なあんおばはんの日常

日々思うことを連ねる自分の記録です

びしょぬれ江戸川自転車道

2007-06-10 13:54:29 | 葛飾へ
今日はダンナと自転車で水元から江戸川沿いに柴又の方へ行ってみよう、
ということになり、朝九時頃にスタート。





あっという間に柴又を通過して、
「海まで16キロ」なんて書いた思わせぶりな看板に挑発されて、
だらだらと走り続けてたら、結構おもしろかってん。


走りながら、「おお、ここは江戸川自転車道というんやね、」と大発見。
今まで住んでた隅田川沿いにはこういう長い自転車道はあらへんかった。
(浅草寄りはブルーテントに占有されてるしなー。)

矢切の渡しを越えたあたりで、「柴又堀切間観光船」を発見。
出発時間が近かったのか、少しすると観光船が江戸川を下っていくのが見えた。
なかなかいい感じ。
乗りたいなーと思い、帰ってから調べてんけど、
もうとっくに前売り終了してた。残念。

そこから暫く進むと、対岸に深緑の森が見えてきた。
森やで、森。
気になるけど、橋がない。
これも帰ってから調べたら、「里見公園」という公園やった。
対岸も面白そう。

江戸川の河川敷では、ゴルフ、野球、ソフトボール、サッカー、ラクロス、と
いろんなスポーツが繰り広げられてた。
女子中学生のソフトボールの試合が
あまりにも上手すぎて、2回裏まで土手に座りこんで観戦してしもた。

1番すごかったんが、バイクのジムカーナの練習現場。

小岩の菖蒲園を超えて、市川橋を超えていくと(あやふややで。)
遠くから見たら、ヘルメットが連なって草むらの向こうでぐるぐる回ってるねん。

なんやあれ。と近くまで見に行ったら

カタナとか、バンデットとか、CBRとか、その他高額バイクが
ぐるぐるぐるぐる回ってた。

「ジムカーナの練習だね。」
とダンナが嬉しそうに暫く見てたけどキリがないので
先に進む。

しかし、だんだん雲行きが怪しくなってきて、このままではヤバイので
Uターン。

でも暫く走り出したところで、とうとう大粒の雨が。
当然、雨具などあらへん。
次の屋根は北総線の橋の下まで、皆無。

とにかく、屋根を目指してひたすらジテンコをこぐ。

北総線の下で20分くらい雨宿り。
その間、これでもかとばかりに雷鳴付きスコールのような大雨。

たちまちに市川方面も、金町方面もたれ込めた雨雲で真っ白にかすんで
見えなくなってしもた。








暫く様子を見るも一向に雨の止む気配はゼロ。
橋の下では数人の雨宿りさんたちがいてんけど、
それぞれ見極めて、雨の中、再スタートを切ってゆく。

「今のうちに行くのがいいよ、」
何回目かの小康状態でダンナが決意、
橋の下から出発。

でもでも結局は東金町で江戸川沿いを降りたあたりで
再び土砂降りで、びしょぬれ。

まっ、しゃーないな。

それにしても、アウトドアは楽しい。

今頃になって雨やんだやん。

江戸川自転車道は向かいの三郷側からやと
関宿まで続いてるんやって。

今度は雨具持参で行ってみなあかんわー。

群馬県のHPに 利根川・江戸川サイクリングロード紹介 が載ってた。

このコース。すごすぎる。











コメント