goo

ちょっぴりパッショネイト

■掲示板: Smile for You 河合奈保子 Fan Site からどうぞ

  にほんブログ村 
いつも、閲覧・クリックありがとうございます。
-----------------------

「ちょっぴりパッショネイト」

河合奈保子さんの6枚目のアルバム「SKY PARK」の1曲目に収録されている曲です。

作詞:来生えつこ
作曲:筒美京平
編曲:大村雅朗

前作のアルバム「あるばむ」に続いて、「SKY PARK」も楽曲コンセプトを明確にしたアルバムになっています。
A面は全曲、筒美京平さんによる作曲、B面は石川優子さんいよる作詞作曲、そしてアレンジは全曲が大村雅朗さんによる作品です。


30年以上もたっているのに何故これほどまでに奈保子さんの事が心に残っている(途中かなりのブランクはありましたが)のかと自分でも不思議に思うことがあります。
これまでに、繰り返し奈保子さんの歌を聴き返してきて思うことは、やはり奈保子さんの歌声の素晴らしさにあると強く感じます。
(今も変わらぬ)容姿の可愛らしさや美しさはもちろんですが、自分にとっては奈保子さんの歌声、曲は心の奥に深く刻まれていて、「あるばむ」、「SKY PARK」で、キャッチーさだけではない、より音楽性の高い作品での歌声を聴くといっそう強く思います。


「ちょっぴりパッショネイト」のメロディ構成は比較的シンプルです。
A→A'→サビ1→サビ2→間奏→A→A'→サビ1→サビ2→大サビ→サビ1→サビ2
基本メロディがAとサビの2つしかありませんが、シンプルであるが故に曲に込められた熱い思いがより伝わってくるように思います。

淡々と刻むビートとA、A’メロでの次第に高くなる音階は、胸の高鳴る鼓動のように響いてきます。
そして、熱さ、疾走感の中にある切なさの情景をかき立てるアレンジです。


歌詞の要約
*****
熱い日差しの中
駆け抜けるバイクにふたり
高鳴る私の胸の鼓動
あなたは背中に感じてるでしょう

いつもより大胆な私
夏の暑さが胸の奥の情熱を呼び起こす


緑の草原にふたり
風になって駆け抜ける
どこまでもずっと走ってゆきたい

このままあなたとふたり
もう帰りたくない

夏の日差しの強さのように
あなたを愛したい
時間さえ止まるほどに


あなたは私の心の情熱を呼び覚ました
私も知らなかった
自分の胸の熱さを

*****

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« エスカレーション Negiccoの楽曲 »
 
コメント
 
 
 
初めて針をレコードに… (SKY PARK B-5)
2011-06-23 12:17:15
高校入学と誕生日プレゼントに親にステレオを買ってもらって初めて買ったレコードがスカイパークです。もちろん一曲目のこの曲に針を落とした感覚は今もこの手に残ってます
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。