なあんおばはんの日常

日々思うことを連ねる自分の記録です

不思議な老婦人の件

2018-01-31 21:05:18 | Weblog
もう10年以上前の事だ。

冬の日だったと思う。



東京の某百貨店高級婦人服売り場で

販売員をしてた時に出会った不思議な老婦人のことを

ふと、思い出した。




その日は、平日でかなり閑な日だった。

店内は人通りもほとんどなく。売り上げもかなり低かった。




もう一人の販売スタッフは休憩中で

このままだと自分で何か買わなきゃダメか、なんて思いながら

私はひとりで売り場でぼーっと立っていた。




すると、一人の小柄な老婦人が歩いてきた。



彼女の服装は

私が所属していたブランドとは全然、異なるタイプ。


そのまま通り過ぎるのか、と思っていたら


彼女はふと立ち止まって


わたしに話しかけてきた。



「あなた、そんな、ぼーっと立ってたら、誰も買いに来ないわよ。もっと

笑顔でないと。お客様に来てほしいなー、って勢いのある顔してないとだめよ。」


と。


よほど、私はその時、さえない感じでぼさっと立っていたようである。



そして、彼女はしょっていたリュックから

ゴージャスな毛皮を出して私に見せ、

(小さなリュックからまるで魔法のように毛皮が出てきた)

さらに彼女の指の石ころのように大きな宝石をきらめかせて言った。

(指には石ころのような宝石がいくつもゴロゴロはまっていた)



「これはね、私がずっとほしいなと思ってたけど、なかなか手に入らなかったの。

だけど、ずっと諦めずに思ってたら、丁度一件、不動産が動いて、それでこれが手に入ったのよ!

なんでも、心からこうしたいって願っていると必ず叶うのよ!」



「あなたもね、こうしたいなー、と思うことがあれば、心から思い続けると実現するわよ!

とにかく、笑顔でないとだめよ。」


と、

いまでいう「引き寄せの法則」みたいなことを言って、

くしゃくしゃっとほほ笑むと


去っていった。





今思い返しても、

不思議な、どことなく魔法使い的なご高齢の老婦人だった。





私は半年くらい、その売り場に勤めていたが、



彼女と会ったのは、それっきりだった。







A Time for Love, Bill Evans, Alone









コメント

シンプル

2018-01-31 07:53:16 | Weblog


「もう結婚には懲りていたけど、
この人ならと思って再婚した、」

と何かに書いてあった。



ふと思った。

「結婚」に懲りたんじゃなく、
その別れた人との結婚生活に懲りたんじゃないかな、と。

離婚後に「もう結婚なんて」って思う人もいるだろう。

結婚とは、

他人との共同生活、
相手の家族も含めた共同生活、
相手との家族関係を築く生活、
法的権利と義務と責任が発生する共同生活

単なる同棲とは違ってくる。

だけど、

結婚生活も、相手が変われば

全く変わる。



「離婚」は、


その相手との結婚生活を続けていくことを
やめる、というだけのことだ。


なので、「離婚」は決して「失敗」ではない、と今は思える。

考え方が

「前向き」とか、「後ろ向き」とかではなく、





単純に、そういうことだ。












コメント

他人の意識は分かち合えない

2018-01-29 20:21:24 | Weblog

「意識はいつ生まれるのか」

脳の謎に挑む 統合情報理論

「第9章 手のひらにおさまる宇宙 」を、少しづつ読んでいる。

以下、本文。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「結局のところ

我々が知っていると思っている世界は、我々の特異な脳が見せてくれるものに過ぎない。

脳と意識はひとりひとりのもので、他人の意識は分かち合えない。

だが、病床の妻に付き添う男性のケースは、その孤独な意識を持った我々が、世界を分かち合いながら生きる可能性を示している 」


‐‐‐‐‐‐‐‐‐ー



それって、「愛」?




「INTO THE WILD」

幸福が現実となるのは、それを誰かと分ちあったとき。

Happiness only real when shared.




ちなみに「承認欲求」という言葉がある。
(コーチングにもつながる)


承認欲求(しょうにんよっきゅう)とは、他人から認められたいとする感情の総称である。
== 概念と分類 == 人間は他者を認識する能力を身につけ、社会生活を営んでいくうちに、
「誰かから認められたい」という感情を抱くようになる場合が多い。

この感情の総称を承認欲求という。


承認欲求 - Wikipedia





なんだかせつないな。


みな、誰かにわかってもらいたい、認めてほしいのだ。





そういえば、誰かが言ってた。

「周囲の人をほめましょう。そして、ほめられましょう」







ところで、



本を開くと、まず目に入る文字

「脳は意識を生み出すが、コンピューターは意識を生み出さない。

では、両者の違いはどこにあるのか。

クリストフ・コッホが唯一、真に有望な基礎理論と評した 脳科学の最先端理論、待望の翻訳!」


ううううううんんん。。



じゃあ、コンピューターに意識をインストールしたらどうなるんだ。

そのコンピューターには「人権」が発生するのか??



