菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。
散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

2018/08/11  日記  のうぜん

2018-08-11 19:20:24 | (2)日記

2018/08/11 () 旧暦:71日 祝日・節気: 山の日、朔 日出:456分 日没:1835分 月出:419分 月没:1833分 月齢:29.01 干支: 乙亥 六曜: 先勝 九星: 一白水星

今日のあれこれ: のうぜん、凌霄花


clip_image002
(多摩市の散歩道
http://tama-sanpo.seesaa.net/article/421674015.html
より転載



『ノウゼンカズラ(凌霄花[3][4][5][6][7]Campsis grandiflora)はノウゼンカズラ科の落葉性のつる性木本[8]。夏から秋にかけ橙色あるいは赤色の大きな美しい花をつけ、気根を出して樹木や壁などの他物に付着してつるを伸ばす。

中国原産[9][6][7][4]で平安時代には日本に渡来していたと考えられる[9][7]。夏の季語[6][4]

名称
古名は「ノウセウ(陵苕[4])」または「ノセウ」で、それが訛って「ノウゼン」となった[10][4]。また蔓が他の木に絡み攀じ登るため「カズラ」の名がついた[10]。また古くは「まかやき(陵苕)」とも呼ばれた[11]

「ノウセウ」については凌霄(りょうしょう)の朝鮮読み「ヌンソ」の訛りとする[10]説もある。

別名に「ノウゼン」、「ノショウ」がある[8]。「のうぜんかつら」と表記される場合もある[12]

漢名の凌霄花は「霄(そら)を凌ぐ花」の意で、高いところに攀じ登ることによる命名[10]。漢詩では他物に絡むため愛の象徴となる[10]。また、「陵苕」(リョウチョウ)も本種を表す[13]。現代中国語では「紫葳」(拼音: z
ǐ wēi
)とも呼ばれる[14]

花の形がトランペットに似ていることから英語では「トランペット・ヴァイン」(trumpet vine[2])、「トランペット・クリーパー」(trumpet creeper[2])あるいは「トランペット・フラワー」と呼ばれる。

特徴
蔓性落葉低木[7][1][4]で、花期は7-8[6][15][9][1]

蔓は長さ3mから10mほどまで成長し[7][4]、他のものに吸着する付着根(木質の気根[2][15])を出して這い登る[6][9][15]。 幹はフジと同じように太くなる。樹勢が非常に強く丈夫な花木であり、地下茎を延ばし蘖を周囲に芽生えさせ、繁殖する。

葉は奇数羽状複葉で対生する[6][7]。小葉は2-6[6]5-13[1])、長さは3-7cmで表裏面ともに無毛[6][1]、幅は2-4cm[1]、縁には粗い鋸歯がある[6][1]。柄は無柄[1]。側小葉は卵形ないし広卵形または楕円形で、その表面は濃緑色で光沢があり、裏面は帯白緑色[1]。先端は鋭頭または鋭尖頭で基部は広い楔形[1]。側脈は5-7[1]

枝先に円錐花序を萌出し、直径6-7cmの橙黄色の花を対生する[6]。花房は垂下し[2]、花冠は広い漏斗型で、先端は5裂し平開する[6]。雄蕊は4本のうち2本が長い[6]。日本では結実しにくい[6]。花は暖地では晩夏から秋にかけ大量に形成される[2]。 落花すると、蜜がたれ周りを湿らすほど。その蜜にメジロや蜂が集まってくる。その蜜は毒性があるといわれるが、根拠のない俗説・風評である。

利用
古くから観賞用に植えられており、庭園、公園などに庭木として利用される[6][1]。日本での植栽地は本州東北地方以南で日当たりと水捌けがよい肥沃地に生育する[7]。寒さを嫌うため植え付けは3月下旬から4月上旬にかけ行われる[7]6月から7月上旬にかけ挿し木で殖やされる[7]。また、樹勢が強く、よく成長するため落葉期の2月に前年の枝を全て切り落とし、幹だけにする整姿剪定が行われる[7]。日光不足では花がつかず、蔓は固定していないと冬に枯れてしまう[7]。 また、近年では赤花や黄花も作出されている[7]。長雨で蕾が落ちやすい[16]

花や樹皮は漢方薬では利尿や通経に使われる。園芸品種が複数存在し、ピンクや黄色などの花色もある。新梢に房となって花が枝元から次々に咲き、花は毎日のようにすぐに散る。花が終わった新梢をそのままにしておくと、樹の姿が乱れ、樹勢が衰えるので適切な剪定が必要。鳥媒花であり、ハチドリが空中をホバリングしながら嘴を花の中にさし込んで蜜を吸う。
... 』(Wikipedia



のうぜん花の俳句:



・凌霄花昔廓のひとところ 本橋美和



・凌霄花吉凶かかはりなく盛る 日向野貞子



・凌霄花ふはりと散らせ雨あがる 高鴨良子



・凌霄花散るに興じてはめ外す 高澤良一



・凌霄花朱に散り浮く草むらに 杉田久女





凌霄花は目立つ花だ。
色合いが落ち着いた色ではなく主張のある橙色。
地上近くではなく高いところに咲くので、遠くからでもよく見える。

品行方正なではなく、少し崩れた印象がある。
そこが夏向きで惹きつけるところがあるのかもしれない。

昔の遊郭の辺りにはお似合いの花だ。

散り際も、さっぱりとしたものらしい。
俳人たちも散った凌霄花を詠んでいる。
散った後も形を残し、まだ花の主張をしている。
往生際が悪いと言うより、散っても目を引く気概の花なのだ。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018/08/10  日記  麦茶 | トップ | 2018/08/12  日記  季語と... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

(2)日記」カテゴリの最新記事