風雲!戦国不動産

お城は大好物!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

滝の城に登城!

2010年11月11日 | 登城!!


滝の城は埼玉県の所沢市にある北条氏政の持ち城だったお城。
会社から5分の近さなのになかなか行かず気になっていたので、
中途半端に予定があって遠方に行けない休日を使って行ってみたw



灯台下暗しとはこのことだ。城廻をしていて
ローカルを後回しにしていただなんて!!
しかも何気に土塁や堀の遺構がすごいらしいのよ。



マイナーなお城わりにこんなに盛り上がった感じなのは
ひとえに滝の城址保存会の方々の熱心な活動のおかげ。
北条氏照公の持城って控えめなアピールがかわいいw 
居城じゃなくたっていいわよね、北条のお城なんだから。



幟旗の後ろはいきなり見事な二重堀。写真では見えないけど、
奥に向かってずーっと堀が続く様子に期待が高まります。



おっと危ない!! 縄張図をもらうのを忘れるところだった!
保存会の方が設置したありがたい案内板についた三つ鱗のポストの中にあるはず。

どれどれ・・・・な、ないじゃん!!Σ(゜Д゜)!ガビーン

保存会の方たち~補充お願いしますよぉ・・・。

あてにしていた縄張図がなくなり、見どころコンプリートが難しくなった。
しかしあたしだって伊達に建物もない山城に登ったり、
土や石垣の写真撮って喜んでるわけじゃないのよ。

こうなったら自力で遺構を見つけてあるくわ。



土橋を渡ってまずは三の曲輪に向かいます。
左側には馬出しがあって、当時はここから橋をかけて本丸に渡ったとか。
土橋の両脇は深い空堀で戦国の城らしいやる気満載な雰囲気がぷんぷん。



土橋から外側にある空堀を見ると何とまぁきれいに残っている!
すごいな~と思って念入りに這いつくばりかけながら撮ってみたら、
いつもよりずいぶん土塁の凹凸が分かる写真になりましたw
堀とか堀切の写真は撮るの本当にムズいのよね。



ファ~ビュラス!! エクセレント!!
この空堀!! 土木量の規模に興奮しちゃう。
この後も土塁や空堀、堀切が続くのですが、
マニアな喜びを長々つづっても仕方ないので割愛しますw



公園沿いの遊歩道を歩いて、今は城山神社が建っている本丸跡へ。
鳥居をくぐり、その先に続く数十段の石段を登っていきます。



想像してたのはもっと小さな神社だったけどなかなか立派な・・。
記帳ノートが置かれていて、見ると遠方からも結構人が来ている様子。
左奥に見える赤い旗のあたりは今は稲荷社が建っている主郭の櫓台跡。
最初に通ってきた土橋のあたりを狙えちゃうポジションみたいなのよね。



城址碑と案内板の後ろは40~50㎝くらいなのかな・・土塁があった。
せっかくだからちょっと失礼してロープを超えて奥に行き、
さっき石段の途中で見た堀底まで結構な高さがあるのを確認。



本丸を出て来た石段を戻り、今度は搦め手口方面から二の丸に向かう
七曲りと呼ばれる坂を上っていきます。土塁と鬱蒼とした木々に囲まれ、
昼間なのに街灯がついているくらい薄暗い場所。実際はもう少し暗いの。
右側の鳥居が稲荷神社で左側の常夜灯が見えるところは石仏が並ぶ・・・




二の丸外郭の土塁斜面の途中におもむろに置かれた不動明王。
薄暗いところで何の脈絡もなく突然、ちょっと怖いんですけど・・・



赤い樹液の出る松の木が埋まっていたことから「血の出る松」と呼ばれた黒松が
植わっていた場所。その松はすでに枯れて伐採され、今は石碑が立っている。
城にまつわる伝説でありそうな話だけど、この七曲りは雰囲気あるからなぁ・・。

と、ここまでは縄張図なしで頑張って見どころを廻れたと思うけど、
井戸跡と滝の城の由来となった滝跡がどうしても見つけられない!!
目を皿のようにして見ていたから曲輪の中じゃないのかも・・・。

しかしいくら遺構の残った部分が小さいとは言え、外郭を含め、
やみくもに歩くとなるとそこそこの労力がいりますわよ?



曲輪の中にはどう考えても絶対になかったと自信満々に決めつけ、
井戸だからまるっきし外郭の方でもないだろうと曲輪の周辺をうろうろ・・
二の曲輪から七曲りを挟んだ城の南側になる端っこで見っけ!
執念深く探した割に特別な由来など知っているわけでもないΣ(゜Д゜)!

普段は蓋がしてあって敵が来た時に蓋を取ると霧が立ち込め、
城を隠しちゃうっていう・・川越城的な伝説があったのかもね。

井戸よりもっと見たかった城名の由来にもなった城内の滝跡は
縄張図なしではどうしても見つからず、歩き疲れたついにリタイア・・。

帰ってきてからネットで縄張図を確認したら、な、な、なんと、
三の曲輪から長い階段を降りたら本丸跡の神社方面ではなく
遊歩道を反対側に歩いていったところのはずれにあることを確認Σ(゜Д゜)!
縄張図ないからそっちは都市化された部分だと思ってノーマークだったわ。

滝の城、土塁や空堀が本当にきれいに残っていて素晴らしい。
こんな近くにあるのなら冬枯れの時期にも見に来てみようと思った。
花見スポットの評判は聞かないけど桜も結構あったから春もよさそう。
夏は蚊とか蜂とか湿地だから蛇とかもすごそうで遠慮するけど。

・・日の長い季節なら出勤前とか登城できちゃう感じ。ラッキーw

ジャンル:
ご近所
コメント   この記事についてブログを書く
« 岩殿城に登城! | トップ | 宇都宮城に登城! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

登城!!」カテゴリの最新記事