ああ、SF世界だ。


だけど、現実はだんだんSFの世界に近づいてきてる。




もう職場では、電話はほとんど鳴らない。

ほとんど、メール。



電話対応に追われることは無い。



10年前はどうだったかな。。。


スマホはあったっけ。。。








コメント

コーチング?

2018-01-27 20:35:12 | Weblog
コーチングとは、

人材開発の技法の一つ。対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術である。
相手の話をよく聴き、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。

by ウィキペディア



コーチングと検索すると、色々出てくる

コーチングで稼ぐ!とか。。コーチングの資格講座とか・・。

ふーーーーん。


「何をしたいか」を考えていたら、なぜか、「コーチング」という単語にでくわしたけど

ちょっと違う。


ドラッカーは言う。「自分の強みを知れ」と。

そのためには


「自らをモニタリング!」

おおお。そっか。




ためしに、無料の性格判断とか適職判断テストとかやってみたけど

なんか違う。



なんか違うんだな。







きっとそんなもんなんだよね。




今日は午前中、寒すぎて固まってました。

午後からは

お菓子を食べ過ぎました。



平和な一日でした。









コメント

シンギュラリティ技術的特異点

2018-01-22 21:22:06 | 次のステージ
2045年。

あと27年後。

数秘術っぽく

ひとつのサイクルを9年とすると、あと3周期で訪れる。

自分年表を作ってみたら、

確かに私の生活周期も9年サイクルだった。


で、2045年というと、

私が80歳の時だ。

私は生きているかどうかはわからないな。




「意識はいつ生まれるのか」

という本を読むと、最終章 「9」章に

「手のひらにおさまる宇宙」というタイトルが出てくる。

おっと、最終章が「9」章って、来たなーって感じ。


その手のひらにおさまる宇宙とは、「脳」のことだ。

「宇宙」は脳を動かす「意識」。



この本を読んでみて、

「脳死」について、とても納得した。


「脳」が死んで、意識ももう戻らない。戻ってこない。二度と。



人工呼吸器で心臓は動いているけど身体は生きているけど


「意識」は戻らない。


身体の死、停止とは別で、意識の死。

もう意識はそこにはいなくて、からっぽの脳がいるだけ。

空っぽの体。







ところで、



そのうちに「意識」をコンピューターにインストールすることが可能になるらしい。

そうすると、

。。。。。。。。。。。。。。。。。!!!!!!!。。。。。



RPAとか、普通に日常で使われるようになってきたし、。。


IBMのワトソンも本に出てきた。



ううううう。




土曜日に見つけた「AIの逃避行」の歌詞が脳の中でくるくる踊る。


やばいな。


AIの逃避行は

バッテリーが切れて、停止して途切れるけど。

充電すれば元通り!


