かつおぶしのココロ

かつおぶしの「我が身を削りながらあらゆる所に感動を与える生き様?」に憧れる〝私〟のつれづれ日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画「無能の人」

2007年10月12日 22時45分51秒 | つれづれ日記道
先程まで・・・

竹中直人監督の映画「無能の人」をビデオで見ていたのだ。

過去に一度見ていたのだがまた借りてしまった。もう作品が発表されて16年経っていた。

「無能の人」、いわずと知れたつげ義春の代表作である。それを竹中直人が見事に実写化したのが本作なのだ。(原作の事は以前にも書いたが・・)

テレビドラマも最近は漫画原作を安易にドラマ化してしまっているが深みがなくサラリとしたつくりのものが多い。

これぞ実写化!という真髄を、機会があれば原作を読んでしみじみしてからさらにしみじみしていただく事を読者のみなさんにはおすすめします。

劇中、「ん?この人陽水?まっさかあ~」と思っていたらエンドロールで名前が出ていた。よく見ると色々な人が出ている怪作でもあったりする。

つげ義春の作品の実写化は他にもいくつかあるが(ねじ式など)やはりこの「無能の人」がずば抜けて素晴らしい作品だと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 時事ネタを使いながらだんだ... | トップ | 裏メニュー「ブランドオーダ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たしかに! (金剛級Tom)
2007-10-13 03:59:54
最近は安易な漫画原作ものが多いですね~
成功している物もあるみたいですが(ドラマは見ないのでA^^;)、
話題にならないのも多々あると思います。
昔に比べて話が短くなったからかな~
1クールではやっぱり短いですよね?
話短くなりましたよね (W辺)
2007-10-13 07:11:41
昔のヤッターマンの様に2年越しとかないですもんね~。平成仮面ライダーもなんとしても1月末か2月最初の週で終わらせなければいけない為か、最終回の辺なんて結構話がはしょられたりして消化不良解釈中途半端ばかりですし。

「さよなら絶望先生」が作者悲願のアニメ化されてるようでしたが見てないうちに終わってました。(が、また第2弾がスタートするようですが)

コメントを投稿

つれづれ日記道」カテゴリの最新記事