さんが、早くこないと、すぐに駐車場が満パイになるという情報を

いただき、な、な、なんと、雲仙標高1,000mの駐車場子供さんと共に

お出迎えしてくれているではありませんか、驚きました。

お土産だと、自分の畑の作物を段ボールいっぱい、実にいたみいるおもてなし、

感謝てもし尽くしきれない。(ここで、涙のお別れ)



雲仙ロープウエイは、いま、盛んに宣伝しているせいか、人出がすごかった。

行き来する2台のゴンドラは、すぐに満席となる

標高差300m、を3分で妙見岳展望台に到着します。

途中、必死に動画撮影して、肝心の紅葉の斜面を実眼で見ていないのです。

ところが、不思議なことが起きて、勝矢さんと、ロープウエイまでの写真が

まったく消えています。理由がわかりません。(記録がない)

(100ちゃんの写真から ↓)

 

妙見岳につきました。

気温は13度です。すこし肌寒いな、って感じ。

阿蘇五岳、天草、展望が開けています。ぼくの目には、遠くに桜島の頭が見え

ていると思いますが、正解かどうかは不確かです。

さあ、歩きましょう

 

 

 

 

 

やがて、国見岳のさしかかり、岸壁の急斜面の設備、「くさり場」が現れまし

た。下から見上げるほどの、のぼり、くさりにしがみつく・・・高いところは

怖い、でも、下から、下から登山客がくるので、トコロテンのように、押し出

されるように登るしかありません。

  (実は、これも、写真が消失しています?)

今度は、急な斜面をくだり、鬼人谷へと下りがつづきます。

突然「絶景」が登場しました。おお!ここ、この風景、今日一! カメラ

また、「おお、こんな紅葉、絶対一番!」  カメラ

また、「おお、これぞ紅葉!来てよかった!」 カメラ

また、「やっぱり、この風景、紅葉が今日の一番!」  カメラ

つぎつぎ、これが一番というシーンが展開されます

 

 

 

 

前をいく、ご夫婦も同じように、スマホとか、タブレットとか、まあ、立ち止まる

時間の長さ、・・・長すぎる時間をかけて、いかに奥さんをきれいに写そうかとい

う気持ちはわかりますが・・随分待たされた。渋滞も起きた。せかすと、あの、

あおり運転のようだし、まあ、我慢しましたねえ・・・

そんなこともあり、ぼくたちは、鬼人谷分岐へとむかいます。

絶景はつづきます。


            つづく 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 11月3日  文化の日 | トップ | 11月5日  ソフトバンク... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねこねこ)
2017-11-04 05:58:41
紅葉が綺麗ですね、天気も良かったし最高の山登りでしたね

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事