「意識」かーーーーー。




雪がかなり積もっていて

外は真っ白。

















コメント

AIの逃避行

2018-01-20 18:05:17 | 次のステージ
去年の11月に発表されてたらしいけど、今日、見つけた。

す、すごい。

だがしかし、コトリンゴさんは脱退したそうだ。

そーなんだ。。。


KIRINJI - 「AIの逃避行 feat. Charisma.com」 Full Size






この動画、かなり好きだ。

首都高を夜、ドライブした時にiPhoneで動画を撮ったことがあるけど

あの動画は残っているのかな。。



コメント

三年ぶり

2018-01-13 16:35:32 | 次のステージ
夕日が刻々と沈む中

大宮へ。
久々に宇都宮行きに乗った。


三年ぶりに友人と会った。


お互い、いろんな意味で変わったし、
いろんな意味で変わっていなかった。

私はこの三年で随分成長した。


これから何をするか、

どんな出会いがあるのか、

とても楽しみだ。

去年出会った本、

ドラッカーの本は

今の私にはとても、しっくり来る本だ。

今年はどんな本に出会うのかな。


そして、わたしはなにをするのかな。
コメント

イエスタデイ

2018-01-12 07:54:21 | 次のステージ
昨日、

お昼休みに


漫画の話題がでた


ネットサイトで無料の一巻だけ読んでる、

みたいな。


わたしが最近読んだ中で

一番焼き付いてるのは

やはり

機械仕掛けの愛


です。


読むたびに泣いてしまう。


我が家はドライブ好きなので、

車に名前をつけている。


黄色い車なので、

きーちゃん、と呼んでいる。


きーちゃんは、なかなかカッコイイとわたしは思っている。


古い車種だけど、
良い車だ。

カーステレオの音が良いし。

ワゴン車だけど、
カーブを曲がる時の旋回感がとてもいい。

エンジン音もなかなか良い。









きーちゃん、あと何年乗れるかな。




コメント

電車コミコミ

2018-01-11 07:54:31 | 次のステージ
ああ、いつもの朝だ。


電車、ラッシュ。



そして、1日1日とストレスが蓄積されていく。



疲れも。


みんな忙し過ぎるんだ。



海外は休みが数週間とかあるんだよな。


羨ましい。



日本で数週間も休むには

仕事辞めるしかない。




なんだかな。



そして、みんな年齢を重ねて、

死んでいく。


いつ死ぬか、

自分の寿命は、知らない人が多い。


なんか、引っかかる。


もし余命があと一年だとしたら、


わたしは何をしたいかなー。


まずは、家族が困らないように、

手を打たねばな。


と、思う。


自分のために、何をしたいかなー。


特に、
特別なにかがしたいというよりは、

今の日常を
ふつうに暮らしたいかも。

でも、


ラッシュは、

いやだな。。

休みももっと作りたいな。


で、休みに何をしたいかというと、


ZINを作りたいかな。


あと、ドライブ行きたい。









ま、そんな感じだ。







コメント

神谷バーの広告

2018-01-10 08:06:55 | 次のステージ
神谷バーの電車広告の絵が好きだ


電気ブラン


もう随分飲んで無い


養命酒みたいな味だったような。




先月から少し仕事落ち着いてきた気がする


ひと山越えたかな。


日曜日に、
珈琲焙煎店で珈琲の美味しい淹れ方を教わったので、

その方法で珈琲を入れると、

めっちゃ美味しい。




ちょっとしたことで、

変わるんだな。

コメント

今日から通常の混み具合です

2018-01-09 08:15:58 | 次のステージ
三連休明け。

今朝は電車混んでるけど、

まだ殺気は無い。


お正月休みと三連休で

みんなストレスが減ったみたいだ。

混んでても、こんな空気感ならいいな。


電車の貼り広告で

大家さんと僕

という本の宣伝をみた。


読みたいな、と思った。



今朝は昨夜の雨で


街中しっとりと湿気ていた。


なんとなく、街の空気も穏やかだった。


良い朝だ。


そんなことを思っていたら、



電車が数分間以上、駅で

ずっと止まったままなことに気づいた。


あれ?


事故かな。



発車までもう少々お待ちください、

運転感覚の調整、


だそうだ。


地下鉄、

朝だけど夜みたいだ。


しーんとしている。




百歳まで生きようなんて、
脳天気に思ったりしたけど

そんな長生きしなくていいや。


てきとーが一番だ。



そんなことを考えていたら、



電車が発車した。



あと二駅で、地上に出られる。


早く空が見たい。














コメント

ストレス過多で無気力

2018-01-07 18:24:40 | 引越しと新しいスタート
ストレスが多すぎると

無気力になるようだ。


今日一日、何もできなかった。


明日はきっと大丈夫かな。


とにかく、無理をしないこと。











コメント

新年キアヌ

2018-01-05 07:53:27 | 引越しと新しいスタート
今朝は久々にキアヌと同じ電車だった。

元気そうだった。
相変わらず寂しげだったけど。


そーだ。今朝は

毎朝駅に向かう時にすれ違う

ニット帽にサングラスで黒づくめの

仮名、黒男さん、ブラックジャックとも

新年初ですれ違いました。


ちょい雰囲気のある、おにーさんです。

30代か40代前半くらいかな。



あのにーさんは、どこまで歩いてるのかな。


一度、家を出てすぐの道ですれ違ったことがある。

駅からは15分離れてる場所。




彼は多分毎朝同じ時刻に電車を降りて

駅から歩いてくるのだろうけど、

わたしは結構バラバラの時刻に出勤するので、

いろんな場所ですれ違う。




明けましておめでとうございます。







コメント

初出勤

2018-01-04 07:43:09 | 引越しと新しいスタート
今日は初出勤!

晴れ渡る青空。
今年は引き寄せます!

福を!

みんなが福々できることをする。

わたしの2018年のテーマは福!

今朝も電車ガラガラ。

いつもこんなならいいな。



ダンナはお正月休みの間、ずっと寝込んで

昨日ぐらいから、やっと回復しだした。

ダンナは明日から仕事開始だけど、

治るといいな。


コメント

お正月休み最終日

2018-01-03 16:39:02 | 引越しと新しいスタート
今日は三日。

あああああ、正月休みが終わるーーーー。


非常に残念だ。


明日から出勤せねば。


定期も切れているし。



「意識はいつ生まれるのか」という本を70%くらい読みましたが

ううううー。という感じ。



それと、新説が出たみたいだ。

「意識」は脳が生み出すものではない、と。

「意識」はもともと、別に存在していて

身体と脳と一緒に存在するときは、一緒に居るけど

身体や脳が機能停止すると、量子レベルでバラバラになって離れていく、という説があるそうな。



「意識は「量子レベルのエネルギー」であり、肉体の死後も生き続け「次の宿主の意識」に貼りついて活動する。」らしい。。。





そーなんだ。。














コメント